Contents

はじめに
・夫の自己紹介1(4月6日)
・夫の自己紹介3(4月10日)
・妻のきっかけ(4月7日)



・夫の自己紹介2(4月8日)
・夫の自己紹介4(4月12日)
・株式投資・解析A(6月25日)
ファンダメンタルズ
★専門用語解説(4月14日)
・機械的ファンダメンタルズ
分析のすすめ(4月17日)

・ヤスのファンダメンタルズ
分析(4月19日)

・銘柄分析1(4月22日)
・銘柄分析2(5月10日)
・銘柄分析3(5月23日)
・銘柄分析4前編(6月13日)
・銘柄分析4後編(6月14日)
・銘柄分析5(6月24日)
・業種別PER(7月1日)
・銘柄分析6(7月20日)
・銘柄分析7前編(8月24日)
・銘柄分析7後編(8月25日)

雑記&プチ情報
・株の本(4月10日)
・バーチャル取引のすすめ(4月23日)
★5万円で買える株(4月26日)
★10万以下で買える株1(5月7日)
・お知らせ(5月9日)
・アクセス解析(5月14日)
・シチズン時計(5月17日)
・ハルウララ(5月22日)
・伸びる会社(5月24日)
・買いたい病(5月25日)
・マースエンジニアリング(5月27日)
★約定初体験(6月2日)
・いい本ねーかな?(6月6日)
★リンク集その1(6月10日)
★10万円以下で買える株2(6月19日)
・株の本選びなら(6月23日)
・しょぼい先物勧誘資料(7月2日)
・リンク集その2(7月5日)
・20万円以下で買える株(7月16日)
・株価と気温(7月27日)
・最新決算情報をお手軽に♪(8月2日)
・郵政民営化否決を受けて(8月8日)
システム売買
・売り買いのタイミングその1(4月27日)
・売り買いのタイミングその2(4月30日)
★売り買いのタイミングその3(5月1日)
・FFモデル適用例(5月3日)
・追加検証スタート(5月5日)
・ゴールデンクロス買いの有効性(5月8日)
・新規シグナル(5月12日)
・ランダム買い(5月15日)
・今日のシグナル(5月18日)
・20日間の最安値(5月20日)
・タートルズ(5月21日)
★テクニカルってどないやねん?(5月28日)
・新トレーディングシステム(5月30日)
・今日のシグナル(5月30日)
・今日のシグナル(5月31日)
★デイトレードシステム再考(6月3日)
・システム構築の難しさ(6月8日)
★テクニカルをどこまで信じる?(6月17日)
・どうする?WNF証券(6月29日)
・FFモデル途中経過(7月18日)
・テクニカル指標〜RSI〜(7月25日)
・RSI続き(7月26日)
・RSIを使って自動売買(7月30日)
・短期トレーディングシステムの実践(8月6日)
・日経225先物用システム(8月10日)
・システムの評価(1)(8月11日)
・システムの評価(2)(8月12日)

時価総額のお話
・理系的視点(7月6日)
・時価総額の法則(7月9日)
・時価総額の法則〜注意点〜(7月11日)
・時価総額の法則〜銀行株編〜(7月13日)
・時価総額の法則〜証券業編〜(7月14日)
・時価総額の法則〜電力株編〜(7月21日)
・時価総額の法則〜最終回〜(8月3日)


★マーク=おすすめ記事となっております♪

画面がうまく表示されない場合は、ウインドウを最大化してご覧くださいm_ _m

2005年08月25日

銘柄分析7後編

前編の続きです。

スタジオアリス(2305)のように、PER、PCFRともパッとしないけどROEは高いという成長株の評価は正直言って難しいですね。
会社の清算価値を機械的に計算してしまう方法で評価する資産バリュー株の方が初心者向きだと思われます。

ただし、今期の成長が、会社が発表している予想を上回りそうかどうか判断するだけであれば、会社が発表している「月次売上高」を調べることである程度目安が付けられます。
       2305月次.JPG

これを見ると、前期に比べ売上がだいたい30%増加していることがわかります。

「おお、いい感じだ。こりゃあ株価もさぞかし右肩上がりなんだろうな・・」
そう思いながらチェックしてみると、

 2305c.JPG

・・ほとんど横ばいです( ̄_ ̄;)
あれっ? なぜ?

過去5年分の中間決算書を見てみましょう。

   23055年分.JPG

まず目が行くのは、ここ5年の上半期分は赤字であるという点です。
株価が伸び悩んでいるのはこれのせい?

しかし、これはこの会社の特質なので問題ナシです。どうやら、七五三の時期(11月)に売上が集中するみたいでして、その時期に大きくリカバーするというのが毎年の恒例となっているようです。

しかしそれにしても、今期の営業利益や純利益の赤字額は、ちょっと大きすぎじゃないんでしょうかね?
今期これまでの売上が30%も増加しているのに、営業赤字は3倍以上になっているという点です。

この赤字額が前年程度であれば、文句なしに「買い」でしょう。
3倍になってる赤字を下半期でプラスに転じさせ、なおかつ会社予想を上回ってくるのかどうかということになれば微妙と答えるしかありません。

推測するヒントとしては、例年、下半期の売上は全体の売上の70%であるということでしょうか。これから今期下半期の予想売上高は、
7,344×(70/30)=17,511百万円
となります。

この売上に対し、どれくらいの営業利益が発生するかを推定するには、前年度の営業利益率(23.2%)を使います。
今期下半期予想営業利益=
(下半期予想売上)×(前期営業利益率)=4,063百万円

となりました。

よって、
通期予想営業利益=
上半期営業利益+下半期予想営業利益=3,193百万円
 
となり、これは四季報に掲載されている数値=3,100百万と同程度ということがわかります。

つまり、事業は概ね予定通りで、上半期の赤字はさほど気にする必要なしと言えるでしょう。

後は、この見積りが株価に反映されているのかどうかということですね^^
もし、赤字が嫌われて株価が伸び悩んでいると見なすのであれば、買っても良いところでしょう。

*上記のような見積りは、「予想数値」に「予想数値」を掛けて出てきたものです。
つまりあまり精度のいいものとは言えないのですが、成長性を予測するという1つの方法として、「ヒントになった」と思われるなら幸いです^^


  応援よろしく^^
  → 人気ブログランキング or カブログランキング
posted by ヤス&NANA at 19:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 銘柄分析 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/6232103

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。