Contents

はじめに
・夫の自己紹介1(4月6日)
・夫の自己紹介3(4月10日)
・妻のきっかけ(4月7日)



・夫の自己紹介2(4月8日)
・夫の自己紹介4(4月12日)
・株式投資・解析A(6月25日)
ファンダメンタルズ
★専門用語解説(4月14日)
・機械的ファンダメンタルズ
分析のすすめ(4月17日)

・ヤスのファンダメンタルズ
分析(4月19日)

・銘柄分析1(4月22日)
・銘柄分析2(5月10日)
・銘柄分析3(5月23日)
・銘柄分析4前編(6月13日)
・銘柄分析4後編(6月14日)
・銘柄分析5(6月24日)
・業種別PER(7月1日)
・銘柄分析6(7月20日)
・銘柄分析7前編(8月24日)
・銘柄分析7後編(8月25日)

雑記&プチ情報
・株の本(4月10日)
・バーチャル取引のすすめ(4月23日)
★5万円で買える株(4月26日)
★10万以下で買える株1(5月7日)
・お知らせ(5月9日)
・アクセス解析(5月14日)
・シチズン時計(5月17日)
・ハルウララ(5月22日)
・伸びる会社(5月24日)
・買いたい病(5月25日)
・マースエンジニアリング(5月27日)
★約定初体験(6月2日)
・いい本ねーかな?(6月6日)
★リンク集その1(6月10日)
★10万円以下で買える株2(6月19日)
・株の本選びなら(6月23日)
・しょぼい先物勧誘資料(7月2日)
・リンク集その2(7月5日)
・20万円以下で買える株(7月16日)
・株価と気温(7月27日)
・最新決算情報をお手軽に♪(8月2日)
・郵政民営化否決を受けて(8月8日)
システム売買
・売り買いのタイミングその1(4月27日)
・売り買いのタイミングその2(4月30日)
★売り買いのタイミングその3(5月1日)
・FFモデル適用例(5月3日)
・追加検証スタート(5月5日)
・ゴールデンクロス買いの有効性(5月8日)
・新規シグナル(5月12日)
・ランダム買い(5月15日)
・今日のシグナル(5月18日)
・20日間の最安値(5月20日)
・タートルズ(5月21日)
★テクニカルってどないやねん?(5月28日)
・新トレーディングシステム(5月30日)
・今日のシグナル(5月30日)
・今日のシグナル(5月31日)
★デイトレードシステム再考(6月3日)
・システム構築の難しさ(6月8日)
★テクニカルをどこまで信じる?(6月17日)
・どうする?WNF証券(6月29日)
・FFモデル途中経過(7月18日)
・テクニカル指標〜RSI〜(7月25日)
・RSI続き(7月26日)
・RSIを使って自動売買(7月30日)
・短期トレーディングシステムの実践(8月6日)
・日経225先物用システム(8月10日)
・システムの評価(1)(8月11日)
・システムの評価(2)(8月12日)

時価総額のお話
・理系的視点(7月6日)
・時価総額の法則(7月9日)
・時価総額の法則〜注意点〜(7月11日)
・時価総額の法則〜銀行株編〜(7月13日)
・時価総額の法則〜証券業編〜(7月14日)
・時価総額の法則〜電力株編〜(7月21日)
・時価総額の法則〜最終回〜(8月3日)


★マーク=おすすめ記事となっております♪

画面がうまく表示されない場合は、ウインドウを最大化してご覧くださいm_ _m

2005年07月27日

株価と気温

台風が過ぎ去り暑くなってきましたね。

最近、株相場を1年の気温変化のような感じで捉える感覚が芽生えています。
まあ非常に簡略化されたモデルとしてなんですけど、気温=株価と見なしたとします。

みなさん、もし「気温」という銘柄の株があったらということを考えてみてください。

当然、気温は夏に上昇し、冬に下降しますね^^
そして当然、「気温」を真夏に買うなんてバカなことはしないと思います^^
冬に買って夏に売る、これに限ります。

しかし、株価の場合、「夏」は実際の夏ではもちろんなく、その会社の業績アップなどの良いニュースなわけで、問題はそれがいつ来るのか(実際の夏が来る時期は誰でも知ってますが)ということになってきます。
例えば秋でも残暑が厳しく、突発的に気温が上昇することはよくあります。そんなとき、「これは夏が来るぞ!」と思って「気温」と買う人なんて誰もいないですよね?

ところが、株の場合、今が「冬」なのか「夏」なのか全くわからない人が多くいるので、残暑の突発的な気温上昇とかに飛び付く人が出てくるということでしょう。

こういう失敗って、かなり株経験を積んだ人でもあるんじゃないでしょうか?
「夏」が来ると思って買ったけど、思わぬ「長梅雨」に辛抱しきれなくなって、売り払ったところで「梅雨」が明け、その後「気温」は急上昇するといったような・・。もちろん、「梅雨」だってことを知っていればこのようなことは避けることができます。


一方、もっと短いスパンで株価=気温という図式を捉えなおすと、
「夜」に買って「昼」に売るという必勝パターンも当然あるわけです。
「冬」に買って「夏」に売るというパターンを目指す中長期的スタイルに対し、これは今流行りのデイトレードやスイングトレードにあたります。

デイトレーダーにとっては、今が「夏」なのか「冬」なのかということはお構いなしです。
重要なのは、「夜」なのか「昼」なのかってこと。
彼らにとって、「冬」の「昼」に買う長期トレーダーはいいカモなのかもしれません。

逆に彼らは、「冬」の「昼」に売ってくれるわけですから、長期的視野を持つ人にとっては、安値を拾うチャンスとも言えます。

結局、どちらが良くてどちらが悪いってことは、絶対的には言えないものでしょう。
ともすれば、長期的な投資こそ善で、短期は悪、みたいな意見を聞いたりしますが、それは驕り(おごり)に近いと思いますね。

「気温」でもう一度考えてみた場合、「地球温暖化」が進行しつつある現代で、「気温」を売る行為は、その時期が「夏」であろうと短期的視野の部類に回収されてしまうということを考えてみてください。

まあそうは言っても、個人的には「夏」と「冬」の区別の方が、「昼」と「夜」の区別よりも付けやすいと思いますし、「地球温暖化」が進行するまで待てないという理由で、1年以内で勝負する投資スタイルが自分には合っているんじゃあないかという感じを持っています。


久しぶりのコラムでしたが、いかがでしたでしょうか? ご賛同いただけない部分もあるかと思いますが、未熟者の意見ですので、細かいツッコミはなしでお願いします^^;
話としては結構面白かったかなと思われる方は、下のリンク(ランキングサイト)をクリックして頂けると大変うれしいです^^

  → 人気ブログランキング or カブログランキング
posted by ヤス&NANA at 20:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/5404754

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。