Contents

はじめに
・夫の自己紹介1(4月6日)
・夫の自己紹介3(4月10日)
・妻のきっかけ(4月7日)



・夫の自己紹介2(4月8日)
・夫の自己紹介4(4月12日)
・株式投資・解析A(6月25日)
ファンダメンタルズ
★専門用語解説(4月14日)
・機械的ファンダメンタルズ
分析のすすめ(4月17日)

・ヤスのファンダメンタルズ
分析(4月19日)

・銘柄分析1(4月22日)
・銘柄分析2(5月10日)
・銘柄分析3(5月23日)
・銘柄分析4前編(6月13日)
・銘柄分析4後編(6月14日)
・銘柄分析5(6月24日)
・業種別PER(7月1日)
・銘柄分析6(7月20日)
・銘柄分析7前編(8月24日)
・銘柄分析7後編(8月25日)

雑記&プチ情報
・株の本(4月10日)
・バーチャル取引のすすめ(4月23日)
★5万円で買える株(4月26日)
★10万以下で買える株1(5月7日)
・お知らせ(5月9日)
・アクセス解析(5月14日)
・シチズン時計(5月17日)
・ハルウララ(5月22日)
・伸びる会社(5月24日)
・買いたい病(5月25日)
・マースエンジニアリング(5月27日)
★約定初体験(6月2日)
・いい本ねーかな?(6月6日)
★リンク集その1(6月10日)
★10万円以下で買える株2(6月19日)
・株の本選びなら(6月23日)
・しょぼい先物勧誘資料(7月2日)
・リンク集その2(7月5日)
・20万円以下で買える株(7月16日)
・株価と気温(7月27日)
・最新決算情報をお手軽に♪(8月2日)
・郵政民営化否決を受けて(8月8日)
システム売買
・売り買いのタイミングその1(4月27日)
・売り買いのタイミングその2(4月30日)
★売り買いのタイミングその3(5月1日)
・FFモデル適用例(5月3日)
・追加検証スタート(5月5日)
・ゴールデンクロス買いの有効性(5月8日)
・新規シグナル(5月12日)
・ランダム買い(5月15日)
・今日のシグナル(5月18日)
・20日間の最安値(5月20日)
・タートルズ(5月21日)
★テクニカルってどないやねん?(5月28日)
・新トレーディングシステム(5月30日)
・今日のシグナル(5月30日)
・今日のシグナル(5月31日)
★デイトレードシステム再考(6月3日)
・システム構築の難しさ(6月8日)
★テクニカルをどこまで信じる?(6月17日)
・どうする?WNF証券(6月29日)
・FFモデル途中経過(7月18日)
・テクニカル指標〜RSI〜(7月25日)
・RSI続き(7月26日)
・RSIを使って自動売買(7月30日)
・短期トレーディングシステムの実践(8月6日)
・日経225先物用システム(8月10日)
・システムの評価(1)(8月11日)
・システムの評価(2)(8月12日)

時価総額のお話
・理系的視点(7月6日)
・時価総額の法則(7月9日)
・時価総額の法則〜注意点〜(7月11日)
・時価総額の法則〜銀行株編〜(7月13日)
・時価総額の法則〜証券業編〜(7月14日)
・時価総額の法則〜電力株編〜(7月21日)
・時価総額の法則〜最終回〜(8月3日)


★マーク=おすすめ記事となっております♪

画面がうまく表示されない場合は、ウインドウを最大化してご覧くださいm_ _m

2005年07月16日

20万円以下で買える株

ちょっと遅くなりましたが、20万で買える(財務良好の)株をまとめておきます。

2676 高千穂交易 1040円
2795 日本プリメックス 1135円
3534 NBC 1921円
4299 ハイマックス 1180円
4351 山田債権回収管理総合事務所 1820円
4705 クリップコーポレーション 1624円
5996 新立川航空機 1890円
6291 日本エアーテック 1231円
6405 鈴茂器工 1050円
6485 前沢給装工業 1768円
6648 かわでん 192000円
6654 不二電機工業 1132円
6718 アイホン 1797円
6875 メガチップス 1300円
7448 ジーンズメイト 1292円
7466 SPK 1735円
7859 アルメディオ 1260円
7893 亜細亜証券印刷 1490円
9651 日本プロセス 1065円
9814 アシックス商事 1384円
9955 ヨンキュウ 1310円

ファンダメンタルだけ見て分散投資を行い、買った株の1つか2つが暴騰することを期待するというスタイルって結構有効なんじゃねーの?

いまさらながらそう思います・・。
今のところ「時価総額の法則」よりわかりやすいですしね^^;


参考までに「10万以下で買える株15銘柄」のここ1ヶ月のパフォーマンス例を挙げておくと、
アジアパシフィックシステム総研の+59.1%!はできすぎだとしても、東邦システムサイエンスの+14.3%、丸誠の+12.9%、日本ライフラインの+9.3%など、買っていればかなりおいしい思いができただろうにという状態。

ただ、時期が時期だけに(1)四季報相場や(2)雑誌ZAiに10万以下の株が取り上げられたという理由ってことも考えられますので、ブームが過ぎ去っても、高パフォーマンスを継続できるかということも調べていかないといけないでしょう。

  ということで応援のほどよろしくお願い致します^^
  → 人気ブログランキング or カブログランキング

posted by ヤス&NANA at 18:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。