Contents

はじめに
・夫の自己紹介1(4月6日)
・夫の自己紹介3(4月10日)
・妻のきっかけ(4月7日)



・夫の自己紹介2(4月8日)
・夫の自己紹介4(4月12日)
・株式投資・解析A(6月25日)
ファンダメンタルズ
★専門用語解説(4月14日)
・機械的ファンダメンタルズ
分析のすすめ(4月17日)

・ヤスのファンダメンタルズ
分析(4月19日)

・銘柄分析1(4月22日)
・銘柄分析2(5月10日)
・銘柄分析3(5月23日)
・銘柄分析4前編(6月13日)
・銘柄分析4後編(6月14日)
・銘柄分析5(6月24日)
・業種別PER(7月1日)
・銘柄分析6(7月20日)
・銘柄分析7前編(8月24日)
・銘柄分析7後編(8月25日)

雑記&プチ情報
・株の本(4月10日)
・バーチャル取引のすすめ(4月23日)
★5万円で買える株(4月26日)
★10万以下で買える株1(5月7日)
・お知らせ(5月9日)
・アクセス解析(5月14日)
・シチズン時計(5月17日)
・ハルウララ(5月22日)
・伸びる会社(5月24日)
・買いたい病(5月25日)
・マースエンジニアリング(5月27日)
★約定初体験(6月2日)
・いい本ねーかな?(6月6日)
★リンク集その1(6月10日)
★10万円以下で買える株2(6月19日)
・株の本選びなら(6月23日)
・しょぼい先物勧誘資料(7月2日)
・リンク集その2(7月5日)
・20万円以下で買える株(7月16日)
・株価と気温(7月27日)
・最新決算情報をお手軽に♪(8月2日)
・郵政民営化否決を受けて(8月8日)
システム売買
・売り買いのタイミングその1(4月27日)
・売り買いのタイミングその2(4月30日)
★売り買いのタイミングその3(5月1日)
・FFモデル適用例(5月3日)
・追加検証スタート(5月5日)
・ゴールデンクロス買いの有効性(5月8日)
・新規シグナル(5月12日)
・ランダム買い(5月15日)
・今日のシグナル(5月18日)
・20日間の最安値(5月20日)
・タートルズ(5月21日)
★テクニカルってどないやねん?(5月28日)
・新トレーディングシステム(5月30日)
・今日のシグナル(5月30日)
・今日のシグナル(5月31日)
★デイトレードシステム再考(6月3日)
・システム構築の難しさ(6月8日)
★テクニカルをどこまで信じる?(6月17日)
・どうする?WNF証券(6月29日)
・FFモデル途中経過(7月18日)
・テクニカル指標〜RSI〜(7月25日)
・RSI続き(7月26日)
・RSIを使って自動売買(7月30日)
・短期トレーディングシステムの実践(8月6日)
・日経225先物用システム(8月10日)
・システムの評価(1)(8月11日)
・システムの評価(2)(8月12日)

時価総額のお話
・理系的視点(7月6日)
・時価総額の法則(7月9日)
・時価総額の法則〜注意点〜(7月11日)
・時価総額の法則〜銀行株編〜(7月13日)
・時価総額の法則〜証券業編〜(7月14日)
・時価総額の法則〜電力株編〜(7月21日)
・時価総額の法則〜最終回〜(8月3日)


★マーク=おすすめ記事となっております♪

画面がうまく表示されない場合は、ウインドウを最大化してご覧くださいm_ _m

2005年07月14日

時価総額の法則〜証券・商品先物業編〜

飽きもせず時価総額の研究をしています。
今回は、証券・商品先物業界の過去3期分の時価総額の分布をご覧いただきます。

証券3期.JPG

グラフの横軸は時価総額の大きさの順位、縦軸はその額で、両軸とも対数軸となっています。
これまで見てきた不動産業や銀行業と大きく違う点は、

1.全体の分布がきれいな直線にならない場合がある。
   → 2期前と前期
2.きれいな直線になっても、その傾きの値が違う
   → 3期前の傾き=−2

というところでしょうか。

これまでの傾向と違う理由として考えられるのは、

1.不動産、銀行業界に比べ企業数が少ない。
   → 前期で37社
2.業界全体がまだ発展途上(?)

という点かな^^;

いやあ、そう考えると、納得できるという感じなんですよ。
またしても、私の傲慢なストーリーになってしまうのですが、あくまでも時価総額の法則は、
 時価総額の分布が傾き−1の直線になるということだ!
って思い込むのであれば、図の3期分の分布は傾き−1の直線になっていくプロセスじゃないのかという見方もできるのです。つまり、あと何年かしたら全体がきれいな直線になり、傾きも−1に近づくのではないかということ。事実、直線の傾きは年々−1に近づいております。

下の図は前期の分布を無理やり傾き−1の直線でフィッティングかけたものです。

    証券前期.JPG

こうやってみると、時価総額ベスト10ぐらいまでは非常にうまく傾き−1の直線にのっていることがわかります。
一方、それ以降のやつらは、かなり直線から下に位置していることがわかりますね。

もし仮に、ベスト10までの会社の時価総額が変化せずに、これら直線より下に位置しているやつらが、グウッと上に上がってきてくれれば、めでたく傾き−1の直線になるというわけ^^

まあそうだとしても、それが何年後になるのか・・・1年や2年では完全に是正されないような気がします。それに、合併とかの可能性もあるでしょう。
これは今日気付いたことですが、いくら時価総額が増えたといっても、株価が騰がるというわけではない可能性があります。合併などによって発行枚数が増えてしまうことを考えれば当然ですね^^;

よって直線より下に位置しているやつらは、合併とかしない限り(笑)、また業界全体が低迷しない限り、その株価が上がっていくはずであるというのが私の結論。

あと3年くらいかかるかもしれませんが、うまくいけば2倍くらいの株価上昇が見込まれます。

岡三ホールディングス以下、東海東京証券、コスモ証券、HS証券、丸三証券、いちよし証券、SBI証券、少なくともこれらの中で2つくらいがその候補。

でも合併の可能性はちょっと考えてなかったなあ・・^^;
・・・合併・・・あるかもね。


いつも応援ありがとうございます。カブログランキング頭打ちの様相を呈してきました(≧O≦)
皆様のお力で、再び上昇気流に乗せて頂けますことを願っております(>◇<)
→ 応援クリック(カブログランキング)

posted by ヤス&NANA at 20:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。