Contents

はじめに
・夫の自己紹介1(4月6日)
・夫の自己紹介3(4月10日)
・妻のきっかけ(4月7日)



・夫の自己紹介2(4月8日)
・夫の自己紹介4(4月12日)
・株式投資・解析A(6月25日)
ファンダメンタルズ
★専門用語解説(4月14日)
・機械的ファンダメンタルズ
分析のすすめ(4月17日)

・ヤスのファンダメンタルズ
分析(4月19日)

・銘柄分析1(4月22日)
・銘柄分析2(5月10日)
・銘柄分析3(5月23日)
・銘柄分析4前編(6月13日)
・銘柄分析4後編(6月14日)
・銘柄分析5(6月24日)
・業種別PER(7月1日)
・銘柄分析6(7月20日)
・銘柄分析7前編(8月24日)
・銘柄分析7後編(8月25日)

雑記&プチ情報
・株の本(4月10日)
・バーチャル取引のすすめ(4月23日)
★5万円で買える株(4月26日)
★10万以下で買える株1(5月7日)
・お知らせ(5月9日)
・アクセス解析(5月14日)
・シチズン時計(5月17日)
・ハルウララ(5月22日)
・伸びる会社(5月24日)
・買いたい病(5月25日)
・マースエンジニアリング(5月27日)
★約定初体験(6月2日)
・いい本ねーかな?(6月6日)
★リンク集その1(6月10日)
★10万円以下で買える株2(6月19日)
・株の本選びなら(6月23日)
・しょぼい先物勧誘資料(7月2日)
・リンク集その2(7月5日)
・20万円以下で買える株(7月16日)
・株価と気温(7月27日)
・最新決算情報をお手軽に♪(8月2日)
・郵政民営化否決を受けて(8月8日)
システム売買
・売り買いのタイミングその1(4月27日)
・売り買いのタイミングその2(4月30日)
★売り買いのタイミングその3(5月1日)
・FFモデル適用例(5月3日)
・追加検証スタート(5月5日)
・ゴールデンクロス買いの有効性(5月8日)
・新規シグナル(5月12日)
・ランダム買い(5月15日)
・今日のシグナル(5月18日)
・20日間の最安値(5月20日)
・タートルズ(5月21日)
★テクニカルってどないやねん?(5月28日)
・新トレーディングシステム(5月30日)
・今日のシグナル(5月30日)
・今日のシグナル(5月31日)
★デイトレードシステム再考(6月3日)
・システム構築の難しさ(6月8日)
★テクニカルをどこまで信じる?(6月17日)
・どうする?WNF証券(6月29日)
・FFモデル途中経過(7月18日)
・テクニカル指標〜RSI〜(7月25日)
・RSI続き(7月26日)
・RSIを使って自動売買(7月30日)
・短期トレーディングシステムの実践(8月6日)
・日経225先物用システム(8月10日)
・システムの評価(1)(8月11日)
・システムの評価(2)(8月12日)

時価総額のお話
・理系的視点(7月6日)
・時価総額の法則(7月9日)
・時価総額の法則〜注意点〜(7月11日)
・時価総額の法則〜銀行株編〜(7月13日)
・時価総額の法則〜証券業編〜(7月14日)
・時価総額の法則〜電力株編〜(7月21日)
・時価総額の法則〜最終回〜(8月3日)


★マーク=おすすめ記事となっております♪

画面がうまく表示されない場合は、ウインドウを最大化してご覧くださいm_ _m

2005年07月13日

時価総額の法則〜銀行株編〜

バリュー投資 → システムトレード → バリュー投資 → 時価総額の法則

これがマイブームの移り変わり^^;
システムトレードの調子が良くないという現実から逃避しているわけではないけど、とりあえずこれは!と思ったやつを手当たりしだい調べ上げていくのは私の癖らしい。

ということで、今日も「時価総額の法則」の話を少しだけ。

時価総額の法則?

って人は、まず当ブログのメインから「理系的視点」「時価総額の法則」「時価総額の法則〜注意点〜」たちをお読みください。

今回調べたのは、銀行株の過去3期の時価総額ベスト30です。
不動産業界のときと同様に、横軸に時価総額の大きさの順位、縦軸にその額をとり、両対数グラフにしてみました。

銀行3期.JPG

やはり、時価総額の法則は成り立つようです。
3期とも結構きれいな直線になり、またその傾きもほぼ−1に近くなりました。
前期分は少し直線からずれている印象もありますが、時価総額1位の三菱東京と4位のUFJが統合されれば、そのずれも修正されるのではないかと思います。

それにしても銀行業と不動産業、共にきれいな直線になるというのは意外ですね。
私の考えでは、きれいな直線になるということはその業種内の健全性を意味しているわけです。

バブル期のウミがまだまだ残っていると思われる銀行業と不動産業、その2つが両方とも健全?
それらの業界について全く詳細を知らないのですが、もしかしたらバブルがはじけた後の再編成によって、ゼロに近い状態から理想的な自由競争が行われた(行われている)というのがその理由なのかもしれません。

ただこの推測は、バブル期の銀行株や不動産株の時価総額の分布を調べないことには解決できません。
四季報ではそこまで調べることができないので残念ですが、もしバブル期のそれらがきれいな直線状の分布をとっていないのであれば、この推測は真実味を帯びてきます。


という所で時価総額の話はここまで。


前回紹介した20万以下で買える株について、修正点と追加を記しときます。

修正点

かわでん 1890円 → 189000円

追加点

日本エアーテックにつきましては、あのタワーが買っているようでして、現在それに追従する形の買いと利確売りでかなり相場が荒れている印象があります。もし購入をお考えでしたら、リスクも大きいことを頭に入れておいてください。

ジーンズメイトは6月初旬に下方修正を行っています。詳細は企業のHPをご覧ください。


  毎度おなじみの応援クリックお願いします^^
  → 人気ブログランキング or カブログランキング
posted by ヤス&NANA at 19:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/5056936

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。