Contents

はじめに
・夫の自己紹介1(4月6日)
・夫の自己紹介3(4月10日)
・妻のきっかけ(4月7日)



・夫の自己紹介2(4月8日)
・夫の自己紹介4(4月12日)
・株式投資・解析A(6月25日)
ファンダメンタルズ
★専門用語解説(4月14日)
・機械的ファンダメンタルズ
分析のすすめ(4月17日)

・ヤスのファンダメンタルズ
分析(4月19日)

・銘柄分析1(4月22日)
・銘柄分析2(5月10日)
・銘柄分析3(5月23日)
・銘柄分析4前編(6月13日)
・銘柄分析4後編(6月14日)
・銘柄分析5(6月24日)
・業種別PER(7月1日)
・銘柄分析6(7月20日)
・銘柄分析7前編(8月24日)
・銘柄分析7後編(8月25日)

雑記&プチ情報
・株の本(4月10日)
・バーチャル取引のすすめ(4月23日)
★5万円で買える株(4月26日)
★10万以下で買える株1(5月7日)
・お知らせ(5月9日)
・アクセス解析(5月14日)
・シチズン時計(5月17日)
・ハルウララ(5月22日)
・伸びる会社(5月24日)
・買いたい病(5月25日)
・マースエンジニアリング(5月27日)
★約定初体験(6月2日)
・いい本ねーかな?(6月6日)
★リンク集その1(6月10日)
★10万円以下で買える株2(6月19日)
・株の本選びなら(6月23日)
・しょぼい先物勧誘資料(7月2日)
・リンク集その2(7月5日)
・20万円以下で買える株(7月16日)
・株価と気温(7月27日)
・最新決算情報をお手軽に♪(8月2日)
・郵政民営化否決を受けて(8月8日)
システム売買
・売り買いのタイミングその1(4月27日)
・売り買いのタイミングその2(4月30日)
★売り買いのタイミングその3(5月1日)
・FFモデル適用例(5月3日)
・追加検証スタート(5月5日)
・ゴールデンクロス買いの有効性(5月8日)
・新規シグナル(5月12日)
・ランダム買い(5月15日)
・今日のシグナル(5月18日)
・20日間の最安値(5月20日)
・タートルズ(5月21日)
★テクニカルってどないやねん?(5月28日)
・新トレーディングシステム(5月30日)
・今日のシグナル(5月30日)
・今日のシグナル(5月31日)
★デイトレードシステム再考(6月3日)
・システム構築の難しさ(6月8日)
★テクニカルをどこまで信じる?(6月17日)
・どうする?WNF証券(6月29日)
・FFモデル途中経過(7月18日)
・テクニカル指標〜RSI〜(7月25日)
・RSI続き(7月26日)
・RSIを使って自動売買(7月30日)
・短期トレーディングシステムの実践(8月6日)
・日経225先物用システム(8月10日)
・システムの評価(1)(8月11日)
・システムの評価(2)(8月12日)

時価総額のお話
・理系的視点(7月6日)
・時価総額の法則(7月9日)
・時価総額の法則〜注意点〜(7月11日)
・時価総額の法則〜銀行株編〜(7月13日)
・時価総額の法則〜証券業編〜(7月14日)
・時価総額の法則〜電力株編〜(7月21日)
・時価総額の法則〜最終回〜(8月3日)


★マーク=おすすめ記事となっております♪

画面がうまく表示されない場合は、ウインドウを最大化してご覧くださいm_ _m

2005年07月11日

時価総額の法則〜注意点〜

先日提案した「時価総額の法則」を使って、騰がる株を予測してしまおうという野望(笑)は、かなり傲慢な考え方だなあと冷静になってみて思う次第。

一応、特徴と戦略、それに注意点をまとめておきます。

特徴
1.業種内の時価総額の順位とその額を両対数グラフにとった場合、
  傾きがマイナスの直線になる。
2.たぶんその業種間のつながりが強く健全なほど、きれいな分布
  をとる(とるべき)と思われる。
3.不動産業界の前期の時価総額分布は、傾き−1のきれいな直線であった。
4.きれいな直線でないということは、市場のゆがみを意味している、と思う^^;

戦略
1.明らかに直線より下に位置している銘柄を買う。
2.ファンダメンタルやテクニカルは関係ナシ!(これってちょっとやばくない?)
3.1年もしくは2年という長期的な投資

注意点
1.その業界全体が低迷してしまうと、いくら直線より下に位置していても、
  株価が騰がるとは限らない。
2.いつまで経っても市場のゆがみが解消されない可能性もある。
3.明らかに直線より下に位置しているとわかる銘柄は、せいぜいその業種の
  トップ20くらいまで。よって、投資する銘柄は必然的に高時価総額となる。
4.直線より下に位置していても、業績悪化などの理由から時価総額下位の
  銘柄に抜かれる危険あり。

イメージで言うとこんな感じ。

イメージ図.JPG

この例だと、全体の分布はちゃんと直線に近づいているにもかかわらず、黒丸の時価総額は増えないということになってしまう。


なんか、注意点並べていったら、そんなにたいした戦略でもなさそうな気がしてきました^^;

一応、他の業種(不動産以外)でもこの法則性が成り立つ可能性があるかどうか、検証してみます。
期待せずにお待ちくださいf(^_^)

*今日の内容に関係する記事は、「理系の視点」「時価総額の法則」をお読みくださいm_ _m

  応援よろしく^^
  → 人気ブログランキング or カブログランキング

posted by ヤス&NANA at 18:54| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お久しぶりです。ようやくPC復活しました。
リンクのサイト名変更しました(^^)
Posted by アホルダ at 2005年07月12日 20:52
アホルダさん

おかえりなさい^^

あとリンクのサイト名変更ありがとうございました。
Posted by ヤス at 2005年07月12日 22:17
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/5001815

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。