Contents

はじめに
・夫の自己紹介1(4月6日)
・夫の自己紹介3(4月10日)
・妻のきっかけ(4月7日)



・夫の自己紹介2(4月8日)
・夫の自己紹介4(4月12日)
・株式投資・解析A(6月25日)
ファンダメンタルズ
★専門用語解説(4月14日)
・機械的ファンダメンタルズ
分析のすすめ(4月17日)

・ヤスのファンダメンタルズ
分析(4月19日)

・銘柄分析1(4月22日)
・銘柄分析2(5月10日)
・銘柄分析3(5月23日)
・銘柄分析4前編(6月13日)
・銘柄分析4後編(6月14日)
・銘柄分析5(6月24日)
・業種別PER(7月1日)
・銘柄分析6(7月20日)
・銘柄分析7前編(8月24日)
・銘柄分析7後編(8月25日)

雑記&プチ情報
・株の本(4月10日)
・バーチャル取引のすすめ(4月23日)
★5万円で買える株(4月26日)
★10万以下で買える株1(5月7日)
・お知らせ(5月9日)
・アクセス解析(5月14日)
・シチズン時計(5月17日)
・ハルウララ(5月22日)
・伸びる会社(5月24日)
・買いたい病(5月25日)
・マースエンジニアリング(5月27日)
★約定初体験(6月2日)
・いい本ねーかな?(6月6日)
★リンク集その1(6月10日)
★10万円以下で買える株2(6月19日)
・株の本選びなら(6月23日)
・しょぼい先物勧誘資料(7月2日)
・リンク集その2(7月5日)
・20万円以下で買える株(7月16日)
・株価と気温(7月27日)
・最新決算情報をお手軽に♪(8月2日)
・郵政民営化否決を受けて(8月8日)
システム売買
・売り買いのタイミングその1(4月27日)
・売り買いのタイミングその2(4月30日)
★売り買いのタイミングその3(5月1日)
・FFモデル適用例(5月3日)
・追加検証スタート(5月5日)
・ゴールデンクロス買いの有効性(5月8日)
・新規シグナル(5月12日)
・ランダム買い(5月15日)
・今日のシグナル(5月18日)
・20日間の最安値(5月20日)
・タートルズ(5月21日)
★テクニカルってどないやねん?(5月28日)
・新トレーディングシステム(5月30日)
・今日のシグナル(5月30日)
・今日のシグナル(5月31日)
★デイトレードシステム再考(6月3日)
・システム構築の難しさ(6月8日)
★テクニカルをどこまで信じる?(6月17日)
・どうする?WNF証券(6月29日)
・FFモデル途中経過(7月18日)
・テクニカル指標〜RSI〜(7月25日)
・RSI続き(7月26日)
・RSIを使って自動売買(7月30日)
・短期トレーディングシステムの実践(8月6日)
・日経225先物用システム(8月10日)
・システムの評価(1)(8月11日)
・システムの評価(2)(8月12日)

時価総額のお話
・理系的視点(7月6日)
・時価総額の法則(7月9日)
・時価総額の法則〜注意点〜(7月11日)
・時価総額の法則〜銀行株編〜(7月13日)
・時価総額の法則〜証券業編〜(7月14日)
・時価総額の法則〜電力株編〜(7月21日)
・時価総額の法則〜最終回〜(8月3日)


★マーク=おすすめ記事となっております♪

画面がうまく表示されない場合は、ウインドウを最大化してご覧くださいm_ _m

2005年07月09日

時価総額の法則

「ある業種内の時価総額とその順位には、非常にきれいな法則が存在する。」

時価総額1位と2位の差は、2位と3位の差より大きく、2位と3位の差は3位と4位の差より大きい。差はどんどん小さくなっていき、下位では「どんぐりの背比べ」のような状態になる。これが、3日前の日記、「理系の視点」に書いたべき分布の特徴でしたね。

前回わかったことを使って、何とか株価予想につなげることはできないかということを考えてみました。

調べたのは、不動産業界の過去3年の時価総額の変化
四季報CD−ROMを使って、1年ごとの時価総額ベスト30を取り出し、それを前回と同様に両対数グラフにプロットしてみました。

不動産3期.JPG

これを見ると、前期の分布は非常にきれいな直線であることがわかりますが、2期前や3期前の分布はさほどきれいではないことがわかります。

時価総額の分布がだんだん直線に近づいている!?

そのように見えないでしょうか?
ちなみにこの例では、直線の傾きが、−1に近付いていっております。

理系の物の考え方は、経済学者からするとかなり過激で傲慢に感じられるかもしれませんが、もしかしたら、次のような仮説は検証するに十分価値のあるものかもしれません。

仮説:このべき分布(直線)は、時価総額の分布の本来あるべき姿である。もちろん、分布が直線からはずれたりする場合も往々にしてあるが、自由競争市場という資本主義経済の根本原理が理想的に守られているのであれば(現実的にはどうかわからないけど)、その直線からはずれたやつは、時間が経つとともに“是正”される。

例えば、3期前の時価総額4位はレオパレス21でした。図を見ていただければわかるように、3期前の時点ではかなり直線より下に位置しています。仮説からいくと、この時点での時価総額は本来あるべき姿より小さいということですから、来期以降(2期前、前期)ではその額が大きくなることが予想されます
実際、レオパレス21の株価は、2年前に比べおよそ3倍になっています!

別の例を見てみましょう。
3期前の時価総額2位は三井不動産でした。図を見ていただければわかるように、3期前に時点でかなり直線より上に位置していることがわかります。仮説からいくと、この時点での時価総額は本来あるべき姿よりも大きいということですから、来期(2期前)ではその額が小さくなることが予想されます

しかし! 注意しなければいけないのは、不動産業界の時価総額がすべて上がっていく、つまり直線が縦軸に平行移動するってことも考慮に入れると、必ずしも時価総額が小さくなるとは限らないということです。

なんか、うまく説明できなくてすみません^^;

図を見ると、全体の分布が年々上に上がっていることに気付かれるかと思います。
こうした場合、その全体の引き上げと、個別の時価総額の是正(今の例だと小さく是正させる)の和によって最終的な時価総額が決まるということです。事実、三井不動産の時価総額自体は少し上がっていますが、相対的な上昇率は低いことがわかりました。つまり、直線に回収されているってことです。

このように、マクロな視点(=べき分布)からミクロ(個別銘柄の株価)の動きを予測するということは、結構おもしろい試みなんかじゃないのかと思っています。

こうした株価予想のやり方は、従来のテクニカルやファンダメンタルとは全く別の考え方で、幾分理系の傲慢なストーリーである感も強いのですが、新しい“提案”として悪くないものではないでしょうか。

ご意見お待ちしております。


  皆様のご声援、恐悦至極に存じております^^
  ポチっと押すだけです →人気ブログランキング
  ポチっと押して、「投票」を再度ポチ →カブログランキング
posted by ヤス&NANA at 18:09| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

不動産に関するサイトの相互リンクを募集しています!
Excerpt: このたび、家式のホームページで不動産サイトのリンク集を開設することになりました。 当サイトの不動産リンク集への無料登録&相互リンクを募集中です! E-mailとURLのみで簡単に登録できます。ご自由に..
Weblog: 家式 - 【ネットで探せる住宅情報】
Tracked: 2005-07-13 21:54
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。