Contents

はじめに
・夫の自己紹介1(4月6日)
・夫の自己紹介3(4月10日)
・妻のきっかけ(4月7日)



・夫の自己紹介2(4月8日)
・夫の自己紹介4(4月12日)
・株式投資・解析A(6月25日)
ファンダメンタルズ
★専門用語解説(4月14日)
・機械的ファンダメンタルズ
分析のすすめ(4月17日)

・ヤスのファンダメンタルズ
分析(4月19日)

・銘柄分析1(4月22日)
・銘柄分析2(5月10日)
・銘柄分析3(5月23日)
・銘柄分析4前編(6月13日)
・銘柄分析4後編(6月14日)
・銘柄分析5(6月24日)
・業種別PER(7月1日)
・銘柄分析6(7月20日)
・銘柄分析7前編(8月24日)
・銘柄分析7後編(8月25日)

雑記&プチ情報
・株の本(4月10日)
・バーチャル取引のすすめ(4月23日)
★5万円で買える株(4月26日)
★10万以下で買える株1(5月7日)
・お知らせ(5月9日)
・アクセス解析(5月14日)
・シチズン時計(5月17日)
・ハルウララ(5月22日)
・伸びる会社(5月24日)
・買いたい病(5月25日)
・マースエンジニアリング(5月27日)
★約定初体験(6月2日)
・いい本ねーかな?(6月6日)
★リンク集その1(6月10日)
★10万円以下で買える株2(6月19日)
・株の本選びなら(6月23日)
・しょぼい先物勧誘資料(7月2日)
・リンク集その2(7月5日)
・20万円以下で買える株(7月16日)
・株価と気温(7月27日)
・最新決算情報をお手軽に♪(8月2日)
・郵政民営化否決を受けて(8月8日)
システム売買
・売り買いのタイミングその1(4月27日)
・売り買いのタイミングその2(4月30日)
★売り買いのタイミングその3(5月1日)
・FFモデル適用例(5月3日)
・追加検証スタート(5月5日)
・ゴールデンクロス買いの有効性(5月8日)
・新規シグナル(5月12日)
・ランダム買い(5月15日)
・今日のシグナル(5月18日)
・20日間の最安値(5月20日)
・タートルズ(5月21日)
★テクニカルってどないやねん?(5月28日)
・新トレーディングシステム(5月30日)
・今日のシグナル(5月30日)
・今日のシグナル(5月31日)
★デイトレードシステム再考(6月3日)
・システム構築の難しさ(6月8日)
★テクニカルをどこまで信じる?(6月17日)
・どうする?WNF証券(6月29日)
・FFモデル途中経過(7月18日)
・テクニカル指標〜RSI〜(7月25日)
・RSI続き(7月26日)
・RSIを使って自動売買(7月30日)
・短期トレーディングシステムの実践(8月6日)
・日経225先物用システム(8月10日)
・システムの評価(1)(8月11日)
・システムの評価(2)(8月12日)

時価総額のお話
・理系的視点(7月6日)
・時価総額の法則(7月9日)
・時価総額の法則〜注意点〜(7月11日)
・時価総額の法則〜銀行株編〜(7月13日)
・時価総額の法則〜証券業編〜(7月14日)
・時価総額の法則〜電力株編〜(7月21日)
・時価総額の法則〜最終回〜(8月3日)


★マーク=おすすめ記事となっております♪

画面がうまく表示されない場合は、ウインドウを最大化してご覧くださいm_ _m

2005年07月06日

理系的視点

ブログを始めてから3ヶ月ほど経ちました。去年の今頃はブログの存在さえ知らなかった私ですが、今や完全に生活の一部に組み込まれています。
最近のSeesaaは、サーバを増強した効果でしょうか、私のブログ生活を非常に快適にサポートしてくれているわけですが、なんか「アメブロ」では大変なことになっているみたいですね。なんでもリニューアルを行ったら、逆に重くなって全然ページが開かないそうで・・。さらにURLが2つ発生してしまうなどの問題で、苦情が殺到している模様。
うちの嫁(NANA)も、アメブロでコツコツアフィリエイト収入を得ているので、ブーブーゆうてます^^;

こういう状況を見ると、Seesaaの今回のメンテナンスがうまくいってほんと良かったなあと思うわけです。SEのみなさん、お疲れ様でした^^

前置きが長くなりました。
今日は、四季報を使ってマクロ経済的な話を少しさせていただきます。
とは言っても、理系的な発想で市場経済を語るという感じに近いかな^^;

業種別の時価総額と純利益額のベスト30を取り出してみると、順位とその額にはある関係性が見えてきます。

例えば、下の図は不動産業界の時価総額と当期利益のベスト30をプロットしたものです。横軸、縦軸ともに対数軸になっていることにご注意ください。

不動産.JPG

どうですか、すげーきれいな直線になることがわかりますね。
こういう分布のことを「べき分布」と言います。
「そんなの知らんわい!」という方もおられるかと思いますが、実は身の回りには、こうしたべき分布になる現象は結構多く、例えば都市人口の順位とその人口数の関係などが有名です。確かめたことないですが、たぶんブログのランキングとアクセス数もその関係に近くなっているはずです。

この分布のイメージとしては、上位の差は大きく、下位の差はちょうど「どんぐりの背比べ」のように微小であるという感じを持てばいいでしょう。
さて、じゃあ時価総額や当期利益がそうしたべき分布になるのは、一体どういうことなのか?

市場がオープンで、業種内での競争が自由である という資本主義経済では当たり前のようなことが、べき分布の原因であろうと考えています。逆に言うと、もしべき分布にならないのであれば、それは何かしらの市場のゆがみを示しているということでしょうか。

参考として、情報・通信業界の分布をご覧ください。

情報通信.JPG

全体としては、まずまずきれいな直線なのですが、1つだけその直線から大きく外れたやつがあることに気付かれるかと思います。グラフの左から2番目の点、順位で言うと2位のやつです。

実はこれ、NTTなんですよね。
ちなみに1位はNTTドコモ。 NTTドコモはNTTの子会社ですが、時価総額、当期利益ともに親を上回っていることは、株をやっていない人でもよくご存知かと思います。
フジテレビとニッポン放送の関係もそうでしたね。

つまり、時価総額などの分布を見るだけで、このようなイビツな関係があるかないかということが見えてくるということです。


以上、個人的な知的好奇心でやってみた解析ですが、これほどきれいな結果が出るとは思いませんでした。 でもちょっと堅すぎる話でしたかね- -;

   ご意見お待ちしております。
   “無言の応援”でしたら、こちらへ♪
   → 人気ブログランキング or カブログランキング

posted by ヤス&NANA at 20:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。