Contents

はじめに
・夫の自己紹介1(4月6日)
・夫の自己紹介3(4月10日)
・妻のきっかけ(4月7日)



・夫の自己紹介2(4月8日)
・夫の自己紹介4(4月12日)
・株式投資・解析A(6月25日)
ファンダメンタルズ
★専門用語解説(4月14日)
・機械的ファンダメンタルズ
分析のすすめ(4月17日)

・ヤスのファンダメンタルズ
分析(4月19日)

・銘柄分析1(4月22日)
・銘柄分析2(5月10日)
・銘柄分析3(5月23日)
・銘柄分析4前編(6月13日)
・銘柄分析4後編(6月14日)
・銘柄分析5(6月24日)
・業種別PER(7月1日)
・銘柄分析6(7月20日)
・銘柄分析7前編(8月24日)
・銘柄分析7後編(8月25日)

雑記&プチ情報
・株の本(4月10日)
・バーチャル取引のすすめ(4月23日)
★5万円で買える株(4月26日)
★10万以下で買える株1(5月7日)
・お知らせ(5月9日)
・アクセス解析(5月14日)
・シチズン時計(5月17日)
・ハルウララ(5月22日)
・伸びる会社(5月24日)
・買いたい病(5月25日)
・マースエンジニアリング(5月27日)
★約定初体験(6月2日)
・いい本ねーかな?(6月6日)
★リンク集その1(6月10日)
★10万円以下で買える株2(6月19日)
・株の本選びなら(6月23日)
・しょぼい先物勧誘資料(7月2日)
・リンク集その2(7月5日)
・20万円以下で買える株(7月16日)
・株価と気温(7月27日)
・最新決算情報をお手軽に♪(8月2日)
・郵政民営化否決を受けて(8月8日)
システム売買
・売り買いのタイミングその1(4月27日)
・売り買いのタイミングその2(4月30日)
★売り買いのタイミングその3(5月1日)
・FFモデル適用例(5月3日)
・追加検証スタート(5月5日)
・ゴールデンクロス買いの有効性(5月8日)
・新規シグナル(5月12日)
・ランダム買い(5月15日)
・今日のシグナル(5月18日)
・20日間の最安値(5月20日)
・タートルズ(5月21日)
★テクニカルってどないやねん?(5月28日)
・新トレーディングシステム(5月30日)
・今日のシグナル(5月30日)
・今日のシグナル(5月31日)
★デイトレードシステム再考(6月3日)
・システム構築の難しさ(6月8日)
★テクニカルをどこまで信じる?(6月17日)
・どうする?WNF証券(6月29日)
・FFモデル途中経過(7月18日)
・テクニカル指標〜RSI〜(7月25日)
・RSI続き(7月26日)
・RSIを使って自動売買(7月30日)
・短期トレーディングシステムの実践(8月6日)
・日経225先物用システム(8月10日)
・システムの評価(1)(8月11日)
・システムの評価(2)(8月12日)

時価総額のお話
・理系的視点(7月6日)
・時価総額の法則(7月9日)
・時価総額の法則〜注意点〜(7月11日)
・時価総額の法則〜銀行株編〜(7月13日)
・時価総額の法則〜証券業編〜(7月14日)
・時価総額の法則〜電力株編〜(7月21日)
・時価総額の法則〜最終回〜(8月3日)


★マーク=おすすめ記事となっております♪

画面がうまく表示されない場合は、ウインドウを最大化してご覧くださいm_ _m

2005年07月01日

業種別PER

アクセス数など人気のあるブログは必ずと言っていいほど、毎日更新されている所が多いようですね。

よくまあ、みなさん書くネタに困らないものだと感心するのですが、株関係のブログであれば、今日の売買結果とかを報告するだけで、立派な記事になるわけですから、そんなにネタにも困らないんですかね? 

私の場合、デイトレードもしませんし、保有株の値動きもクソ地味なので、そんなことを書いても誰も読んでくれないでしょう^^;

一応日記なのだから、何を書こうが個人の勝手なのかもしれません。しかしせっかくブログを開いたのだから、記事を読んでくださる人に少しでも有益な情報を提供できればと思って日々がんばっている次第です^^

お役に立てるかどうかわかりませんが、今日は業種別のPERについて。

四季報CD−ROMを使って業種別の今期予想PERの一覧を出したのはいいのですが、不便なことにこの結果を他のアプリケーションに持っていけないみたいなんですよね。
正確を期すなら、頻度分布をとってガウスフィッティングをかけるのに・・・(・ε・。)

業種別のPERを求めるとき、単純に平均をとってしまうのはちょっと危険かもしれません。
なぜなら、たまにかなり大きいPERのやつが混じっており、平均PERは、ぱっと見の平均とかなりかけ離れてしまうからです。

例えばそれぞれのPERが
  16 18 20 22 100 
だった場合、単純に平均をとると、平均PERは
(16+18+20+22+100)÷ 5 = 35.2 となってしまいます。

今回は単純平均の代わりに中央値をとることで、この問題を解消してみました。
完全に解消できているかどうかわかりませんが、たぶん最も簡単な解消方法かと思います。
ちなみに中央値とは、大きさの順位がちょうど真ん中になるときの値です。今の例だと、順位が3位のPERの値ですから、20となります。

下の表がその結果。(ちょっと小さくてすみません)

業種PER.JPG

注意点は以下の2つ。
1.分類される銘柄数が50以下の業種は省略してます。
2.連結PERのみの中央値で、単独決算を行っている会社は含めておりません。

一般に、PERはその会社が属している業種間の平均PERと比べて割安かどうかを判断しろと言われます。 表を見ると、全体のPERより比較的大きいと思われる業種は、「情報・通信業」「サービス業」でしょうか。逆に比較的小さいやつは「鉄鋼」「金属」、それに「輸送用機器」といったあたりでしょう。
これらの業種の株を買うときは、ご注意ください。

個人的には、PERだけで割安かどうかを判断してしまうのはお薦めできません。
しかし、PERを重視するって人であれば、今回挙げた数値の9割より小さいかどうかで判断するのがよろしいかと思います。今言ったように、ちょっと雑な解析結果ですので、0.9倍しとけばだいたい大丈夫でしょう。
また、省略した業種の予想PERを知りたいという方は、遠慮なく申し付けてください。


  毎度おなじみですが、応援クリックよろしく♪
  ポチっと押すだけです →人気ブログランキング
  ポチっと押して、「投票」を再度ポチ →カブログランキング


P.S. 昨晩はサーバが重かったようで、ご迷惑をかけたかもしれません。
Seesaaになり代わってお詫び申し上げます。今晩am2:00からサーバの増強を行うみたいなので、am2:00〜am11:00までサービスが停止されます、ご注意ください。
これからはマシになってくれることを期待してます。
posted by ヤス&NANA at 18:59| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
デイトレならネタ切れにはなりませんからね〜
Posted by take at 2005年07月02日 18:29
ブログ開設おめでとうございます!

アクセス数を上げるために当コミュニティサイトに登録しませんか?
http://profile.zmapple.com/cgi-bin/profile.cgi
より多くのひとに貴方のブログを見てもらえます。

参加するにはこちらからが便利です
http://profile.zmapple.com/cgi-bin/profile.cgi?mode=edit&title=%3F%3F%AE%3F%3F%3F%3F%3FE%3F%3F%3F%3F%3F%60&address=http%3A%2F%2Fkabutoshi%2Eseesaa%2Enet%2F


お問い合わせはコチラから
http://profile.zmapple.com/cgi-bin/fmail/cmfmail.cgi
Posted by みんなのプロフィール at 2005年07月07日 00:55
premorning diphosphate quadrupleness slavelet norbertine pleuritis phrenopathia crossbolted
<a href= http://www.victorboivie.se/ >Boivie, Victor</a>
http://www.vafp.org

株式投資・解析
Posted by Clark Mcknight at 2007年12月17日 15:39
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。