Contents

はじめに
・夫の自己紹介1(4月6日)
・夫の自己紹介3(4月10日)
・妻のきっかけ(4月7日)



・夫の自己紹介2(4月8日)
・夫の自己紹介4(4月12日)
・株式投資・解析A(6月25日)
ファンダメンタルズ
★専門用語解説(4月14日)
・機械的ファンダメンタルズ
分析のすすめ(4月17日)

・ヤスのファンダメンタルズ
分析(4月19日)

・銘柄分析1(4月22日)
・銘柄分析2(5月10日)
・銘柄分析3(5月23日)
・銘柄分析4前編(6月13日)
・銘柄分析4後編(6月14日)
・銘柄分析5(6月24日)
・業種別PER(7月1日)
・銘柄分析6(7月20日)
・銘柄分析7前編(8月24日)
・銘柄分析7後編(8月25日)

雑記&プチ情報
・株の本(4月10日)
・バーチャル取引のすすめ(4月23日)
★5万円で買える株(4月26日)
★10万以下で買える株1(5月7日)
・お知らせ(5月9日)
・アクセス解析(5月14日)
・シチズン時計(5月17日)
・ハルウララ(5月22日)
・伸びる会社(5月24日)
・買いたい病(5月25日)
・マースエンジニアリング(5月27日)
★約定初体験(6月2日)
・いい本ねーかな?(6月6日)
★リンク集その1(6月10日)
★10万円以下で買える株2(6月19日)
・株の本選びなら(6月23日)
・しょぼい先物勧誘資料(7月2日)
・リンク集その2(7月5日)
・20万円以下で買える株(7月16日)
・株価と気温(7月27日)
・最新決算情報をお手軽に♪(8月2日)
・郵政民営化否決を受けて(8月8日)
システム売買
・売り買いのタイミングその1(4月27日)
・売り買いのタイミングその2(4月30日)
★売り買いのタイミングその3(5月1日)
・FFモデル適用例(5月3日)
・追加検証スタート(5月5日)
・ゴールデンクロス買いの有効性(5月8日)
・新規シグナル(5月12日)
・ランダム買い(5月15日)
・今日のシグナル(5月18日)
・20日間の最安値(5月20日)
・タートルズ(5月21日)
★テクニカルってどないやねん?(5月28日)
・新トレーディングシステム(5月30日)
・今日のシグナル(5月30日)
・今日のシグナル(5月31日)
★デイトレードシステム再考(6月3日)
・システム構築の難しさ(6月8日)
★テクニカルをどこまで信じる?(6月17日)
・どうする?WNF証券(6月29日)
・FFモデル途中経過(7月18日)
・テクニカル指標〜RSI〜(7月25日)
・RSI続き(7月26日)
・RSIを使って自動売買(7月30日)
・短期トレーディングシステムの実践(8月6日)
・日経225先物用システム(8月10日)
・システムの評価(1)(8月11日)
・システムの評価(2)(8月12日)

時価総額のお話
・理系的視点(7月6日)
・時価総額の法則(7月9日)
・時価総額の法則〜注意点〜(7月11日)
・時価総額の法則〜銀行株編〜(7月13日)
・時価総額の法則〜証券業編〜(7月14日)
・時価総額の法則〜電力株編〜(7月21日)
・時価総額の法則〜最終回〜(8月3日)


★マーク=おすすめ記事となっております♪

画面がうまく表示されない場合は、ウインドウを最大化してご覧くださいm_ _m

2005年06月14日

銘柄分析4(後編)

前回の続きです。
日本金銭機械(6418)の株価下落の理由の話でしたね。

私が考える主な原因は、業績の下方修正にあると思います。
2004年11月中旬に発表された決算中間報告書を読むと、今期(2005年3月期)の業績予想を以下のように見積もっていました。

売上高 38,000 経常利益 9,500 純利益 5,400
       (単位は百万円)

これに対し、実際の業績は、前回もお見せしたとおり、

売上高 37,947 経常利益 8,882 純利益 4,983

でした。
純利益の予想と実際の差は約4億円、割合にして約8.0%の下方修正となっているのです。

ご存知のように株価というものは、未来の業績を見込んで変動するものです。
日本金銭機械の株も、5月13日までは、それまで発表されてた業績予想を信用してみなさんが投資していたということなんでしょう。
つまり今回の下落は、そのアテがはずれたための失望売りと考えられます。

しかし、あくまで下方修正率は8.0%です。
この数字と比べ、現在の株価下落はちょっと大き過ぎなんじゃないのでしょうか?

5月13日の終値は2780円で、現在(6月13日)の終値は2310円。
株価下落率は、およそ17%になります。

単純に考えると、17−8=9%も過剰に下落していると言えますよね?
別の言い方をすると、近い将来9%程度の株価上昇が見込まれるということになります。

しかしこの考え方には、いくつか問題点があります。

仮に今期の業績が予想と全く違わない結果であれば、はたして株価は今も2780円くらいにおさまっていたのか?

株価というものは過剰反応をすることでよく知られています。現在の下落が過剰反応だとするのであれば、過去(5月13日)の2780円という株価も過剰に上昇した結果であるという可能性も出てきます。

そうなると、今回の下落は決して単純な過剰下落というわけではなく、過剰上昇後の下落という見方もできるわけです。

またこの話とは別に、「来期以降の見通し」や「大阪国税局による追徴課税請求」などの問題も今回の下落と無関係ではなさそうです。

追徴課税の問題については、内容を完全には把握していないのですが、HP発表によると、
「1999年から2004年まで海外の税制に則って納めていた税金を、日本の税制に則って納めろ。」
と言われたらしいのですが、会社側は反論しているみたいです。

追徴課税額はおよそ17億円ですが、すでに海外税制に従い納めていた税金が返ってくるので、実質2億円とのこと。
この話、確定したものかどうかということも私にはわからなかったのですが、最悪、追徴を受けることになったとしたら、2億円払わなければならないということですよね?

今期の純利益から2億ほど引いてみると、純利益は47億円程度になり、予想利益に比べ11%の減収となります。

さらに重視すべきは、「昨年の新紙幣発行に伴う需要増加」が一段落するという来期の見通しの悪さでしょうか。
事実、主力である紙幣処理機の受注残高はゼロでした。

このようなことを考えていくと、今回の株価下落率17%を簡単に過剰反応と決め付けるのは良くないと思います。

と言いながら実は、この分析を行うまで過剰下落だと決め付けてました^^;

最後にまとめると、
(1)PER ROEなどの指標からはまずまず割安な株だと言えるが、
(2)来期以降の見通しが不透明な時点での投資は避けたい
という感じになります。

あくまでこれは、初心者の私の意見なのであまり信用し過ぎるのも危険です^^
結論は、今週の四季報が出てからでも遅くはないでしょう。

うーん^^; 結局歯切れの悪い分析になってしまった気がします。

「今すぐに買え!」とか「あなた買わないと地獄にいくわよ!」(笑)とか、
「YOU買っちゃいなよ!」というふうに歯切れ良く(?)行きたいものですが、なかなか相場が相手だとどうも慎重になってしまいますね。

ただ最初の頃に比べ、多角的な分析ができるようになったという自負はあります。こうした記事を書くのも勉強の一環という感じです。
これからも分析能力の向上に努めて参りますので、皆様のご支援ご鞭撻を賜りますようよろしくお願い致します。←最近はこの“堅さ”が妙にお気に入り^^


P.S. 当ブログのカブログランキング値動き(Mainページ左側)、なんか日本金銭機械の値動き(コチラ)と似てないでしょうか?(過去ログでご覧になっている人には、状況が違っているかもしれません。)

こちらは、すんなり反騰して欲しいところです^^
現在、超割安になっております! 1票買って(クリックして)くだされば、恐悦至極に存じ上げ奉ります^^

    カブログランキングへのクリック ←おお! ありがとうございますm_ _m
posted by ヤス&NANA at 20:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 銘柄分析 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/4357645

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。