Contents

はじめに
・夫の自己紹介1(4月6日)
・夫の自己紹介3(4月10日)
・妻のきっかけ(4月7日)



・夫の自己紹介2(4月8日)
・夫の自己紹介4(4月12日)
・株式投資・解析A(6月25日)
ファンダメンタルズ
★専門用語解説(4月14日)
・機械的ファンダメンタルズ
分析のすすめ(4月17日)

・ヤスのファンダメンタルズ
分析(4月19日)

・銘柄分析1(4月22日)
・銘柄分析2(5月10日)
・銘柄分析3(5月23日)
・銘柄分析4前編(6月13日)
・銘柄分析4後編(6月14日)
・銘柄分析5(6月24日)
・業種別PER(7月1日)
・銘柄分析6(7月20日)
・銘柄分析7前編(8月24日)
・銘柄分析7後編(8月25日)

雑記&プチ情報
・株の本(4月10日)
・バーチャル取引のすすめ(4月23日)
★5万円で買える株(4月26日)
★10万以下で買える株1(5月7日)
・お知らせ(5月9日)
・アクセス解析(5月14日)
・シチズン時計(5月17日)
・ハルウララ(5月22日)
・伸びる会社(5月24日)
・買いたい病(5月25日)
・マースエンジニアリング(5月27日)
★約定初体験(6月2日)
・いい本ねーかな?(6月6日)
★リンク集その1(6月10日)
★10万円以下で買える株2(6月19日)
・株の本選びなら(6月23日)
・しょぼい先物勧誘資料(7月2日)
・リンク集その2(7月5日)
・20万円以下で買える株(7月16日)
・株価と気温(7月27日)
・最新決算情報をお手軽に♪(8月2日)
・郵政民営化否決を受けて(8月8日)
システム売買
・売り買いのタイミングその1(4月27日)
・売り買いのタイミングその2(4月30日)
★売り買いのタイミングその3(5月1日)
・FFモデル適用例(5月3日)
・追加検証スタート(5月5日)
・ゴールデンクロス買いの有効性(5月8日)
・新規シグナル(5月12日)
・ランダム買い(5月15日)
・今日のシグナル(5月18日)
・20日間の最安値(5月20日)
・タートルズ(5月21日)
★テクニカルってどないやねん?(5月28日)
・新トレーディングシステム(5月30日)
・今日のシグナル(5月30日)
・今日のシグナル(5月31日)
★デイトレードシステム再考(6月3日)
・システム構築の難しさ(6月8日)
★テクニカルをどこまで信じる?(6月17日)
・どうする?WNF証券(6月29日)
・FFモデル途中経過(7月18日)
・テクニカル指標〜RSI〜(7月25日)
・RSI続き(7月26日)
・RSIを使って自動売買(7月30日)
・短期トレーディングシステムの実践(8月6日)
・日経225先物用システム(8月10日)
・システムの評価(1)(8月11日)
・システムの評価(2)(8月12日)

時価総額のお話
・理系的視点(7月6日)
・時価総額の法則(7月9日)
・時価総額の法則〜注意点〜(7月11日)
・時価総額の法則〜銀行株編〜(7月13日)
・時価総額の法則〜証券業編〜(7月14日)
・時価総額の法則〜電力株編〜(7月21日)
・時価総額の法則〜最終回〜(8月3日)


★マーク=おすすめ記事となっております♪

画面がうまく表示されない場合は、ウインドウを最大化してご覧くださいm_ _m

2005年05月30日

新トレーディングシステム(デイトレード仕様)

他のブログをちょこちょこ回っていると、

「デイトレードってすげー人気やな!」

って思い知らされます。

「流行に流されてはいかん!」

とか思いながらも、ちょっと時間に余裕があったので、デイトレード用の売買システムを作ってみました^^;

以前に紹介したFFモデルは、中長期型の投資スタイルなので、なかなかシグナルを出してくれなく、暇になったというのも理由の1つかな^^;

あと、もう1つの理由は、「10万円以下で買える株」のみに絞って売買を行えば、デイトレードの最大の敵である売買手数料をゼロにすることができるということ!

これは結構でかいですよ^^

あっ、手数料ゼロというのは、私が口座を持っている、松井証券での話です、念のため。


さて、肝心の売買ルールは以下のとおり。
1 買いは寄り付き指値で行う。
2 @その日の終値と始値の差が小さいとき
Aその日の始値と高値が等しいか、終値と安値が等しい
@A両方を満たすときのみ明日に売りを持ち越し。
3 2以外であれば終値で売る。

つまり、シグナルは「次の日、もし始値が○○円より安ければ買え。」という具合なので、シグナルが出ても実際に買える(約定する)とは限らないということです。
シグナルが出るタイミングは、今のところ伏せさせていただきますm_ _m
条件2は、シグナルの出るタイミングが、株価変動よりちょっと先行しすぎる場合もあったので修正を加えたものです。

この簡単なシステムを、過去1年分の10万円以下で買える16銘柄に適用してみました。
下表がその結果です。

 新トレード.JPG

どうなんやろ? この結果。 
なんかすげーいいような気もするけど、銘柄によってダメなやつがあるから、信用度は低いか?

でも、年間勝率は、162÷232でおよそ7割です!

うーん^^;
適当につくったシステムだけに、なんかプログラムに不備があるんじゃないのかと心配です。

 
   応援クリックお願いしますね^^
   → 人気ブログランキング or カブログランキング
posted by ヤス&NANA at 19:44| Comment(1) | TrackBack(0) | 機械的売買 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして。
最近のものだけ興味深く読ませていただきました。5/30の内容は特に興味深く拝見しました。
でも、結果は多分良くないと思います。
もしその方法で勝てるのであればマーケットが成立しなくなると思います。多分勝率は良くて50%かと・・・。

せっかく研究なさったのに水を差すようなことを言ってすみません。
また拠らせていただきます。

Posted by midori_kame at 2005年05月30日 20:40
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。