Contents

はじめに
・夫の自己紹介1(4月6日)
・夫の自己紹介3(4月10日)
・妻のきっかけ(4月7日)



・夫の自己紹介2(4月8日)
・夫の自己紹介4(4月12日)
・株式投資・解析A(6月25日)
ファンダメンタルズ
★専門用語解説(4月14日)
・機械的ファンダメンタルズ
分析のすすめ(4月17日)

・ヤスのファンダメンタルズ
分析(4月19日)

・銘柄分析1(4月22日)
・銘柄分析2(5月10日)
・銘柄分析3(5月23日)
・銘柄分析4前編(6月13日)
・銘柄分析4後編(6月14日)
・銘柄分析5(6月24日)
・業種別PER(7月1日)
・銘柄分析6(7月20日)
・銘柄分析7前編(8月24日)
・銘柄分析7後編(8月25日)

雑記&プチ情報
・株の本(4月10日)
・バーチャル取引のすすめ(4月23日)
★5万円で買える株(4月26日)
★10万以下で買える株1(5月7日)
・お知らせ(5月9日)
・アクセス解析(5月14日)
・シチズン時計(5月17日)
・ハルウララ(5月22日)
・伸びる会社(5月24日)
・買いたい病(5月25日)
・マースエンジニアリング(5月27日)
★約定初体験(6月2日)
・いい本ねーかな?(6月6日)
★リンク集その1(6月10日)
★10万円以下で買える株2(6月19日)
・株の本選びなら(6月23日)
・しょぼい先物勧誘資料(7月2日)
・リンク集その2(7月5日)
・20万円以下で買える株(7月16日)
・株価と気温(7月27日)
・最新決算情報をお手軽に♪(8月2日)
・郵政民営化否決を受けて(8月8日)
システム売買
・売り買いのタイミングその1(4月27日)
・売り買いのタイミングその2(4月30日)
★売り買いのタイミングその3(5月1日)
・FFモデル適用例(5月3日)
・追加検証スタート(5月5日)
・ゴールデンクロス買いの有効性(5月8日)
・新規シグナル(5月12日)
・ランダム買い(5月15日)
・今日のシグナル(5月18日)
・20日間の最安値(5月20日)
・タートルズ(5月21日)
★テクニカルってどないやねん?(5月28日)
・新トレーディングシステム(5月30日)
・今日のシグナル(5月30日)
・今日のシグナル(5月31日)
★デイトレードシステム再考(6月3日)
・システム構築の難しさ(6月8日)
★テクニカルをどこまで信じる?(6月17日)
・どうする?WNF証券(6月29日)
・FFモデル途中経過(7月18日)
・テクニカル指標〜RSI〜(7月25日)
・RSI続き(7月26日)
・RSIを使って自動売買(7月30日)
・短期トレーディングシステムの実践(8月6日)
・日経225先物用システム(8月10日)
・システムの評価(1)(8月11日)
・システムの評価(2)(8月12日)

時価総額のお話
・理系的視点(7月6日)
・時価総額の法則(7月9日)
・時価総額の法則〜注意点〜(7月11日)
・時価総額の法則〜銀行株編〜(7月13日)
・時価総額の法則〜証券業編〜(7月14日)
・時価総額の法則〜電力株編〜(7月21日)
・時価総額の法則〜最終回〜(8月3日)


★マーク=おすすめ記事となっております♪

画面がうまく表示されない場合は、ウインドウを最大化してご覧くださいm_ _m

2005年05月23日

銘柄分析3

最近、よく利用しているサイトで東証の適時開示閲覧サービスというサイトがあります。

ここに行くと、会社の決算書や自己株買いなどの情報がいち早く入手できるので、以前紹介したEDINETよりも重宝しています。

さて、今日分析する会社は、石井工作研究所(6314)です。

以前から目を付けていた会社でしたので、5月20日の適時開示情報の中に当会社の決算書を見つけたとき、すぐにプリントアウトしてじっくり見直してみました。

平成17年の3月期の売上高は、前年比23.1%上昇の約4,500百万円で、純利益は、192.6%増しの約210百万円
昨年に比べ、すげー上昇です^^

5月20日の時点での時価総額は、3,627百万円(株価は465円)ですので、現時点でのPERは、

PER=(時価総額)÷(純利益)=17.3

となります。この数字はまずまずといったところでしょうか。

しかし、来期予想の純利益は、110百万円と下落予想なのが、気になります。

予想PER=(時価総額)÷(予想純利益)=33

となり、結構割高な株ということになってしまいます。


営業キャッシュフローに目を移すと、今期は約650百万円とかなりのお金が入ってきたことがわかります。現時点でのPCFRは、

PCFR=(時価総額)÷(営業キャッシュフロー)=5.0

とかなり良い数字です。

ここまでをまとめると、「今期はかなり調子が良かったけど、来期は厳しい見通し」であるということがわかります。
また、今期の数字は、会社四季報に掲載された数値とさほど違いはないのですが、 来期の予想数値は、四季報に載ってたやつより悪い数値です。

とは言うものの、私が以前から注目していた理由は、この会社の清算価値の良さにあります。

貸借対照表を見てみると、今期の流動資産は、約4,760百万円で前年比10%プラスです。
負債合計は、約1,130百万円で前年比6%マイナス、投資有価証券は約240百万円なので、
清算価値は、

清算価値=(流動資産)−(負債合計)+(投資有価証券)=3,870百万円

となります。

この清算価値が時価総額より小さくなっていますね^^
これが何を意味するかは、以前の専門用語or銘柄分析1をご覧になれば理解できると思います。

補足事項として、当期のROEは3.2%で、少し不満。有利子負債のゼロ、株主資本比率が85.4%という数字は文句ナシ。

ということで、今期の数字のみで考えると、

PER ○ PCFR ◎ ROE △ 株主資本比率 ◎ 清算価値 ◎

となり、「バリュー株」として十分合格と言えそうです。

問題は、来期の業績があまりよくない予想であることでしょう。

言い忘れてましたが、この会社の主要事業は、半導体製造装置を半導体メーカーに売っているとのこと。
決算書によると、IT関連分野の需給悪化、米国・中国の成長一服、原油高騰、円高などを理由に挙げていますが、文章として厳しさは伝わってきません。

「生産活動は、概ね底堅い。」「回復基調に転ずることが期待される。」「成長路線に戻るものと推測される。」

「いやいや、そう言うんやったら、もう少し強気の予想でもええんちゃうの?」

ちなみに前期もひかえめな予想をして、途中で上方修正を行っています。
「あれか? テスト全然できへんかったーとか言って、実はできてるタイプか?」

ひかえめで慎重な業績予想をしているのか、もしくは本当の予想なのか?

もう少し踏み込んで「受注実績」の欄を見てみたところ、主要事業である半導体関連の製造装置の今期受注残高が、前期の約66%に減少していました。
このことや、「半導体メーカーの先行きは夏くらいまで弱含み」という記事などから、今のところ様子見って感じでしょうか。

今日、石井工作研究所の株価は、前日465円から450円へおよそ3.2%の下落でした。

相場もそのように判断しているのかもしれませんが、近いうちに買いのチャンスが来るのでないかと考えていますので、目を離さないでチェックしていこうと思っています。

ファンダメンタルズ分析をやらない人にとって、今日は退屈だったかもしれません^^;
記事を書くことが、私自身の良い勉強になるという感じなのでお許しを^^

   当ブログの応援はこちらへ♪
    
   人気ブログランキング or  カブログランキング

posted by ヤス&NANA at 22:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 銘柄分析 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。