Contents

はじめに
・夫の自己紹介1(4月6日)
・夫の自己紹介3(4月10日)
・妻のきっかけ(4月7日)



・夫の自己紹介2(4月8日)
・夫の自己紹介4(4月12日)
・株式投資・解析A(6月25日)
ファンダメンタルズ
★専門用語解説(4月14日)
・機械的ファンダメンタルズ
分析のすすめ(4月17日)

・ヤスのファンダメンタルズ
分析(4月19日)

・銘柄分析1(4月22日)
・銘柄分析2(5月10日)
・銘柄分析3(5月23日)
・銘柄分析4前編(6月13日)
・銘柄分析4後編(6月14日)
・銘柄分析5(6月24日)
・業種別PER(7月1日)
・銘柄分析6(7月20日)
・銘柄分析7前編(8月24日)
・銘柄分析7後編(8月25日)

雑記&プチ情報
・株の本(4月10日)
・バーチャル取引のすすめ(4月23日)
★5万円で買える株(4月26日)
★10万以下で買える株1(5月7日)
・お知らせ(5月9日)
・アクセス解析(5月14日)
・シチズン時計(5月17日)
・ハルウララ(5月22日)
・伸びる会社(5月24日)
・買いたい病(5月25日)
・マースエンジニアリング(5月27日)
★約定初体験(6月2日)
・いい本ねーかな?(6月6日)
★リンク集その1(6月10日)
★10万円以下で買える株2(6月19日)
・株の本選びなら(6月23日)
・しょぼい先物勧誘資料(7月2日)
・リンク集その2(7月5日)
・20万円以下で買える株(7月16日)
・株価と気温(7月27日)
・最新決算情報をお手軽に♪(8月2日)
・郵政民営化否決を受けて(8月8日)
システム売買
・売り買いのタイミングその1(4月27日)
・売り買いのタイミングその2(4月30日)
★売り買いのタイミングその3(5月1日)
・FFモデル適用例(5月3日)
・追加検証スタート(5月5日)
・ゴールデンクロス買いの有効性(5月8日)
・新規シグナル(5月12日)
・ランダム買い(5月15日)
・今日のシグナル(5月18日)
・20日間の最安値(5月20日)
・タートルズ(5月21日)
★テクニカルってどないやねん?(5月28日)
・新トレーディングシステム(5月30日)
・今日のシグナル(5月30日)
・今日のシグナル(5月31日)
★デイトレードシステム再考(6月3日)
・システム構築の難しさ(6月8日)
★テクニカルをどこまで信じる?(6月17日)
・どうする?WNF証券(6月29日)
・FFモデル途中経過(7月18日)
・テクニカル指標〜RSI〜(7月25日)
・RSI続き(7月26日)
・RSIを使って自動売買(7月30日)
・短期トレーディングシステムの実践(8月6日)
・日経225先物用システム(8月10日)
・システムの評価(1)(8月11日)
・システムの評価(2)(8月12日)

時価総額のお話
・理系的視点(7月6日)
・時価総額の法則(7月9日)
・時価総額の法則〜注意点〜(7月11日)
・時価総額の法則〜銀行株編〜(7月13日)
・時価総額の法則〜証券業編〜(7月14日)
・時価総額の法則〜電力株編〜(7月21日)
・時価総額の法則〜最終回〜(8月3日)


★マーク=おすすめ記事となっております♪

画面がうまく表示されない場合は、ウインドウを最大化してご覧くださいm_ _m

2005年05月22日

ハルウララ

2、3年前の話になりますが、高知競馬のハルウララという牝馬が話題になったことを憶えている人、結構いるでしょう。

負け続けることで逆に人気が出た馬で、106連敗をかけて、JRAの武豊騎手が騎乗したレースは、競馬ニュースのみならず、一般のニュースでも大きく取り上げられました。

このとき、ハルウララの単勝馬券のオッズはかなり低い値だったと記憶しています。
明らかにハルウララファンが記念や応援で買ったための、異常なオッズでした。

私は、武豊騎手が騎乗するというニュースを聞いたときから、
「このレース、おいしいなあ。」
と感じていました。

実力的にハルウララより勝る馬たちは、オッズの上では、ハルウララの下の2番手以下に甘んじているわけです。
さらに、武豊騎手は、この日、JRAと地方競馬の交流重賞レースをメインで乗りに来ているのであって、ハルウララをメインで乗りに来ているわけではないのです。

もし、このレースの馬券を購入することができたなら、迷わずハルウララ以外の馬の単勝に賭けていたでしょう。

競馬と株投資、ギャンブルか投資かという議論は置いといて、言いたいことは、

ハルウララの馬券を買うような人は、絶対株投資にも向いていない

ということ。

「負けても負けても走り続ける姿に感動しました。」

感動するのは、別に個人の勝手ですが、それで馬券を買う、つまり感情に流されてお金を賭けるというのはどうかと思います。

市場は、甘えを一切許さない場所です。株価もある意味人気投票ということを考えれば、常にそういう「オッズのゆがみ」をつこうとしている猛者たちのカモにならないよう注意すべきだと思います。

これは、金持ち父さんの第2弾にも紹介されている言葉です。株投資が、人と人の取引である以上、非常に的を射た警句でもあります。

ポーカーをやり始めて20分たっても、まだ誰がカモかわからない人は、自分がカモなのだ


 いつも当ブログを応援してくださってありがとうございます^^

  ポチっと押すだけです →人気ブログランキング
  ポチっと押して、「投票」を再度ポチ →カブログランキング

posted by ヤス&NANA at 11:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/3813803

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。