Contents

はじめに
・夫の自己紹介1(4月6日)
・夫の自己紹介3(4月10日)
・妻のきっかけ(4月7日)



・夫の自己紹介2(4月8日)
・夫の自己紹介4(4月12日)
・株式投資・解析A(6月25日)
ファンダメンタルズ
★専門用語解説(4月14日)
・機械的ファンダメンタルズ
分析のすすめ(4月17日)

・ヤスのファンダメンタルズ
分析(4月19日)

・銘柄分析1(4月22日)
・銘柄分析2(5月10日)
・銘柄分析3(5月23日)
・銘柄分析4前編(6月13日)
・銘柄分析4後編(6月14日)
・銘柄分析5(6月24日)
・業種別PER(7月1日)
・銘柄分析6(7月20日)
・銘柄分析7前編(8月24日)
・銘柄分析7後編(8月25日)

雑記&プチ情報
・株の本(4月10日)
・バーチャル取引のすすめ(4月23日)
★5万円で買える株(4月26日)
★10万以下で買える株1(5月7日)
・お知らせ(5月9日)
・アクセス解析(5月14日)
・シチズン時計(5月17日)
・ハルウララ(5月22日)
・伸びる会社(5月24日)
・買いたい病(5月25日)
・マースエンジニアリング(5月27日)
★約定初体験(6月2日)
・いい本ねーかな?(6月6日)
★リンク集その1(6月10日)
★10万円以下で買える株2(6月19日)
・株の本選びなら(6月23日)
・しょぼい先物勧誘資料(7月2日)
・リンク集その2(7月5日)
・20万円以下で買える株(7月16日)
・株価と気温(7月27日)
・最新決算情報をお手軽に♪(8月2日)
・郵政民営化否決を受けて(8月8日)
システム売買
・売り買いのタイミングその1(4月27日)
・売り買いのタイミングその2(4月30日)
★売り買いのタイミングその3(5月1日)
・FFモデル適用例(5月3日)
・追加検証スタート(5月5日)
・ゴールデンクロス買いの有効性(5月8日)
・新規シグナル(5月12日)
・ランダム買い(5月15日)
・今日のシグナル(5月18日)
・20日間の最安値(5月20日)
・タートルズ(5月21日)
★テクニカルってどないやねん?(5月28日)
・新トレーディングシステム(5月30日)
・今日のシグナル(5月30日)
・今日のシグナル(5月31日)
★デイトレードシステム再考(6月3日)
・システム構築の難しさ(6月8日)
★テクニカルをどこまで信じる?(6月17日)
・どうする?WNF証券(6月29日)
・FFモデル途中経過(7月18日)
・テクニカル指標〜RSI〜(7月25日)
・RSI続き(7月26日)
・RSIを使って自動売買(7月30日)
・短期トレーディングシステムの実践(8月6日)
・日経225先物用システム(8月10日)
・システムの評価(1)(8月11日)
・システムの評価(2)(8月12日)

時価総額のお話
・理系的視点(7月6日)
・時価総額の法則(7月9日)
・時価総額の法則〜注意点〜(7月11日)
・時価総額の法則〜銀行株編〜(7月13日)
・時価総額の法則〜証券業編〜(7月14日)
・時価総額の法則〜電力株編〜(7月21日)
・時価総額の法則〜最終回〜(8月3日)


★マーク=おすすめ記事となっております♪

画面がうまく表示されない場合は、ウインドウを最大化してご覧くださいm_ _m

2005年05月21日

タートルズ

数あるシステム売買の中でもタートルズほど有名なものはないのでは?

リチャード・デニスとウィリアム・エックハートという2人が、作ったトレーダー養成集団、それがタートルズです。
その手法は、「究極の順張り」とも言われています。

私が、「タートルズの秘密」という本をパラパラめくって得た拙い知識は次のようなもの。

20日間の最高値(最安値)を更新したときに買う(空売る)。
損切りラインは2%。
利食いラインをどう設定するのかがよくわからん。

このトレードシステムでは、PLフィルターと呼ばれる売買益効率を上げるものがあります。
簡単に言うと、前回の売買で得をしたなら、次の売買を見送るというものらしいのですが、少し複雑で完全には理解できませんでした。

例えば、株価が20日間の最高値を更新したので、そこで買ったとします。
その後、株価が上昇し、売りのサインが出た(このサインは20日間の最安値の更新でいいのか?)とします。しかし、サインどおり売るかどうかは、前回の売買で得したか損したかによって決まってきます。
もし、損をしていれば売りません。ホールドです。
その後また、売りのサインが出たとします。ここでも、売るかどうかは、前回の売買で得したか損したかで決まります。
注意する点は、この前回の売買というのは、前回売りのサインが出たにもかかわらず、売らなかった架空の売買のことを指します。つまり、

あの時売っときゃ良かったのか、売らなくて正解だったのか

ということです。
「売らなくて正解な」ら、今回もまたホールド。「売っておけばよかった」なら今回は売る。
このような感じですから、とことん利を追求していくスタイルになり、当然勝率は低くなります。

私もタートルズの手法で本当に儲けることができるのかシミュレーションをやってみようと思ったのですが、基本的な売りのライン設定をどうするのかという点など、まだ十分理解していない部分があり、実現できていません。

近い将来発表できたらと思っています。

人気ブログランキングへの応援クリックお願いします^^

「株Webランキング」
という新しいランキングサイトの方も要チェックです!
posted by ヤス&NANA at 18:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 機械的売買 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。