Contents

はじめに
・夫の自己紹介1(4月6日)
・夫の自己紹介3(4月10日)
・妻のきっかけ(4月7日)



・夫の自己紹介2(4月8日)
・夫の自己紹介4(4月12日)
・株式投資・解析A(6月25日)
ファンダメンタルズ
★専門用語解説(4月14日)
・機械的ファンダメンタルズ
分析のすすめ(4月17日)

・ヤスのファンダメンタルズ
分析(4月19日)

・銘柄分析1(4月22日)
・銘柄分析2(5月10日)
・銘柄分析3(5月23日)
・銘柄分析4前編(6月13日)
・銘柄分析4後編(6月14日)
・銘柄分析5(6月24日)
・業種別PER(7月1日)
・銘柄分析6(7月20日)
・銘柄分析7前編(8月24日)
・銘柄分析7後編(8月25日)

雑記&プチ情報
・株の本(4月10日)
・バーチャル取引のすすめ(4月23日)
★5万円で買える株(4月26日)
★10万以下で買える株1(5月7日)
・お知らせ(5月9日)
・アクセス解析(5月14日)
・シチズン時計(5月17日)
・ハルウララ(5月22日)
・伸びる会社(5月24日)
・買いたい病(5月25日)
・マースエンジニアリング(5月27日)
★約定初体験(6月2日)
・いい本ねーかな?(6月6日)
★リンク集その1(6月10日)
★10万円以下で買える株2(6月19日)
・株の本選びなら(6月23日)
・しょぼい先物勧誘資料(7月2日)
・リンク集その2(7月5日)
・20万円以下で買える株(7月16日)
・株価と気温(7月27日)
・最新決算情報をお手軽に♪(8月2日)
・郵政民営化否決を受けて(8月8日)
システム売買
・売り買いのタイミングその1(4月27日)
・売り買いのタイミングその2(4月30日)
★売り買いのタイミングその3(5月1日)
・FFモデル適用例(5月3日)
・追加検証スタート(5月5日)
・ゴールデンクロス買いの有効性(5月8日)
・新規シグナル(5月12日)
・ランダム買い(5月15日)
・今日のシグナル(5月18日)
・20日間の最安値(5月20日)
・タートルズ(5月21日)
★テクニカルってどないやねん?(5月28日)
・新トレーディングシステム(5月30日)
・今日のシグナル(5月30日)
・今日のシグナル(5月31日)
★デイトレードシステム再考(6月3日)
・システム構築の難しさ(6月8日)
★テクニカルをどこまで信じる?(6月17日)
・どうする?WNF証券(6月29日)
・FFモデル途中経過(7月18日)
・テクニカル指標〜RSI〜(7月25日)
・RSI続き(7月26日)
・RSIを使って自動売買(7月30日)
・短期トレーディングシステムの実践(8月6日)
・日経225先物用システム(8月10日)
・システムの評価(1)(8月11日)
・システムの評価(2)(8月12日)

時価総額のお話
・理系的視点(7月6日)
・時価総額の法則(7月9日)
・時価総額の法則〜注意点〜(7月11日)
・時価総額の法則〜銀行株編〜(7月13日)
・時価総額の法則〜証券業編〜(7月14日)
・時価総額の法則〜電力株編〜(7月21日)
・時価総額の法則〜最終回〜(8月3日)


★マーク=おすすめ記事となっております♪

画面がうまく表示されない場合は、ウインドウを最大化してご覧くださいm_ _m

2005年05月18日

今日のシグナル

昔、プレステでZEUS(ゼウス)というゲームにハマッた経験があります。
こいつは、500円くらいで売られたゲームのくせに、すげー面白かった!

一言で言えば、ロボット対戦型格闘ゲームなのですが、既存(現在も含め)の凡作と一線を画す点は、なんと言ってもロボットのソフト、つまり対戦アルゴリズムを自分で作れるということです。

プレイヤーは、まずロボットの機体や装備、つまりハードの部分を好きなように選び、その機体や装備に合った戦闘アルゴリズムを作成して載せます。
動作テスト行い、バグ取り、そして実戦というゲームの流れ。いかに速く汎用性の高いプログラムを書くかということが、勝負になってきます。ハードとソフトが決して独立ではなく、こういう機体には、こういう戦略が合うみたいな仕様も好きでした。

ちょっとマニアックなので、あまり一般受けしなかったみたいですが、私の中では、こいつを超えるゲームはないと言ってもいいくらいです。

株の話に入ります^^
何が言いたいかというと、私のシステム売買好きは、このゲームとの出会いが大きな原因となっているのです。

自分が作ったアルゴリズムが、その場での自分自身の判断(行動)より勝る−

例えば、自分で作ったオセロコンピュータと対戦して自分が負けてしまうというようなことです。

コンピュータに負ける自分、そのコンピュータを作った自分、自分が自分に負けるみたいな・・・^^;

私にとって、この瞬間はなんとも言えない快感です^^;

自分では「売り」と思っているのに、コンピュータは「買い」。実際の株売買において、コンピュータのいうとおりになったら、お金も入ってくるし、快感も味わえるし、言うことなしです。

しかし、現在検証中のFFモデルは、言ってみれば、「動作テストで高得点をとったものの、まだ実戦経験の浅いひ弱なシステム」です。

今日、彼(FFモデル)はようやく「7762売り」を指示してきました。
売値は明日の始値ですので、収支は未確定ですが、損切りであることに間違いないでしょう。
どうせなら、今日も強気に「ホールド!」って言ってほしかった気もします。

麻雀に例えるなら、ルールを1通り覚えた初心者ってところでしょうか?
他からリーチがかかっているのに、無筋のドラとかを1発で切っていくような・・
見ているギャラリーにしてみたら、
「おおっー」「つえ〜」
結構盛り上がりますよね^^
なのに途中でオリ始めたりすると、ちょっと残念な感じがします、そんな感覚です。

ちょっとアルゴリズムの修正を加えたいところですが、そこはグッと我慢することにしました。
当分の間は、このFFモデルを温かい目で見守っていこうと考えています。

皆様も温かい目で当ブログを見守ってくだされば幸いです^^

ついでに人気ブログランキングに投票なんてしてもらえれば恐悦至極に存じ上げます^^
posted by ヤス&NANA at 20:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 機械的売買 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。