Contents

はじめに
・夫の自己紹介1(4月6日)
・夫の自己紹介3(4月10日)
・妻のきっかけ(4月7日)



・夫の自己紹介2(4月8日)
・夫の自己紹介4(4月12日)
・株式投資・解析A(6月25日)
ファンダメンタルズ
★専門用語解説(4月14日)
・機械的ファンダメンタルズ
分析のすすめ(4月17日)

・ヤスのファンダメンタルズ
分析(4月19日)

・銘柄分析1(4月22日)
・銘柄分析2(5月10日)
・銘柄分析3(5月23日)
・銘柄分析4前編(6月13日)
・銘柄分析4後編(6月14日)
・銘柄分析5(6月24日)
・業種別PER(7月1日)
・銘柄分析6(7月20日)
・銘柄分析7前編(8月24日)
・銘柄分析7後編(8月25日)

雑記&プチ情報
・株の本(4月10日)
・バーチャル取引のすすめ(4月23日)
★5万円で買える株(4月26日)
★10万以下で買える株1(5月7日)
・お知らせ(5月9日)
・アクセス解析(5月14日)
・シチズン時計(5月17日)
・ハルウララ(5月22日)
・伸びる会社(5月24日)
・買いたい病(5月25日)
・マースエンジニアリング(5月27日)
★約定初体験(6月2日)
・いい本ねーかな?(6月6日)
★リンク集その1(6月10日)
★10万円以下で買える株2(6月19日)
・株の本選びなら(6月23日)
・しょぼい先物勧誘資料(7月2日)
・リンク集その2(7月5日)
・20万円以下で買える株(7月16日)
・株価と気温(7月27日)
・最新決算情報をお手軽に♪(8月2日)
・郵政民営化否決を受けて(8月8日)
システム売買
・売り買いのタイミングその1(4月27日)
・売り買いのタイミングその2(4月30日)
★売り買いのタイミングその3(5月1日)
・FFモデル適用例(5月3日)
・追加検証スタート(5月5日)
・ゴールデンクロス買いの有効性(5月8日)
・新規シグナル(5月12日)
・ランダム買い(5月15日)
・今日のシグナル(5月18日)
・20日間の最安値(5月20日)
・タートルズ(5月21日)
★テクニカルってどないやねん?(5月28日)
・新トレーディングシステム(5月30日)
・今日のシグナル(5月30日)
・今日のシグナル(5月31日)
★デイトレードシステム再考(6月3日)
・システム構築の難しさ(6月8日)
★テクニカルをどこまで信じる?(6月17日)
・どうする?WNF証券(6月29日)
・FFモデル途中経過(7月18日)
・テクニカル指標〜RSI〜(7月25日)
・RSI続き(7月26日)
・RSIを使って自動売買(7月30日)
・短期トレーディングシステムの実践(8月6日)
・日経225先物用システム(8月10日)
・システムの評価(1)(8月11日)
・システムの評価(2)(8月12日)

時価総額のお話
・理系的視点(7月6日)
・時価総額の法則(7月9日)
・時価総額の法則〜注意点〜(7月11日)
・時価総額の法則〜銀行株編〜(7月13日)
・時価総額の法則〜証券業編〜(7月14日)
・時価総額の法則〜電力株編〜(7月21日)
・時価総額の法則〜最終回〜(8月3日)


★マーク=おすすめ記事となっております♪

画面がうまく表示されない場合は、ウインドウを最大化してご覧くださいm_ _m

2005年05月17日

シチズン時計

当ブログでは、FFモデルという私が作ったトレードシステムの有効性検証を行っています。

4月28日、コンピュータくん(FFモデル)は「シチズン時計(7762)を買え」と言いました。
そして、今日の指示はなんと、

「7762ホールド!!」

でした。
「つ、つええ・・」

ご存知のように、5月16日、シチズン時計(7762)は、シチズン電子、ミヨタ、シメオ精密などの5社を10月1日付けで完全子会社化することを発表しました。これにより、子会社化される会社の株は、10月1日をもってシチズン時計の株と交換されるということです。

さて、問題はその交換比率です。
シチズン電子、ミヨタ、シメオ精密の1株に対して、それぞれシチズン時計5.77株、2.18株、0.97株との交換となりました。
これは、子会社化される会社、特にシチズン電子とミヨタの株保有者にとって、非常に有利な決定を意味しており、逆にシチズン時計保有者にとっては、不利な決定だったと言えるでしょう。

明けて5月17日、ニュースでも「株式交換比率にさや寄せ」という言葉が踊り、子会社化される3社の内2社の株は暴騰、シチズン時計の株価は下落しました。

なぜこんなことになるのか? 
例えば仮に、シチズン電子株を1株持ってたとします。5月16日のシチズン電子の終値は4590円でした。

この株価で買って、後からシチズン時計株と交換したとします。
ちなみにシチズン時計の5月16日終値は959円でした。
交換比率から、シチズン時計株5.77株と交換するので、959×5.77=5533円との交換になるわけです。 
「電子」の方を1株買うのに4590円、後に「時計」と交換して5533円。それだけで、利益率は20%を超えちゃうわけです。
そら、皆さん「電子」を買いますわな^^

シチズン時計は、この子会社化と同時に新たに88百万株の新株を発行するということを発表しております。
おいおい^^;

株数が増えるってことは、1株当たりの価値も下がるちゅうことやないの?

完全子会社化された後の発行株数(新株も含めた)を計算してみると、671百万株でした。
一方、これら4つの会社の5月16日の時点での時価総額合計は、およそ515000百万円。
よって、515000÷671で理論的な株価(合併後の)が出てくるはずです(←合ってんのかな?)

計算すると、767円!・・・( ̄ロ ̄lll) 

シチズン時計の株価が下落するのも納得できます。

あれっ?
忘れてました!子会社化する会社は、上記3社のみではありません。
他にも2社を合併するみたいです。
それら2社も含めた時価総額の合計を出さなければのでは?

ところが、この2社は、上場してないので当然時価総額はありません。

仕方ないので、以下のようにPBRを使って、合併後の理論的時価総額(こんなのあるのか?)を見積もってみました。

@「時計」「電子」「ミヨタ」「シメオ」それぞれのPBRを求める。
Aこれらの値の加重平均(時価総額で)を計算する。
B計算された値を合併後のPBRとみなし、その値に合併後の総資産をかける。

合併後の総資産額は、390,000百万円に達する見込みということなので、計算すると、
理論的時価総額670800百万円となります。

これを発行枚数で割ると、
670800÷671=1000

理論株価は1000円になりました!?

あれっ??
シチズン時計の株価は、下落するどころか上昇していいはずやん!

5月17日の終値は、次のようになってます。

シチズン電子5090円(+10.9%) ミヨタ1967円(+16.1%) シメオ精密870円(−0.8%)

そしてシチズン時計929円(−3.1%)

うーん^^; まあ私のような初心者の意見なんて、気にしないでください。

当然コンピュータくん(FFモデル)は、このような計算はするはずもなく、気楽に「ホールド!」
って言っているだけです。

おそるべしです^^
私だったら、確実に売っているでしょう。

「ほんまに大丈夫かいな?」
実は、FFモデルには、急激な株価変動に対応できないという弱点があるみたいなのです。
自分で作っておきながら、FFモデルが急に信じられなくなってきました^^;

  株のブログならカブログランキングがアツい!
   人気投票で応援お願いします^^
posted by ヤス&NANA at 20:43| Comment(0) | TrackBack(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

配当の良いプチ株(3)シチズン時計
Excerpt: 日経マネー2006/3号で特集されている「配当最強グランプリ」に紹介されているプチ株を紹介します。 前回は、「配当政策が明確で予想配当利回りが高い銘柄ランキング62」の第二位の日産自動車(7201)と..
Weblog: 初心者ネットトレーダーの手数料無しで株のネットトレード
Tracked: 2006-03-12 21:57

配当の良いプチ株(3)シチズン時計
Excerpt: 日経マネー2006/3号で特集されている「配当最強グランプリ」に紹介されているプチ株を紹介します。 前回は、「配当政策が明確で予想配当利回りが高い銘柄ランキング62」の第二位だった日産自動車(7201..
Weblog: 初心者ネットトレーダーの手数料無しで株のネットトレード
Tracked: 2006-03-15 22:45
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。