Contents

はじめに
・夫の自己紹介1(4月6日)
・夫の自己紹介3(4月10日)
・妻のきっかけ(4月7日)



・夫の自己紹介2(4月8日)
・夫の自己紹介4(4月12日)
・株式投資・解析A(6月25日)
ファンダメンタルズ
★専門用語解説(4月14日)
・機械的ファンダメンタルズ
分析のすすめ(4月17日)

・ヤスのファンダメンタルズ
分析(4月19日)

・銘柄分析1(4月22日)
・銘柄分析2(5月10日)
・銘柄分析3(5月23日)
・銘柄分析4前編(6月13日)
・銘柄分析4後編(6月14日)
・銘柄分析5(6月24日)
・業種別PER(7月1日)
・銘柄分析6(7月20日)
・銘柄分析7前編(8月24日)
・銘柄分析7後編(8月25日)

雑記&プチ情報
・株の本(4月10日)
・バーチャル取引のすすめ(4月23日)
★5万円で買える株(4月26日)
★10万以下で買える株1(5月7日)
・お知らせ(5月9日)
・アクセス解析(5月14日)
・シチズン時計(5月17日)
・ハルウララ(5月22日)
・伸びる会社(5月24日)
・買いたい病(5月25日)
・マースエンジニアリング(5月27日)
★約定初体験(6月2日)
・いい本ねーかな?(6月6日)
★リンク集その1(6月10日)
★10万円以下で買える株2(6月19日)
・株の本選びなら(6月23日)
・しょぼい先物勧誘資料(7月2日)
・リンク集その2(7月5日)
・20万円以下で買える株(7月16日)
・株価と気温(7月27日)
・最新決算情報をお手軽に♪(8月2日)
・郵政民営化否決を受けて(8月8日)
システム売買
・売り買いのタイミングその1(4月27日)
・売り買いのタイミングその2(4月30日)
★売り買いのタイミングその3(5月1日)
・FFモデル適用例(5月3日)
・追加検証スタート(5月5日)
・ゴールデンクロス買いの有効性(5月8日)
・新規シグナル(5月12日)
・ランダム買い(5月15日)
・今日のシグナル(5月18日)
・20日間の最安値(5月20日)
・タートルズ(5月21日)
★テクニカルってどないやねん?(5月28日)
・新トレーディングシステム(5月30日)
・今日のシグナル(5月30日)
・今日のシグナル(5月31日)
★デイトレードシステム再考(6月3日)
・システム構築の難しさ(6月8日)
★テクニカルをどこまで信じる?(6月17日)
・どうする?WNF証券(6月29日)
・FFモデル途中経過(7月18日)
・テクニカル指標〜RSI〜(7月25日)
・RSI続き(7月26日)
・RSIを使って自動売買(7月30日)
・短期トレーディングシステムの実践(8月6日)
・日経225先物用システム(8月10日)
・システムの評価(1)(8月11日)
・システムの評価(2)(8月12日)

時価総額のお話
・理系的視点(7月6日)
・時価総額の法則(7月9日)
・時価総額の法則〜注意点〜(7月11日)
・時価総額の法則〜銀行株編〜(7月13日)
・時価総額の法則〜証券業編〜(7月14日)
・時価総額の法則〜電力株編〜(7月21日)
・時価総額の法則〜最終回〜(8月3日)


★マーク=おすすめ記事となっております♪

画面がうまく表示されない場合は、ウインドウを最大化してご覧くださいm_ _m

2005年05月05日

追加検証スタート

FFモデルによる機械的売買の有効性検証は、とりあえず前にも採り上げた20銘柄で行っていきます。

私が、独自に考えたFFモデルによる機械的売買は、次の日の株価をアバウトに予測することから始まります。この予測をどう行っているかということは、企業秘密ってことであまり詳しく言えませんが、前にも言ったように、その予測値と実際の株価の乖離率が大きくなったとき売買のシグナル(テクニカルではこう呼ぶみたいですね^^;)が出現するというしくみになっております。

前回紹介したときには言い忘れていたのですが、シグナルはその日の取引が終了した後で出ます。つまり、

売り買いはすべて始値(寄り付き)のみで行います。

これは、私のように日中働いているため、市場を見ることができない人用の仕様だと思ってください。
FFモデルによる機械的売買は、仕事から帰って来てからその日の市場の動きをチェックした後、明日の寄り付きで買う(売る)というゆったりとした投資スタイルの人にピッタリということです。

したがって、私がこのブログで発表するFFモデルのシグナルは、だいたい夜の10時〜1時くらいです。シグナルが発表されたら、次の日の寄り付きで買う(売る)ということを意味しているということです。

今回は例として、最近の買いシグナルを紹介します。

買い日1.JPG

以前、過去1年間の20銘柄にFFを適用した結果を紹介しましたが、今回挙げた例はその結果に含まれていないものです。つまり、1年間分の検証を行った後、それより新しい株価変動のデータについて追加検証をしてみたということです。

ちょっと発表するのが遅かったかもしれません^^;

偶然ですが、買いシグナルの出た3銘柄の株価は、すべて上昇しています。
これじゃあまるで、都合のいいデータを選んで載せているみたいです^^;

まあ、銘柄7762についてはほとんど株価が変わらないので許していただけるかと思います。

ということで、この銘柄7762の買いから、有効性検証を始めたいと思います。

次回からは、ちゃんと「次の日に買います。」という形で発表していくつもりです。

      応援してください^^
posted by ヤス&NANA at 18:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 機械的売買 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/3451861

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。