Contents

はじめに
・夫の自己紹介1(4月6日)
・夫の自己紹介3(4月10日)
・妻のきっかけ(4月7日)



・夫の自己紹介2(4月8日)
・夫の自己紹介4(4月12日)
・株式投資・解析A(6月25日)
ファンダメンタルズ
★専門用語解説(4月14日)
・機械的ファンダメンタルズ
分析のすすめ(4月17日)

・ヤスのファンダメンタルズ
分析(4月19日)

・銘柄分析1(4月22日)
・銘柄分析2(5月10日)
・銘柄分析3(5月23日)
・銘柄分析4前編(6月13日)
・銘柄分析4後編(6月14日)
・銘柄分析5(6月24日)
・業種別PER(7月1日)
・銘柄分析6(7月20日)
・銘柄分析7前編(8月24日)
・銘柄分析7後編(8月25日)

雑記&プチ情報
・株の本(4月10日)
・バーチャル取引のすすめ(4月23日)
★5万円で買える株(4月26日)
★10万以下で買える株1(5月7日)
・お知らせ(5月9日)
・アクセス解析(5月14日)
・シチズン時計(5月17日)
・ハルウララ(5月22日)
・伸びる会社(5月24日)
・買いたい病(5月25日)
・マースエンジニアリング(5月27日)
★約定初体験(6月2日)
・いい本ねーかな?(6月6日)
★リンク集その1(6月10日)
★10万円以下で買える株2(6月19日)
・株の本選びなら(6月23日)
・しょぼい先物勧誘資料(7月2日)
・リンク集その2(7月5日)
・20万円以下で買える株(7月16日)
・株価と気温(7月27日)
・最新決算情報をお手軽に♪(8月2日)
・郵政民営化否決を受けて(8月8日)
システム売買
・売り買いのタイミングその1(4月27日)
・売り買いのタイミングその2(4月30日)
★売り買いのタイミングその3(5月1日)
・FFモデル適用例(5月3日)
・追加検証スタート(5月5日)
・ゴールデンクロス買いの有効性(5月8日)
・新規シグナル(5月12日)
・ランダム買い(5月15日)
・今日のシグナル(5月18日)
・20日間の最安値(5月20日)
・タートルズ(5月21日)
★テクニカルってどないやねん?(5月28日)
・新トレーディングシステム(5月30日)
・今日のシグナル(5月30日)
・今日のシグナル(5月31日)
★デイトレードシステム再考(6月3日)
・システム構築の難しさ(6月8日)
★テクニカルをどこまで信じる?(6月17日)
・どうする?WNF証券(6月29日)
・FFモデル途中経過(7月18日)
・テクニカル指標〜RSI〜(7月25日)
・RSI続き(7月26日)
・RSIを使って自動売買(7月30日)
・短期トレーディングシステムの実践(8月6日)
・日経225先物用システム(8月10日)
・システムの評価(1)(8月11日)
・システムの評価(2)(8月12日)

時価総額のお話
・理系的視点(7月6日)
・時価総額の法則(7月9日)
・時価総額の法則〜注意点〜(7月11日)
・時価総額の法則〜銀行株編〜(7月13日)
・時価総額の法則〜証券業編〜(7月14日)
・時価総額の法則〜電力株編〜(7月21日)
・時価総額の法則〜最終回〜(8月3日)


★マーク=おすすめ記事となっております♪

画面がうまく表示されない場合は、ウインドウを最大化してご覧くださいm_ _m

2005年05月03日

FFモデル適用例 byヤス

今日は、前回紹介したFFモデルの使用例をお見せします。
例として取り上げる銘柄は、都築電産(9884)です。下の図は、1年前の株価から1週間前くらいの株価の変動を表しています。太線の部分が、この株をホールドしている期間です。

9884.JPG

2回目のホールド期間の株価変動(長い太線)をごらんください。 ちゃんと底を打ったところで買い、およそ天井の辺りで売ることに成功していることがおわかりいただけるかと思います。

FFモデルによる機械的売り買いの勝率は決して高くありません。そのかわり、損切りは早めに、そして利はとことん追求するというスタイルをとっているので、高くない勝率でも十分利益を出すことが可能なのです。

また、利をとことん追求したときのホールド期間も当然長くなります。今回の例では、1回目のホールド期間は、早めの損切りを行ったので4日と短いですが、2回目は、83日(83営業日)とかなり長くなっています。
まあこれくらいの中期的投資期間が、今の私には適切でしょう。

ただし上の図は、
かなりうまくいった例に過ぎません。

うまくいかなかった例もあります。前回紹介した全20銘柄(スクロールして前回の日記を見てください)の中に、ベンチマーク(1年間のその銘柄の株価上昇率)を上回れなかったのが3例、その中で1例は利回り差がマイナス25%を超えてしまっています(赤色で表示)。
そのかわり、利回り差がプラス25%以上となる例は5つもありますが(黄色で表示)、いずれにせよ、この1年間のデータだけでは、あまり大きいことは言えません。

そこでこれからは、このFFモデルを使用した機械的売り買いを逐一報告していきたいと思っています。

FFモデルを使った機械的売り買いは、去年1年間のみ有効な売買方法なのかどうかを確かめるため・・・^^


   こういう試みに興味がある人はクリック、クリック^^
posted by ヤス&NANA at 17:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 機械的売買 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/3285755

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。