Contents

はじめに
・夫の自己紹介1(4月6日)
・夫の自己紹介3(4月10日)
・妻のきっかけ(4月7日)



・夫の自己紹介2(4月8日)
・夫の自己紹介4(4月12日)
・株式投資・解析A(6月25日)
ファンダメンタルズ
★専門用語解説(4月14日)
・機械的ファンダメンタルズ
分析のすすめ(4月17日)

・ヤスのファンダメンタルズ
分析(4月19日)

・銘柄分析1(4月22日)
・銘柄分析2(5月10日)
・銘柄分析3(5月23日)
・銘柄分析4前編(6月13日)
・銘柄分析4後編(6月14日)
・銘柄分析5(6月24日)
・業種別PER(7月1日)
・銘柄分析6(7月20日)
・銘柄分析7前編(8月24日)
・銘柄分析7後編(8月25日)

雑記&プチ情報
・株の本(4月10日)
・バーチャル取引のすすめ(4月23日)
★5万円で買える株(4月26日)
★10万以下で買える株1(5月7日)
・お知らせ(5月9日)
・アクセス解析(5月14日)
・シチズン時計(5月17日)
・ハルウララ(5月22日)
・伸びる会社(5月24日)
・買いたい病(5月25日)
・マースエンジニアリング(5月27日)
★約定初体験(6月2日)
・いい本ねーかな?(6月6日)
★リンク集その1(6月10日)
★10万円以下で買える株2(6月19日)
・株の本選びなら(6月23日)
・しょぼい先物勧誘資料(7月2日)
・リンク集その2(7月5日)
・20万円以下で買える株(7月16日)
・株価と気温(7月27日)
・最新決算情報をお手軽に♪(8月2日)
・郵政民営化否決を受けて(8月8日)
システム売買
・売り買いのタイミングその1(4月27日)
・売り買いのタイミングその2(4月30日)
★売り買いのタイミングその3(5月1日)
・FFモデル適用例(5月3日)
・追加検証スタート(5月5日)
・ゴールデンクロス買いの有効性(5月8日)
・新規シグナル(5月12日)
・ランダム買い(5月15日)
・今日のシグナル(5月18日)
・20日間の最安値(5月20日)
・タートルズ(5月21日)
★テクニカルってどないやねん?(5月28日)
・新トレーディングシステム(5月30日)
・今日のシグナル(5月30日)
・今日のシグナル(5月31日)
★デイトレードシステム再考(6月3日)
・システム構築の難しさ(6月8日)
★テクニカルをどこまで信じる?(6月17日)
・どうする?WNF証券(6月29日)
・FFモデル途中経過(7月18日)
・テクニカル指標〜RSI〜(7月25日)
・RSI続き(7月26日)
・RSIを使って自動売買(7月30日)
・短期トレーディングシステムの実践(8月6日)
・日経225先物用システム(8月10日)
・システムの評価(1)(8月11日)
・システムの評価(2)(8月12日)

時価総額のお話
・理系的視点(7月6日)
・時価総額の法則(7月9日)
・時価総額の法則〜注意点〜(7月11日)
・時価総額の法則〜銀行株編〜(7月13日)
・時価総額の法則〜証券業編〜(7月14日)
・時価総額の法則〜電力株編〜(7月21日)
・時価総額の法則〜最終回〜(8月3日)


★マーク=おすすめ記事となっております♪

画面がうまく表示されない場合は、ウインドウを最大化してご覧くださいm_ _m

2005年04月30日

売り買いのタイミング(その2) byヤス

たぶん世の中には、数多くの機械的売買手法があります。(知らないけど^^;)
最もシンプルなやつは、買ったときに損切りラインと利食いラインを決めておくというやり方でしょう。
一般にこのやり方だと、損切りラインは小さく、利食いラインは大きく設定しておくのが良いとされています。

例えば、損切りライン5%、利食いライン30%にしたとします。
100円で買った株が95円以下になればすぐに売って損切り、それ以外であれば130円以上にならないかぎりずっとホールド。
まあこれはわかりやすいですね。
中には、少々損してもナンピンして利を出していこうとする手法もあるみたいですが、資金が少ない人には無理です。

ともかく、こうした方法は
人の心理的弱さを補うという利点がある
と思います。

買った株が、2週間足らずで20%くらい値上がりしたとします。この時点でおそらくほとんどの人は、その値上がりしていく株価をほくそえみながら眺め、
「今売ったらいくらの儲けになるだろうか?」
なんて考えちゃうでしょう^^

大小は別として、幸福そのものです^^

しかし、その幸福はすぐに消え去ることになります。
株価は当初の勢いを失い、やがて1ヶ月後には10%下降(買ったときからは10%の上昇)したとします。
こういう経験、株をやったことのある人なら誰でもあるでしょう。
「やべーなあ。」
「このままだと利益どころか、下手したら損してしまうかも。」
「ここで売るべきか? あの時売っておけば、今の2倍の利益だったのに‥」

毎日株価を眺めて、幸福感に浸っていた時間はあっという間に過ぎ去り、とたんにあせりと迷いが生まれてきます。

迷ったあげく、その株を半年ホールドし続け、結局利益はわずか5%くらい。または、あせって売ったけど、その後株価は再び上昇してしまう。このようなちぐはぐな行動をとってしまいがちです。

じゃあどうすべきか?

その答えの1つは、
あらかじめルールを決めておく!
ということじゃないのかと思います。
別の言い方をすれば、株を買った時点ですでに今後の予定を考えておくということです。
この株が、もし1ヶ月の間に20%以上値上がりしたら、すぐに売ることにする。そういうルールを自分に課すということです。

注意しなければいけないのは、決めたルールに従い売り買いをした結果、もし損をしたとしても

絶対に後悔してはいけない

ということです。

誤解を招くかもしれないので、正確に言い直すと、

ルールに従ったということを絶対に後悔してはいけない

ということです。
仮に反省すべき点があるとするなら、そのルールそのものであって、ルールに従うという行動ではないのです!

まわりくどい言い方になってしまうかもしれないので、私の考える結論を先に言います。

まず信用できるルールを作ること

このルールは、他人の情報を当てにして作るということも可能ですが、できれば自分で考えて作った方がいいでしょう。
ただ、自分のカンに頼るというのはダメです^^;
私の場合、頼るべきは、数字です^^

なんか、抽象的な話になってきたので、具体的な話を次回に^^

   応援クリックお願いします♪
posted by ヤス&NANA at 00:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 機械的売買 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/3225699

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。