Contents

はじめに
・夫の自己紹介1(4月6日)
・夫の自己紹介3(4月10日)
・妻のきっかけ(4月7日)



・夫の自己紹介2(4月8日)
・夫の自己紹介4(4月12日)
・株式投資・解析A(6月25日)
ファンダメンタルズ
★専門用語解説(4月14日)
・機械的ファンダメンタルズ
分析のすすめ(4月17日)

・ヤスのファンダメンタルズ
分析(4月19日)

・銘柄分析1(4月22日)
・銘柄分析2(5月10日)
・銘柄分析3(5月23日)
・銘柄分析4前編(6月13日)
・銘柄分析4後編(6月14日)
・銘柄分析5(6月24日)
・業種別PER(7月1日)
・銘柄分析6(7月20日)
・銘柄分析7前編(8月24日)
・銘柄分析7後編(8月25日)

雑記&プチ情報
・株の本(4月10日)
・バーチャル取引のすすめ(4月23日)
★5万円で買える株(4月26日)
★10万以下で買える株1(5月7日)
・お知らせ(5月9日)
・アクセス解析(5月14日)
・シチズン時計(5月17日)
・ハルウララ(5月22日)
・伸びる会社(5月24日)
・買いたい病(5月25日)
・マースエンジニアリング(5月27日)
★約定初体験(6月2日)
・いい本ねーかな?(6月6日)
★リンク集その1(6月10日)
★10万円以下で買える株2(6月19日)
・株の本選びなら(6月23日)
・しょぼい先物勧誘資料(7月2日)
・リンク集その2(7月5日)
・20万円以下で買える株(7月16日)
・株価と気温(7月27日)
・最新決算情報をお手軽に♪(8月2日)
・郵政民営化否決を受けて(8月8日)
システム売買
・売り買いのタイミングその1(4月27日)
・売り買いのタイミングその2(4月30日)
★売り買いのタイミングその3(5月1日)
・FFモデル適用例(5月3日)
・追加検証スタート(5月5日)
・ゴールデンクロス買いの有効性(5月8日)
・新規シグナル(5月12日)
・ランダム買い(5月15日)
・今日のシグナル(5月18日)
・20日間の最安値(5月20日)
・タートルズ(5月21日)
★テクニカルってどないやねん?(5月28日)
・新トレーディングシステム(5月30日)
・今日のシグナル(5月30日)
・今日のシグナル(5月31日)
★デイトレードシステム再考(6月3日)
・システム構築の難しさ(6月8日)
★テクニカルをどこまで信じる?(6月17日)
・どうする?WNF証券(6月29日)
・FFモデル途中経過(7月18日)
・テクニカル指標〜RSI〜(7月25日)
・RSI続き(7月26日)
・RSIを使って自動売買(7月30日)
・短期トレーディングシステムの実践(8月6日)
・日経225先物用システム(8月10日)
・システムの評価(1)(8月11日)
・システムの評価(2)(8月12日)

時価総額のお話
・理系的視点(7月6日)
・時価総額の法則(7月9日)
・時価総額の法則〜注意点〜(7月11日)
・時価総額の法則〜銀行株編〜(7月13日)
・時価総額の法則〜証券業編〜(7月14日)
・時価総額の法則〜電力株編〜(7月21日)
・時価総額の法則〜最終回〜(8月3日)


★マーク=おすすめ記事となっております♪

画面がうまく表示されない場合は、ウインドウを最大化してご覧くださいm_ _m

2005年04月22日

銘柄分析1byヤス

今日は、ヤス流のファンダメンタルズ分析の実践例を紹介します。

私の場合、良さそうな会社に目を付ける始まりは、四季報からです。
言い忘れてましたが、株を始めるにあたって四季報を買ってみました。
CD−ROM版ではありません‥。
株をやる者として、四季報を読むという経験は決して無駄にも損にもならないだろうと思ったからです。
暇なときや寝る前にパラパラめくっているとなかなか面白いですよ。

その中で目に留まったのが、

銘柄:富士通デバイス(7582)です。

Infoseekマネーで調べてみると、2004年度の
PERは9.73倍、ROE=11.29とあります。
いい感じです^^
株主資本比率が27.1%と低いのは気になりますが、有利子負債はゼロです。

次にYahooファイナンスで時価総額を調べてみると、4月19日現在28,661百万円でした。

再び、Infoseekマネーに戻り、企業レポートから会社のHPに跳びます。
平成17年度3月期 第3四半期財務・業務の概況というファイルを開くと、昨年度の営業キャッシュフローが約8,000百万円とあります。今年度の額は明記されておりませんが、今年度の4月から12月分までの額が昨年度とあまり変わらないことから、今年度も同じくらいのキャッシュフローがあると考えて良さそうです。
すると、PCFRはPCFR=(時価総額)÷(営業キャッシュフロー)=28,661÷8,000=3.6倍です! これはかなりいいです! かなり金持ってます^^

興奮しながら清算(解散)価値=(流動資産−負債合計+投資有価証券)を調べてみると、まず流動資産が約97,000百万円と総資産の97%を占めていることに驚かされます。投資有価証券は書かれていない場合、無視します。もしあったとしても無視できるほど小額でしょう。負債合計は、約70,000百万円なので、計算するとこの会社の清算価値は

97,000百万−70,000百万=27,000百万円

となります。

富士通デバイス.JPG

この数字が意味することは、仮にこの会社を丸ごと買い(会社の株をすべて買い)、それをすぐに解体して売り払ったとすると、27,000百万円が返ってくるということです。会社の株をすべて買うのにかかるお金は時価総額に当たるわけですから、28,661百万円です。

よく考えてみてください。この会社の当期利益は少なくとも約3,000百万円です。
この会社を丸ごと買い、1年経営した後、解体して売り払うと(現実としてはあまり考えられない話ですが)、

−28,661+3,000+27,000=1,339

約13億円の儲けです!!

やばいです!!^^;


まとめると次のような感じになります。

富士通デバイス(7582)
PER ◎ PCFR ◎ ROE △ ROD ◎ 株主資本比率 △ or × 清算価値 ◎

ただこの会社、指標的には十分合格なんですが、富士通が保有率66%以上の大株主であることが気になります。


 応援クリックお願いします^^
posted by ヤス&NANA at 01:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 銘柄分析 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/3088491

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。