Contents

はじめに
・夫の自己紹介1(4月6日)
・夫の自己紹介3(4月10日)
・妻のきっかけ(4月7日)



・夫の自己紹介2(4月8日)
・夫の自己紹介4(4月12日)
・株式投資・解析A(6月25日)
ファンダメンタルズ
★専門用語解説(4月14日)
・機械的ファンダメンタルズ
分析のすすめ(4月17日)

・ヤスのファンダメンタルズ
分析(4月19日)

・銘柄分析1(4月22日)
・銘柄分析2(5月10日)
・銘柄分析3(5月23日)
・銘柄分析4前編(6月13日)
・銘柄分析4後編(6月14日)
・銘柄分析5(6月24日)
・業種別PER(7月1日)
・銘柄分析6(7月20日)
・銘柄分析7前編(8月24日)
・銘柄分析7後編(8月25日)

雑記&プチ情報
・株の本(4月10日)
・バーチャル取引のすすめ(4月23日)
★5万円で買える株(4月26日)
★10万以下で買える株1(5月7日)
・お知らせ(5月9日)
・アクセス解析(5月14日)
・シチズン時計(5月17日)
・ハルウララ(5月22日)
・伸びる会社(5月24日)
・買いたい病(5月25日)
・マースエンジニアリング(5月27日)
★約定初体験(6月2日)
・いい本ねーかな?(6月6日)
★リンク集その1(6月10日)
★10万円以下で買える株2(6月19日)
・株の本選びなら(6月23日)
・しょぼい先物勧誘資料(7月2日)
・リンク集その2(7月5日)
・20万円以下で買える株(7月16日)
・株価と気温(7月27日)
・最新決算情報をお手軽に♪(8月2日)
・郵政民営化否決を受けて(8月8日)
システム売買
・売り買いのタイミングその1(4月27日)
・売り買いのタイミングその2(4月30日)
★売り買いのタイミングその3(5月1日)
・FFモデル適用例(5月3日)
・追加検証スタート(5月5日)
・ゴールデンクロス買いの有効性(5月8日)
・新規シグナル(5月12日)
・ランダム買い(5月15日)
・今日のシグナル(5月18日)
・20日間の最安値(5月20日)
・タートルズ(5月21日)
★テクニカルってどないやねん?(5月28日)
・新トレーディングシステム(5月30日)
・今日のシグナル(5月30日)
・今日のシグナル(5月31日)
★デイトレードシステム再考(6月3日)
・システム構築の難しさ(6月8日)
★テクニカルをどこまで信じる?(6月17日)
・どうする?WNF証券(6月29日)
・FFモデル途中経過(7月18日)
・テクニカル指標〜RSI〜(7月25日)
・RSI続き(7月26日)
・RSIを使って自動売買(7月30日)
・短期トレーディングシステムの実践(8月6日)
・日経225先物用システム(8月10日)
・システムの評価(1)(8月11日)
・システムの評価(2)(8月12日)

時価総額のお話
・理系的視点(7月6日)
・時価総額の法則(7月9日)
・時価総額の法則〜注意点〜(7月11日)
・時価総額の法則〜銀行株編〜(7月13日)
・時価総額の法則〜証券業編〜(7月14日)
・時価総額の法則〜電力株編〜(7月21日)
・時価総額の法則〜最終回〜(8月3日)


★マーク=おすすめ記事となっております♪

画面がうまく表示されない場合は、ウインドウを最大化してご覧くださいm_ _m

2005年04月19日

ヤスのファンダメンタルズ分析

前にも紹介した通り、私は
1.PER<10〜15
2.PCFR<10
3.ROE=6〜15
4.ROD>0.5
5.株主資本比率>40
6.(流動資産−負債合計+投資有価証券)×2 >(時価総額)

の6つ条件で、その企業の株価と財務状態をチェックしています。

今日は、私が特に重視している1,2,5,6の調べ方を紹介します。
だいたいは、インターネットで調べることができますが、会社四季報があればより楽です。


1 PER  5 株主資本比率

PERには前年度の利益から計算されるものと、今年度や来年度の予想PERなどがあります。
前年度のPERであれば、
(1)Infoseekマネーというサイトに行き、
(2)知りたい会社の会社名or証券コードを打ち込みます。
(3)「企業レポート」というコーナーに行けば、
   PERと株主資本比率がいくらか書いてあります。

予想PERを知りたいのであれば、会社四季報を読むのが1番わかりやすいです。ネットでも調べることができると思いますが、現在調べ方を調査中です。

2 PCFR

キャッシュフローについての指標であるPCFRは、PERに比べマイナーで調べづらいという欠点がありますが、私はPERよりも信用しています。

(1)EDINETという金融庁のサイトに行き、
(2)「内国会社」を選択し、50音検索で知りたい会社名を見つける
   (クリックする)。
(3)提出書類一覧の中から有価証券報告書を探して、開く。
(4)左側に表示されるフレームをスクロールして、
  「キャッシュフロー」という言葉が出てきたらそれをクリック。
(5)当期(今であれば平成16年度)の営業キャッシュフローをチェックする。
   このとき、できれば前年度の営業キャッシュフローもチェックした方が良い
   です。(今年度のキャッシュフロー額がたまたまのものであるのかどうかを
   チェックするため。)
(6)時価総額を今調べた営業キャッシュフローで割ればPCFRが求まります。
   概算でOKです。(時価総額の調べ方は、以下を見てください。)

6 時価総額と清算(解散)価値=(流動資産−負債合計+投資有価証券)

時価総額を調べるのは簡単です。
(1)Yahooファイナンスに行き、
(2)知りたい会社の会社名or証券コードを打ち込みます。
(3)「チャート」をクリックすれば、表の右上に
   表示されている時価総額が見つけられると思います。

清算価値を調べるのは少し大変です。私は、だいたい以下のような2つの方法の内どちらかをとっています。

方法1:
(1)Infoseekマネーに行き、
(2)知りたい会社の会社名or証券コードを打ち込みます。
(3)「企業レポート」というコーナーに行けば、
   その会社のHPへのリンクが張られているので、そこへ行きます。
(4)最近、ほとんどの会社のHPには「IR情報」とか
   「株主の皆様へ」というコーナーを設けていますので、
   そのコーナーに行き、最新の決算報告書or決算短信
   を開いて見ることができます。

方法2:
(1)EDINETに行き、
(2)「内国会社」を選択し、50音検索で知りたい会社名を見つける(クリックする)。
(3)提出書類一覧の中から決算報告書or決算短信を探して、開く。

どちらの方法でも構いません。要は、決算報告書に書かれている貸借対照表というやつを見ることができればOK。
この貸借対照表に書かれている流動資産、負債合計、投資有価証券の金額をメモすればいいだけです。
posted by ヤス&NANA at 22:47| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

有価証券
Excerpt: 有価証券有価証券(ゆうかしょうけん)とは私法上の権利(財産権)を表章する証券であって、それによって表章される権利の移転または行使が証券の授受によってなされるもの(証券の占有を必要とするもの)をいう。各..
Weblog: 有価証券---辞典
Tracked: 2005-05-13 21:00
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。