Contents

はじめに
・夫の自己紹介1(4月6日)
・夫の自己紹介3(4月10日)
・妻のきっかけ(4月7日)



・夫の自己紹介2(4月8日)
・夫の自己紹介4(4月12日)
・株式投資・解析A(6月25日)
ファンダメンタルズ
★専門用語解説(4月14日)
・機械的ファンダメンタルズ
分析のすすめ(4月17日)

・ヤスのファンダメンタルズ
分析(4月19日)

・銘柄分析1(4月22日)
・銘柄分析2(5月10日)
・銘柄分析3(5月23日)
・銘柄分析4前編(6月13日)
・銘柄分析4後編(6月14日)
・銘柄分析5(6月24日)
・業種別PER(7月1日)
・銘柄分析6(7月20日)
・銘柄分析7前編(8月24日)
・銘柄分析7後編(8月25日)

雑記&プチ情報
・株の本(4月10日)
・バーチャル取引のすすめ(4月23日)
★5万円で買える株(4月26日)
★10万以下で買える株1(5月7日)
・お知らせ(5月9日)
・アクセス解析(5月14日)
・シチズン時計(5月17日)
・ハルウララ(5月22日)
・伸びる会社(5月24日)
・買いたい病(5月25日)
・マースエンジニアリング(5月27日)
★約定初体験(6月2日)
・いい本ねーかな?(6月6日)
★リンク集その1(6月10日)
★10万円以下で買える株2(6月19日)
・株の本選びなら(6月23日)
・しょぼい先物勧誘資料(7月2日)
・リンク集その2(7月5日)
・20万円以下で買える株(7月16日)
・株価と気温(7月27日)
・最新決算情報をお手軽に♪(8月2日)
・郵政民営化否決を受けて(8月8日)
システム売買
・売り買いのタイミングその1(4月27日)
・売り買いのタイミングその2(4月30日)
★売り買いのタイミングその3(5月1日)
・FFモデル適用例(5月3日)
・追加検証スタート(5月5日)
・ゴールデンクロス買いの有効性(5月8日)
・新規シグナル(5月12日)
・ランダム買い(5月15日)
・今日のシグナル(5月18日)
・20日間の最安値(5月20日)
・タートルズ(5月21日)
★テクニカルってどないやねん?(5月28日)
・新トレーディングシステム(5月30日)
・今日のシグナル(5月30日)
・今日のシグナル(5月31日)
★デイトレードシステム再考(6月3日)
・システム構築の難しさ(6月8日)
★テクニカルをどこまで信じる?(6月17日)
・どうする?WNF証券(6月29日)
・FFモデル途中経過(7月18日)
・テクニカル指標〜RSI〜(7月25日)
・RSI続き(7月26日)
・RSIを使って自動売買(7月30日)
・短期トレーディングシステムの実践(8月6日)
・日経225先物用システム(8月10日)
・システムの評価(1)(8月11日)
・システムの評価(2)(8月12日)

時価総額のお話
・理系的視点(7月6日)
・時価総額の法則(7月9日)
・時価総額の法則〜注意点〜(7月11日)
・時価総額の法則〜銀行株編〜(7月13日)
・時価総額の法則〜証券業編〜(7月14日)
・時価総額の法則〜電力株編〜(7月21日)
・時価総額の法則〜最終回〜(8月3日)


★マーク=おすすめ記事となっております♪

画面がうまく表示されない場合は、ウインドウを最大化してご覧くださいm_ _m

2005年04月17日

機械的ファンダメンタルズ分析のすすめ

バリュー投資に欠かせないのが、企業の財務状態の分析(ファンダメンタルズ分析)です。
この分析を行う際、必要な情報として、PERやROEなどに代表される指標、会社の決算報告書
などがあります。

なんか、むずかしいそう‥ですね^^;
私もそれらの専門用語を完全に理解しているわけではありません。
しかし!
完全に理解しなくても、大丈夫なんです!
こんなことを言うと、きちんと財務分析を行ってられる他のバリュー投資家さんたちに怒られそうですが、初心者の方のうちは、
やり方だけ丸覚えするだけでOK!
だと思います。


私は、いろんなバリュー投資家の方のHPを参考にして、以下のような自分流にアレンジした条件でその会社の「バリュー度合い」を見積もることにしています。

1.PER<10〜15
2.PCFR<10
3.ROE=6〜15
4.ROD>0.5
5.株主資本比率>40
6.(流動資産−負債合計+投資有価証券)×2 >(時価総額)

これらの条件は、他のHPで紹介されているものよりも少し甘めにしております。
これらの指数の詳しい説明は、専門用語へ。
もちろん、以前に紹介したサイト、「J_Coeffeeの株式投資」「EBIのすすめ」の方がより詳しく書かれております。

簡単に分類すると、
・利益に関するもの:PER
・利益と借金のバランスに関するもの:
  ROD、ROE、(流動資産−負債合計+投資有価証券)
・キャッシュフローに関するもの:PCFR

何度も言うようですが、ファンダメンタルズ分析は決して
むずかしくありません!
インターネットを使えば、これら6つの項目を
5分で調べることができます。

さて、肝心の調べ方は、次回に‥。
posted by ヤス&NANA at 00:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。