Contents

はじめに
・夫の自己紹介1(4月6日)
・夫の自己紹介3(4月10日)
・妻のきっかけ(4月7日)



・夫の自己紹介2(4月8日)
・夫の自己紹介4(4月12日)
・株式投資・解析A(6月25日)
ファンダメンタルズ
★専門用語解説(4月14日)
・機械的ファンダメンタルズ
分析のすすめ(4月17日)

・ヤスのファンダメンタルズ
分析(4月19日)

・銘柄分析1(4月22日)
・銘柄分析2(5月10日)
・銘柄分析3(5月23日)
・銘柄分析4前編(6月13日)
・銘柄分析4後編(6月14日)
・銘柄分析5(6月24日)
・業種別PER(7月1日)
・銘柄分析6(7月20日)
・銘柄分析7前編(8月24日)
・銘柄分析7後編(8月25日)

雑記&プチ情報
・株の本(4月10日)
・バーチャル取引のすすめ(4月23日)
★5万円で買える株(4月26日)
★10万以下で買える株1(5月7日)
・お知らせ(5月9日)
・アクセス解析(5月14日)
・シチズン時計(5月17日)
・ハルウララ(5月22日)
・伸びる会社(5月24日)
・買いたい病(5月25日)
・マースエンジニアリング(5月27日)
★約定初体験(6月2日)
・いい本ねーかな?(6月6日)
★リンク集その1(6月10日)
★10万円以下で買える株2(6月19日)
・株の本選びなら(6月23日)
・しょぼい先物勧誘資料(7月2日)
・リンク集その2(7月5日)
・20万円以下で買える株(7月16日)
・株価と気温(7月27日)
・最新決算情報をお手軽に♪(8月2日)
・郵政民営化否決を受けて(8月8日)
システム売買
・売り買いのタイミングその1(4月27日)
・売り買いのタイミングその2(4月30日)
★売り買いのタイミングその3(5月1日)
・FFモデル適用例(5月3日)
・追加検証スタート(5月5日)
・ゴールデンクロス買いの有効性(5月8日)
・新規シグナル(5月12日)
・ランダム買い(5月15日)
・今日のシグナル(5月18日)
・20日間の最安値(5月20日)
・タートルズ(5月21日)
★テクニカルってどないやねん?(5月28日)
・新トレーディングシステム(5月30日)
・今日のシグナル(5月30日)
・今日のシグナル(5月31日)
★デイトレードシステム再考(6月3日)
・システム構築の難しさ(6月8日)
★テクニカルをどこまで信じる?(6月17日)
・どうする?WNF証券(6月29日)
・FFモデル途中経過(7月18日)
・テクニカル指標〜RSI〜(7月25日)
・RSI続き(7月26日)
・RSIを使って自動売買(7月30日)
・短期トレーディングシステムの実践(8月6日)
・日経225先物用システム(8月10日)
・システムの評価(1)(8月11日)
・システムの評価(2)(8月12日)

時価総額のお話
・理系的視点(7月6日)
・時価総額の法則(7月9日)
・時価総額の法則〜注意点〜(7月11日)
・時価総額の法則〜銀行株編〜(7月13日)
・時価総額の法則〜証券業編〜(7月14日)
・時価総額の法則〜電力株編〜(7月21日)
・時価総額の法則〜最終回〜(8月3日)


★マーク=おすすめ記事となっております♪

画面がうまく表示されない場合は、ウインドウを最大化してご覧くださいm_ _m

2005年04月14日

用語解説 byヤス

ファンダメンタルズ分析には、様々な専門用語が出てきます。
以下に挙げている用語、わからん!という人は、読み飛ばしてもらって結構です。
最初のうちは、知らなくても全く問題ありません^^;
また、私自身も勉強中なので間違っている部分もあるかもしれませんヾ(゚∇゚;)
ご了承ください。


時価総額:

      時価総額=(株価)×(発行枚数)

会社の値段(価格)みたいなもの。ライブドアvsニッポン放送でご存知のように、その会社の総株数の過半数を買い占めれば、その会社を(ほぼ完全に)手に入れることができるということからもわかるかと思います。注意しなければいけないのは、時価総額は、あくまでも会社の価格であって、必ずしも会社の価値ではないかもしれないということです。

日常生活を例に出すとすると、価格100円のパンを買うか買わないかは、その人が
100円払ってでも、そのパンが欲しいかどうか
ということで決まるということです。
100円という値段が妥当だと考えるということは、その人が
「パンの価値は100円くらいだな。」
と思っているということです。
「このパンが100円って、高すぎだよ!」
って思っているなら、(パンの価値は100円より小さいと思うなら)
パンを買わないでしょう。
つまり100円のパンは、あくまで100円という価格であって、人によっては(例えばパンが嫌いな人)「100円の価値があるパン」ではないということです。


PER:

   PER=(株価)/(1株当りの当期利益)
   PER=(時価総額)/(当期利益)

「会社が、現在(今年)と同じ利益を上げ続けた場合、
会社は、何年でその会社の現在の価格(時価総額)を稼げるか?」


というもの。
PERが小さいほど、割安。
PER=10なら、「時価総額分の稼ぎまで10年」という感じ。
  
注1)実際、株を買うときの判断には来期以降の予想PERを使うことが多い。
注2)一般に、成長いちじるしい会社は、その利益も年と共に大きく増加するのでPER=30とかでも、実際には5年くらいで時価総額分の利益を上げたりする。


PCFR:

   PCFR=(株価)/(1株当りの営業キャッシュフロー)
   PCFR=(時価総額)/(営業キャッシュフロー)

PERと似ているけど、キャッシュフローは故意に利益を大きく見せたりするような会計操作の影響を受けづらいので、利益を使うPERに比べ、より信用できる指標です。


ROE:

   ROE=(当期利益)/(株主資本)

会社は、投資家からの出資金(株主資本)と銀行などからの借金を合わせたお金(総資産)で、事業を行い利益を上げています。ROEは、投資したお金の何%を利益としてその会社が1年に上げているかという指標です。借金が少なくROE〜12くらいなら、その会社はぼろ儲けという感じで覚えています。
   
注1)借金の額が大きくなると、ROEも大きくなる可能性があるので、一概に大きければ良いというものではない。(借金が少ない場合に有効)
注2)ちなみに総資産の内に占める株主資本の割合を株主資本比率という。


ROD:

   ROD=(経常利益)/(負債)

借金の額は、会社の規模が変われば当然変わります。同じ1億の借金でも、年間1億稼ぐ会社なら、すぐにでもチャラにすることが可能ですが、年間100万しか稼がない会社にとっては命取りになりかねません。RODは、借金の額がその会社の稼ぎと比べてささいなものかどうかを測る指標の1つです。


清算価値:

   清算価値=(流動資産−負債合計+投資有価証券)

グレアムという人が考えた会社の価値
なんでこんな式になるかはわからないけど、この清算価値と時価総額(価格)を比較することで
その株価(価格)が、本当の価値に比べて安いか高いか
ということがわかる。 ‥‥らしい^^;
posted by ヤス&NANA at 00:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 専門用語解説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/2945959

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。