Contents

はじめに
・夫の自己紹介1(4月6日)
・夫の自己紹介3(4月10日)
・妻のきっかけ(4月7日)



・夫の自己紹介2(4月8日)
・夫の自己紹介4(4月12日)
・株式投資・解析A(6月25日)
ファンダメンタルズ
★専門用語解説(4月14日)
・機械的ファンダメンタルズ
分析のすすめ(4月17日)

・ヤスのファンダメンタルズ
分析(4月19日)

・銘柄分析1(4月22日)
・銘柄分析2(5月10日)
・銘柄分析3(5月23日)
・銘柄分析4前編(6月13日)
・銘柄分析4後編(6月14日)
・銘柄分析5(6月24日)
・業種別PER(7月1日)
・銘柄分析6(7月20日)
・銘柄分析7前編(8月24日)
・銘柄分析7後編(8月25日)

雑記&プチ情報
・株の本(4月10日)
・バーチャル取引のすすめ(4月23日)
★5万円で買える株(4月26日)
★10万以下で買える株1(5月7日)
・お知らせ(5月9日)
・アクセス解析(5月14日)
・シチズン時計(5月17日)
・ハルウララ(5月22日)
・伸びる会社(5月24日)
・買いたい病(5月25日)
・マースエンジニアリング(5月27日)
★約定初体験(6月2日)
・いい本ねーかな?(6月6日)
★リンク集その1(6月10日)
★10万円以下で買える株2(6月19日)
・株の本選びなら(6月23日)
・しょぼい先物勧誘資料(7月2日)
・リンク集その2(7月5日)
・20万円以下で買える株(7月16日)
・株価と気温(7月27日)
・最新決算情報をお手軽に♪(8月2日)
・郵政民営化否決を受けて(8月8日)
システム売買
・売り買いのタイミングその1(4月27日)
・売り買いのタイミングその2(4月30日)
★売り買いのタイミングその3(5月1日)
・FFモデル適用例(5月3日)
・追加検証スタート(5月5日)
・ゴールデンクロス買いの有効性(5月8日)
・新規シグナル(5月12日)
・ランダム買い(5月15日)
・今日のシグナル(5月18日)
・20日間の最安値(5月20日)
・タートルズ(5月21日)
★テクニカルってどないやねん?(5月28日)
・新トレーディングシステム(5月30日)
・今日のシグナル(5月30日)
・今日のシグナル(5月31日)
★デイトレードシステム再考(6月3日)
・システム構築の難しさ(6月8日)
★テクニカルをどこまで信じる?(6月17日)
・どうする?WNF証券(6月29日)
・FFモデル途中経過(7月18日)
・テクニカル指標〜RSI〜(7月25日)
・RSI続き(7月26日)
・RSIを使って自動売買(7月30日)
・短期トレーディングシステムの実践(8月6日)
・日経225先物用システム(8月10日)
・システムの評価(1)(8月11日)
・システムの評価(2)(8月12日)

時価総額のお話
・理系的視点(7月6日)
・時価総額の法則(7月9日)
・時価総額の法則〜注意点〜(7月11日)
・時価総額の法則〜銀行株編〜(7月13日)
・時価総額の法則〜証券業編〜(7月14日)
・時価総額の法則〜電力株編〜(7月21日)
・時価総額の法則〜最終回〜(8月3日)


★マーク=おすすめ記事となっております♪

画面がうまく表示されない場合は、ウインドウを最大化してご覧くださいm_ _m

2005年04月10日

夫の自己紹介[3]

夫の自己紹介[2]の続き

実は、株を始めるにあたって、最初に考えたことは、
「なんとかして、未来の株価を過去の株価の値動きのみから予測したいなあ。」
という何とも恐れ多いことでした^^;
私は、はっきり言って理系の人間です。それも、かなりの。
私も含め、理系の人って、まずモデルを考えるんです。
「かなり複雑な振る舞いを見せる株価も、実は簡単な要因だけで上下しているに過ぎないんじゃねーの?」
「株価って、平均値のまわりを上がったり、下がったりしてるだけでしょ?」

イメージは波!

「だから、波が下がってきたところで、買い、波が上がってきたら売り。簡単だよ。
ただ、その波の高さ(振幅)、長さ(周期)を過去のデータから研究すればいいだけ‥‥。」

なんと楽観的な考えでしょう。
そんなに簡単であれば、みんなやってます‥‥。そしてみんな勝てるはずです。

チャートについて勉強して感じたことは、チャート分析(テクニカル分析)って

全然信用できねえ‥

てこと。

よくチャート分析の本とかに、「ゴールデンクロス」、「三角持ち合い」などの有効性として、
例えばゴールデンクロスが発生した後、株価が急上昇していく事例が示されていますよね?
でも、これってそういうパターンに‘はまったやつ’を都合良く見せてるだけじゃねーの?
もちろん本にもゴールデンクロスを信用しすぎるのは良くないとか書いてあります。
それなら、どれくらい信用してもいいのか言って欲しいです。
せめて、過去のデータから、ゴールデンクロスが発生した後の株価の上昇率くらい載せておいてくれないとダメです。

チャートを勉強したことが、全く無駄だったかと言うと、そうでもありません。
「逆ウォッチ曲線」ってやつは、株価と出来高の関係について言及したもので、素人の私には新鮮でした。
株価変動をきれいな波として捉えるという意味では、「ボリンジャーバンド」(その株価の過去の波の高さみたいなもの)ってやつは、有効かもしれません。
ただ、あくまできれいな波であればの話ですが‥。

これから株を始めようと思う方は、上記のチャートに関する専門用語くらいは一応知っておいても損はないかと思います。ちなみに私は、本なぞ買いませんでした。(本屋でペラペラめくったやつは、さっき言ったようにダメなやつばかり)
すべて「J_Coffeeの株式投資日記」というサイトで勉強しました。非常に勉強になります。
初心者から上級者までOKって感じです。
初心者の方は、まずこのサイトに行き、「株式教室」(フレームの左側をスクロールすると出て来ます)
を見てみるといいでしょう。

さて、株を勉強し始めて1週間くらいたった頃、私は「バリュー投資」というものと出会うことになります。   つづく
posted by ヤス&NANA at 18:59| Comment(2) | TrackBack(1) | ぷろふぃーる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして。
僕も株を勉強して、実際に株を始めたい
と思っています。
このサイトは、初心者(株のことは全く
知りません)の僕にとって、
とっても参考になります。
今日は、少し読ませてもらっただけですが、
じっくりと全部読ませてもらって、勉強
させていただこうと思います。
紹介されている本なども早速購入して
読んでみようと思っています。
Posted by ちくりん at 2005年05月28日 13:01
ちくりんさん
私も勉強中の身なのでえらそーなことは言えませんが、ゆっくりあせらないように勉強していきましょう^^
Posted by ヤス at 2005年05月29日 00:07
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/2883488

この記事へのトラックバック

ためになる文章3
Excerpt: 今まで私が読んだ株式投資関連の本の中で、線を引っ張った文章を紹介していく。...
Weblog: テクニカル投資(IQE)の株式投資ブログ
Tracked: 2005-04-15 00:44
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。