Contents

はじめに
・夫の自己紹介1(4月6日)
・夫の自己紹介3(4月10日)
・妻のきっかけ(4月7日)



・夫の自己紹介2(4月8日)
・夫の自己紹介4(4月12日)
・株式投資・解析A(6月25日)
ファンダメンタルズ
★専門用語解説(4月14日)
・機械的ファンダメンタルズ
分析のすすめ(4月17日)

・ヤスのファンダメンタルズ
分析(4月19日)

・銘柄分析1(4月22日)
・銘柄分析2(5月10日)
・銘柄分析3(5月23日)
・銘柄分析4前編(6月13日)
・銘柄分析4後編(6月14日)
・銘柄分析5(6月24日)
・業種別PER(7月1日)
・銘柄分析6(7月20日)
・銘柄分析7前編(8月24日)
・銘柄分析7後編(8月25日)

雑記&プチ情報
・株の本(4月10日)
・バーチャル取引のすすめ(4月23日)
★5万円で買える株(4月26日)
★10万以下で買える株1(5月7日)
・お知らせ(5月9日)
・アクセス解析(5月14日)
・シチズン時計(5月17日)
・ハルウララ(5月22日)
・伸びる会社(5月24日)
・買いたい病(5月25日)
・マースエンジニアリング(5月27日)
★約定初体験(6月2日)
・いい本ねーかな?(6月6日)
★リンク集その1(6月10日)
★10万円以下で買える株2(6月19日)
・株の本選びなら(6月23日)
・しょぼい先物勧誘資料(7月2日)
・リンク集その2(7月5日)
・20万円以下で買える株(7月16日)
・株価と気温(7月27日)
・最新決算情報をお手軽に♪(8月2日)
・郵政民営化否決を受けて(8月8日)
システム売買
・売り買いのタイミングその1(4月27日)
・売り買いのタイミングその2(4月30日)
★売り買いのタイミングその3(5月1日)
・FFモデル適用例(5月3日)
・追加検証スタート(5月5日)
・ゴールデンクロス買いの有効性(5月8日)
・新規シグナル(5月12日)
・ランダム買い(5月15日)
・今日のシグナル(5月18日)
・20日間の最安値(5月20日)
・タートルズ(5月21日)
★テクニカルってどないやねん?(5月28日)
・新トレーディングシステム(5月30日)
・今日のシグナル(5月30日)
・今日のシグナル(5月31日)
★デイトレードシステム再考(6月3日)
・システム構築の難しさ(6月8日)
★テクニカルをどこまで信じる?(6月17日)
・どうする?WNF証券(6月29日)
・FFモデル途中経過(7月18日)
・テクニカル指標〜RSI〜(7月25日)
・RSI続き(7月26日)
・RSIを使って自動売買(7月30日)
・短期トレーディングシステムの実践(8月6日)
・日経225先物用システム(8月10日)
・システムの評価(1)(8月11日)
・システムの評価(2)(8月12日)

時価総額のお話
・理系的視点(7月6日)
・時価総額の法則(7月9日)
・時価総額の法則〜注意点〜(7月11日)
・時価総額の法則〜銀行株編〜(7月13日)
・時価総額の法則〜証券業編〜(7月14日)
・時価総額の法則〜電力株編〜(7月21日)
・時価総額の法則〜最終回〜(8月3日)


★マーク=おすすめ記事となっております♪

画面がうまく表示されない場合は、ウインドウを最大化してご覧くださいm_ _m

2006年01月29日

今日のシグナル

FFモデルによるシステム売買の新規シグナルを報告します。

  8840 買い

決して推奨銘柄というわけではないのでお間違えないよう^^;

思ってたより日経平均の戻りが早いので少し焦り気味です。
posted by ヤス&NANA at 19:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 機械的売買 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月18日

日経平均急落の理由

まあ理由はなんでもいいんですよ。
あれだけ騰がってきたわけですから、避けては通れないものです。
誤解を招く言い方かもしれませんが、相場が落ちる理由を探してたという感じですか^^;

積み重なった砂山が崩れるときも微小な砂が落ちるだけで全体がガーといきます。
今の時期であれば雪崩現象を思い浮かべてください。
こういう現象って簡単にモデル化できるんですけど、実はそのモデル化を踏まえたエージェント志向のトレーディングシステム、メカニズムを含んだシステムっていうのを作ろうかと思っていたところでした。

きのうの記事で杞憂であれば・・・とも書きましたが、私がメインで使用しているトレーディングシステムの保有銘柄数からしても危ないころだと思っていましたから想定内と言えます。

最後にFFモデルによるシステム売買の新規シグナルを報告します。

  4769 売り
  5903 売り


売値は明日の始値とします。
売り遅れた最後の2銘柄を売り切り、システムもノーポジです。
ふつうこうした突発的な値動きには対応できなそうなシステムですけど、先月くらいから売りまくったおかげで被害は最小限。

明日は反発?
大多数がそう思っているような状況ではまだまだ上がらないとしたものと考えていますが、こればっかりはどうなるかわかりませんね^^;
ほんのちょっとしたことで上にも下にも行く可能性がありますから。
posted by ヤス&NANA at 21:31| Comment(2) | TrackBack(0) | 機械的売買 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月17日

今日のシグナル

FFモデルによるシステム売買の新規シグナルを報告します。

  8263 売り

売値は明日の始値とします。
利確できればいいのですが・・^^;

それにしてもひどい1日でしたね。
この時期はおとなしくしておいた方がいいですよ。
明日上がればいいですけど、空売りするタイミングを今か今かと待ちわびてる人達もいることをお忘れなく。
まあ杞憂であることを祈っています^^;
posted by ヤス&NANA at 22:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 機械的売買 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月15日

今日のシグナル

FFモデルによるシステム売買の新規シグナルを報告します。

  4334 売り
  9644 売り


売値は明日の始値とします。
1つは利確、1つは損切りです。
posted by ヤス&NANA at 17:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 機械的売買 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月06日

今日のシグナル

FFモデルによるシステム売買の新規シグナルを報告します。

  7727 売り

売値は明日の始値とします。
posted by ヤス&NANA at 00:27| Comment(1) | TrackBack(0) | 機械的売買 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月04日

今日のシグナル

FFモデルによるシステム売買の新規シグナルを報告します。

  9644 買い

買値は明日の始値とします。

今まで作ったシステムの総数は10くらいでしょうか。実用に耐えうるのはその中で4つ。
長期投資用(FFモデル)、短期用、日経225先物用、為替デイトレード用ってところです。


システムとはそれを使う人間も含めたものと見なすべきである

                           by Yath (2006)

こういうの1回やってみたかったんで・・^^;
すみません。自己満足でした。
posted by ヤス&NANA at 23:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 機械的売買 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月01日

2005年フォワードテスト結果

あけましておめでとうございます!

昨年4月28日から行ってるFFモデルによるシステム売買のフォワードテスト経過をまとめておきます。

今年損益.JPG

相場が強くTopixと比べると見劣りしてしまうパフォーマンスですけど、このトレーディングシステムの恩恵を受けている私の印象としては、限られた銘柄でまずまずがんばっているんじゃないんでしょうか?

黄色が損益+10%以上を達成した銘柄、水色は現在ホールド中の銘柄です。
この1ヶ月で保有銘柄数が激減しているのは要注意です。
posted by ヤス&NANA at 20:53| Comment(0) | TrackBack(2) | 機械的売買 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。