Contents

はじめに
・夫の自己紹介1(4月6日)
・夫の自己紹介3(4月10日)
・妻のきっかけ(4月7日)



・夫の自己紹介2(4月8日)
・夫の自己紹介4(4月12日)
・株式投資・解析A(6月25日)
ファンダメンタルズ
★専門用語解説(4月14日)
・機械的ファンダメンタルズ
分析のすすめ(4月17日)

・ヤスのファンダメンタルズ
分析(4月19日)

・銘柄分析1(4月22日)
・銘柄分析2(5月10日)
・銘柄分析3(5月23日)
・銘柄分析4前編(6月13日)
・銘柄分析4後編(6月14日)
・銘柄分析5(6月24日)
・業種別PER(7月1日)
・銘柄分析6(7月20日)
・銘柄分析7前編(8月24日)
・銘柄分析7後編(8月25日)

雑記&プチ情報
・株の本(4月10日)
・バーチャル取引のすすめ(4月23日)
★5万円で買える株(4月26日)
★10万以下で買える株1(5月7日)
・お知らせ(5月9日)
・アクセス解析(5月14日)
・シチズン時計(5月17日)
・ハルウララ(5月22日)
・伸びる会社(5月24日)
・買いたい病(5月25日)
・マースエンジニアリング(5月27日)
★約定初体験(6月2日)
・いい本ねーかな?(6月6日)
★リンク集その1(6月10日)
★10万円以下で買える株2(6月19日)
・株の本選びなら(6月23日)
・しょぼい先物勧誘資料(7月2日)
・リンク集その2(7月5日)
・20万円以下で買える株(7月16日)
・株価と気温(7月27日)
・最新決算情報をお手軽に♪(8月2日)
・郵政民営化否決を受けて(8月8日)
システム売買
・売り買いのタイミングその1(4月27日)
・売り買いのタイミングその2(4月30日)
★売り買いのタイミングその3(5月1日)
・FFモデル適用例(5月3日)
・追加検証スタート(5月5日)
・ゴールデンクロス買いの有効性(5月8日)
・新規シグナル(5月12日)
・ランダム買い(5月15日)
・今日のシグナル(5月18日)
・20日間の最安値(5月20日)
・タートルズ(5月21日)
★テクニカルってどないやねん?(5月28日)
・新トレーディングシステム(5月30日)
・今日のシグナル(5月30日)
・今日のシグナル(5月31日)
★デイトレードシステム再考(6月3日)
・システム構築の難しさ(6月8日)
★テクニカルをどこまで信じる?(6月17日)
・どうする?WNF証券(6月29日)
・FFモデル途中経過(7月18日)
・テクニカル指標〜RSI〜(7月25日)
・RSI続き(7月26日)
・RSIを使って自動売買(7月30日)
・短期トレーディングシステムの実践(8月6日)
・日経225先物用システム(8月10日)
・システムの評価(1)(8月11日)
・システムの評価(2)(8月12日)

時価総額のお話
・理系的視点(7月6日)
・時価総額の法則(7月9日)
・時価総額の法則〜注意点〜(7月11日)
・時価総額の法則〜銀行株編〜(7月13日)
・時価総額の法則〜証券業編〜(7月14日)
・時価総額の法則〜電力株編〜(7月21日)
・時価総額の法則〜最終回〜(8月3日)


★マーク=おすすめ記事となっております♪

画面がうまく表示されない場合は、ウインドウを最大化してご覧くださいm_ _m

2005年09月30日

半年間の勉強

いやあ日経平均強いっすね〜^^;
この1週間、全体としては相変わらずの強さと言えるでしょう。

ただ言われているのが、新興から東証1部の大型株へ資金がシフトしているという現象です。上げている株と下げている株、確かにはっきり分かれているように思います。
これってどういうことなんでしょう?
思えば4、5月に底を打った日経平均、新興から火が付き、7月8月とかなり上げてきて、今月は大型株の番。ダイエーなんて今3,000円を超えるのは時間の問題という感じです。
ちょっと前まで1,700円台だったことを考えるとすごいことですね。

初心者の率直な疑問としては、なんで「資金のシフト」みたいな現象が起こるのかってことなんです。買う株を選ぶときに、
「これは新興だからやめとこっ」
といったような選別は考えたことはなかったんですけどね。


さて、ブログを立ち上げてからほぼ半年たつわけですが、これまで様々な投資法を検証してきました。

「テクニカルなんて全然信用できねえ・・」
と言い放ち、バリュー投資を勉強し始めた傍ら、
「テクニカルがどれくらい信用できないものなのかということを定量的に分析してやる!」
と例えばゴールデンクロス買いの有効性などを調べたこともありました。
そうこうしてるうちに、トレーディングシステム作りにハマッてしまい、ミイラ取りがミイラの状態^^;

一見矛盾したことをやってるようにも見えますが、基本的には機械的、かっこよく言えば(笑)システマティックな投資を模索しているんですよね。
だから、ファンダメンタルズ分析もできるだけ定量的にやろうと思っているのです。

また、一時期「時価総額の法則」という独自の仮説を立て、その検証も試みたことがありました。これは全く反響がなかったのですぐに打ち切り^^; 

とまあこの半年の流れをざっと振り返ってみたわけですが、正直いまは、これからファンダとテクニカル、どういう割合で重視していこうかすごくゆれているところです^^;


これまで当ブログをご贔屓にしてくださった方も、はじめての方も応援よろしくお願いします^^
  → 人気ブログランキング or カブログランキング
posted by ヤス&NANA at 21:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月26日

今日のシグナル

FFモデルによるシステム売買の新規シグナルを報告します。

  8908 買い

買値は明日の始値とします。
推奨銘柄というわけではないのでご注意を^^;

最近の記事、「今日のシグナル」か「先週のパフォーマンス」になってますね^^;
個人的な都合を云々言いたくないのですが、しばらくはご勘弁ください。

あっ、それから「ロケット工学投資法」の本、買ったはいいけど内容がよくわからんという方、私のわかる範囲であれば質問にお答えすることができます。

コメント欄でもいいのですが、できればメールにてお伺いします。

mailad.JPG
お手数ですが、上のアドレスを打ち込んでください。
注)@の前はゼロゼロですのでお間違えないよう^^;

posted by ヤス&NANA at 20:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 機械的売買 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月25日

先週のパフォーマンス

長い間更新ができなくてすみません。
突然身内に不幸があったため、実家に帰っておりました。

とりあえずいつもの「先週のパフォーマンス」を載せておきます。

毎週損益13.JPG

ちょっと勢いにかげりが見え始めたかな?と思っていた10万以下で買える株(ファンダメンタル派)ですが、四季報が発売されたのも関係してるのでしょうか、再度じわじわ上昇中です。
posted by ヤス&NANA at 14:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月19日

今日のシグナル

FFモデルによるシステム売買の新規シグナルを報告します。

  8840 買い

買値は明日の始値とします。
推奨銘柄というわけではないのでご注意を^^;


最近動向が気になる銘柄→ダイエー(8263) ファースト住建(8917)
posted by ヤス&NANA at 20:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 機械的売買 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月17日

先週のパフォーマンス

当ブログでは、毎週末に、FFモデルを使ったシステム売買の仮想パフォーマンスを載せております。 
また同時に、13週間前に紹介した「10万円以下で買える財務状態の良好な15銘柄」をずっとホールドし続けた場合の仮想損益も集計しています。

システム売買(テクニカル)とファンダメンタル、どちらが勝つのかという感じでお楽しみください。

毎週損益12.JPG

相場の助けもあるのでしょうか、FFモデルの最近のパフォーマンスは安心して見てられます^^ 単に相場が良かったからなのか、本当にシステムが優れているのか検証してみる予定です。


posted by ヤス&NANA at 23:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月15日

ダマシのないテクニカル指標!?

相変わらずロケット工学投資法を読んでます^^;

この本を理解するには、工学や数学の専門的知識がある程度必要になってきます。
その専門的知識でちょっとわかりづらいと思われる概念について少しずつ話していこうと思っています。

今日はフィルタについて。
ふつう株価データは、大きなトレンドと小さな雑音(ノイズ)が混ざったものだと考えます。テクニカル分析は株価データからノイズを排除したトレンドの部分だけを抽出することを目的としてるわけですね。
そのノイズ除去装置というものがフィルタです。
当然、フィルタにはいろいろ種類があり、それぞれ長所短所があります。
例えばよくご存知の10日間移動平均というものもフィルタの1種なんです。
移動平均をとると、ガタガタしてる株価データが滑らかになります。これは平均をとることが、ガタガタの部分を無視するという効果を持っているからなんです。一般にそういったガタガタしたものは比較的速い周波数を持っており、トレンドラインは低い周波数を持っています。
(注)周波数=1/周期、 トレンドの周期はノイズに比べて長い

移動平均のように「高い周波数を持つ信号を除去し、低い周波数は通す」−これからフィルタという意味がわかるかと思います−という性質を持つフィルタをローパスフィルタと言います。(逆はハイパスフィルタ)
当然、システムトレードに使えるのはローパスフィルタですね^^

問題は、このフィルタはノイズを除去してくれる代わりに株価より遅れて反応してしまうという点。
単純な移動平均では期間を長くすれば、ノイズもそれだけきれいに除去されますが、遅れも同時に大きくなります。
そこで本では、ノイズをうまく除去しながら遅れもあまり生じさせないフィルタを紹介してるというわけです。
前回紹介した「予測移動平均」も優秀なフィルタの1種と言えます。

カウフマンという人が考えたカウフマンフィルタの例をごらんください。

kama.JPG

青線が株価で、黒線がフィルタをかけた指標です。
矢印で示してあるように、株価が変化しても指標は変化しない部分がありますね。
株価はこの後まるでその指標(黒線)に吸収されるかのように反発しています。

このようにノイズに対する反応が弱い、別の言い方をするとノイズをうまく排除してくれるというのがこのフィルタの特徴です。これが単純移動平均だと、こううまくはいきません。

これを使うメリットは2つ。
1.ノイズに対する反応が弱いため、いわゆる“ダマシ”を減らすことができる。
2.指標はほとんど反応してないのに、株価だけが下落しているような場合、(図の矢印のようなパターン)株価はその後反発することが期待できる。

逆にデメリットは、
1.トレンドモードに入るときの反応が少し遅れる。
という感じでしょうか。反応遅れは許容範囲だと思われます。


ということでちょっと専門的すぎる話でしたが、いかがだったでしょうか?
引かれることも覚悟して書いておりますが(笑)、ちょっとでも「へえ」って思って頂けたら幸いです。

  応援よろしく^^
  → 人気ブログランキング or カブログランキング
posted by ヤス&NANA at 19:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 機械的売買 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月14日

今日のシグナル

FFモデルによるシステム売買の新規シグナルを報告します。

  5941 売り

売値は明日の始値とします。

この株、なんでこんなに騰がったのかよくわかりません^^;
値動き激しいですけど、たぶん利確できるでしょう。
posted by ヤス&NANA at 21:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 機械的売買 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月12日

予測移動平均とは?

自民党圧勝を受けて全面高。
もしかしたらちょっと下げるのかもというのは杞憂でしたね^^;

今日はこないだちょっと紹介したシステムトレードの本について。
一般に、テクニカル分析で使用される指標には、トレンドを的確につかむために平滑化という作業を行うものが多いです。
しかし、以前「テクニカルってどないやねん!?」でお話したように、この平滑化された曲線にはどうしても実際の株価に比べ遅れてしまうという性質がつきまといます。

多くのチャートでよく見かける5日間の移動平均線は、
(1) シンプルさ、(2)遅れの程度、(3)滑らかさ
を総合的に見るとかなり良いものだと思います。

しかしこの本では、それに代わり得る「予測移動平均」という指標の1例が紹介されています。
この指標は、まず7日間の加重移動平均(WMA)というものを取ることから始めます。

WMA1=7日間のWMA=[7×(今日の終値)+6×(1日前の終値)+5×(2日前の終値)+4×(3日前の終値)+3×(4日前の終値)+2×(5日前の終値)+1×(6日前の終値)]÷28

*最後28で割ってるのは、1+2+・・・・+7=28だからです。

さらにこの後、このWMA1のWMAを取ります。

WMA2=WMA1のWMA=[7×(今日のWMA)+6×(1日前のWMA)+5×(2日前のWMA)+4×(3日前のWMA)+3×(4日前のWMA)+2×(5日前のWMA)+1×(6日前のWMA)]÷28

最後に、WMA1を2倍してWMA2を引きます。

予測移動平均=2×WMA1−WMA2

テクニカル分析に興味のある方は、ぜひこの指標を試してみてほしいです。
これくらいの計算であれば、エクセルでも十分できます。
ちなみに理想的な波形(サイン波)に対しての、反応を下に図示しておきます。

 delay.JPG

青線が株価だとすると、この予測移動平均(黒線)は5日移動平均よりも早く反応することがわかりますね^^

ここでは、WMA1を出すとき終値を使いましたが、本では終値の代わりに(高値+安値)÷2を使っています。この指標の使い方などは、自分なりにアレンジしてみてもいいでしょう。

詳しい説明や本に書かれている使い方を知りたいという方にはご購入をお薦めいたします^^;
ロケット工学投資法 ― サイエンスがマーケットを打ち破る ←私の感想は期待以上で◎でした^^

posted by ヤス&NANA at 17:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 機械的売買 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月10日

先週のパフォーマンス

当ブログでは、毎週末に、FFモデルを使ったシステム売買の仮想パフォーマンスを載せております。 
また同時に、12週間前に紹介した「10万円以下で買える財務状態の良好な15銘柄」をずっとホールドし続けた場合の仮想損益も集計しています。

システム売買(テクニカル)とファンダメンタル、どちらが勝つのかという感じでお楽しみください。

毎週損益11.JPG

出だし躓いたFFモデルですが、ここにきて総損益+5%くらいのパフォーマンス、まずまずではないかと・・・。

10万円以下で買える株の方はさすがに伸び悩んでいます。


選挙は自民党有利が伝えられていますね。
国民に、「民営化か否か」、「Yes or No」という単純な選択を求めた小泉さんの作戦勝ちと言えると思います。
外国人もたぶんそういうわかりやすいの好きだと思いますが、本当に週明けの株価は大丈夫なんでしょうね?
金曜日、自民有利が伝えられて株価は上昇しましたが、選挙が終われば「材料出し尽くし」ってことにはならないのか? ここんところの日経平均の上げはすごいと思いますし、そろそろ警戒感も強まる頃でしょう。ただ、もし下げることがあれば、それはそれで絶好の買い場となるわけで、大した問題ではないと感じてます^^


 最近動向が気になる銘柄 → ダイエー(8263) スタジオアリス(2305)


posted by ヤス&NANA at 13:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月08日

信頼の厚いシステム

スカパーのNational Geographicというチャンネルで「世界の巨大建造物」という特集を行っています。

たぶん再放送ですけど、オランダの巨大建造物の回をたまたま見ました。
ご存知のように、オランダは国土の1/4が海抜0m以下にある干拓の国です。
そのため、過去に何度も北海からの高潮の被害に悩まされてきたそうです。

そこでオランダは、北海沿岸になんと全長30kmにも及ぶ巨大な堤防を作ることでその被害を最小限に抑えることに成功します。それが1932年のこと。当時の映像として、北海に延々と土を埋めていく人びとが映し出されていました。
30kmも延々とですよ! すごい執念というか、逆にそれまでどれくらい高潮の被害に苦しめられてきたかを想像するに十分な映像でした^^;

その巨大な堤防は見事完成され、今ではその上を車が通れるようになっているらしいのですが、オランダはそれとは別の新たな問題に取り組みます。
世界最大の港町、ロッテルダムをいかに守るか?

ロッテルダム港を行き来する船舶の数は膨大で、堤防を作ることは経済的自殺行為です。かと言って、高潮対策を何も施さないのもリスクが高すぎると言えます。
この難問を、オランダは自動開閉式の防波堤を作ることで見事に解決します。
その防波堤とは、2枚の扇状のこれまた巨大な建造物で、下図のように普段は船舶の行き来を妨げないよう水路の脇に収納されており、高潮が迫ってきたときだけ自動で閉まるというもの。

 ゥ動防波堤.JPG

しかも内部に水を入れることにより水に浮くしくみになっているらしく、開閉にかかる時間も短いとか。

さて、すごい前置きが長くなってしまいましたが、私が興味深かったのはここからの話です。
この自動開閉防波堤は、人間の判断を通さず完全にコンピューターによって制御されているのです。
つまり、非常事態に人が「閉める」というスイッチを押す必要もないというわけ。

番組では、つい最近この自動開閉システムが試される機会が訪れたと続きます。北海に低気圧が発生し、危険なレベルの高潮がロッテルダムに向かって来たのです。
はたして本当にシステムは正常に機能するのか?
コンピューターは、沖合での波の高さや水温などのデータから港に達する波の高さを予測、港の水路を行く船に警告を出し、防波堤を閉める準備を始めます。

そしていよいよその巨大な扉が閉められるというとき、コンピューターは突然、防波堤を閉めるという決定を解除しました!
何が起こったのか? システムがおかしくなったのか?


・・・実は、その直前、状況が少し変化して到達する波の予測値が下がってしたのでした。
その予測値は、危険とされている基準値より1cm低かったそうなんです^^;

1cm・・・^^; 基準値より低いので危険はないと判断したシステムは扉を閉めることはありません。 これがもし人間であればどうでしょう? もしその役目の人が、近くに家を構える人であれば・・・。
システムにはそのような私情は全く入り込みませんので、逆に融通がきかないということにもなりかねません。
「おいおい、大丈夫かよ?」
と思ってしまいますよね^^;

でもオランダ国民は、この巨大防波堤の開閉をシステム化することへの抵抗は全くないとのこと。
これにもちょっと驚きました。たぶん高潮に対する対策はかなり研究されており、長年の研究に基づいたシステムであることを国民がよく承知しているからなんでしょう。


  いつも当ブログを応援していただきありがとうございます。
  これからもご贔屓いただけますよう^^

  → 人気ブログランキング or カブログランキング


えっ?今日の話、全然株の話ではないじゃないかって?
一応私としては、システムトレードの話をしたつもりなんですが・・・m_ _m
posted by ヤス&NANA at 19:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月06日

リンク集(その3)

最近ちょくちょく足を運ぶサイトです。

バリュー投資で1億円!
比較的最近知ったサイトですが、すでに1万アクセス、100記事の “実績”アリ。投資スタイルは一貫かつシンプルで、初心者の方にもわかりやすいと思いますし、整理の行き届いたコンテンツも魅力の1つです。(相互リンク中)

sup_bearishの株式投機メモ
難しい、難しくて私には内容をほとんど理解できないサイト^^; 最近ここで非常に高度な議論が盛んです。読むと自分がちょっと賢くなったような錯覚を起こします(笑) 詳しくは、8月28日分記事「キャピタルゲインの源泉」、9月1日分記事「齟齬(そご)」をお読みください。

ひまわり証券〜日経先物データ
日経225先物用のトレーディングシステムを作るときのデータ取得に利用しました。過去3年分の日経先物、Topix先物や為替などの4本値データが無料でダウンロードできます。

あと私事で申し訳ないんですけど、ちょっと日経225先物をやってみようかと思って、

ここ→ひまわり証券の日経225と、

ここ→

の2つへ資料請求してみました。手数料や使いやすさなどを比較してみようと思っています。
興味のある方は参考までに^^;

posted by ヤス&NANA at 21:48| Comment(0) | TrackBack(0) | リンク集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月04日

先週のパフォーマンス

当ブログでは、毎週末に、FFモデルを使ったシステム売買の仮想パフォーマンスを載せております。 
また同時に、11週間前に紹介した「10万円以下で買える財務状態の良好な15銘柄」をずっとホールドし続けた場合の仮想損益も集計しています。

システム売買(テクニカル)とファンダメンタル、どちらが勝つのかという感じでお楽しみください。
毎週損益10.JPG

ようやくFFモデルの方も儲けが出てきたという感じです^^
posted by ヤス&NANA at 13:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月02日

初めての株の本(笑)

こっそり買ってた株に結構含み益が出たので、本を買ってみました^^;
ロケット工学投資法
ロケット工学投資法 ― サイエンスがマーケットを打ち破る



システムトレードの本です。
今までほとんど我流でシステムを作ってきたので、少しは先人の意見でも聞いてみようかと・・。

副題の「サイエンスがマーケットを打ち破る」ってすごいですね^^; 読者を挑発しているようにも聞こえます。

何かおもしろいことが書いてあれば、この場で紹介したいと思います。

  応援よろしく^^
  → 人気ブログランキング or カブログランキング

posted by ヤス&NANA at 18:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 株の本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。