Contents

はじめに
・夫の自己紹介1(4月6日)
・夫の自己紹介3(4月10日)
・妻のきっかけ(4月7日)



・夫の自己紹介2(4月8日)
・夫の自己紹介4(4月12日)
・株式投資・解析A(6月25日)
ファンダメンタルズ
★専門用語解説(4月14日)
・機械的ファンダメンタルズ
分析のすすめ(4月17日)

・ヤスのファンダメンタルズ
分析(4月19日)

・銘柄分析1(4月22日)
・銘柄分析2(5月10日)
・銘柄分析3(5月23日)
・銘柄分析4前編(6月13日)
・銘柄分析4後編(6月14日)
・銘柄分析5(6月24日)
・業種別PER(7月1日)
・銘柄分析6(7月20日)
・銘柄分析7前編(8月24日)
・銘柄分析7後編(8月25日)

雑記&プチ情報
・株の本(4月10日)
・バーチャル取引のすすめ(4月23日)
★5万円で買える株(4月26日)
★10万以下で買える株1(5月7日)
・お知らせ(5月9日)
・アクセス解析(5月14日)
・シチズン時計(5月17日)
・ハルウララ(5月22日)
・伸びる会社(5月24日)
・買いたい病(5月25日)
・マースエンジニアリング(5月27日)
★約定初体験(6月2日)
・いい本ねーかな?(6月6日)
★リンク集その1(6月10日)
★10万円以下で買える株2(6月19日)
・株の本選びなら(6月23日)
・しょぼい先物勧誘資料(7月2日)
・リンク集その2(7月5日)
・20万円以下で買える株(7月16日)
・株価と気温(7月27日)
・最新決算情報をお手軽に♪(8月2日)
・郵政民営化否決を受けて(8月8日)
システム売買
・売り買いのタイミングその1(4月27日)
・売り買いのタイミングその2(4月30日)
★売り買いのタイミングその3(5月1日)
・FFモデル適用例(5月3日)
・追加検証スタート(5月5日)
・ゴールデンクロス買いの有効性(5月8日)
・新規シグナル(5月12日)
・ランダム買い(5月15日)
・今日のシグナル(5月18日)
・20日間の最安値(5月20日)
・タートルズ(5月21日)
★テクニカルってどないやねん?(5月28日)
・新トレーディングシステム(5月30日)
・今日のシグナル(5月30日)
・今日のシグナル(5月31日)
★デイトレードシステム再考(6月3日)
・システム構築の難しさ(6月8日)
★テクニカルをどこまで信じる?(6月17日)
・どうする?WNF証券(6月29日)
・FFモデル途中経過(7月18日)
・テクニカル指標〜RSI〜(7月25日)
・RSI続き(7月26日)
・RSIを使って自動売買(7月30日)
・短期トレーディングシステムの実践(8月6日)
・日経225先物用システム(8月10日)
・システムの評価(1)(8月11日)
・システムの評価(2)(8月12日)

時価総額のお話
・理系的視点(7月6日)
・時価総額の法則(7月9日)
・時価総額の法則〜注意点〜(7月11日)
・時価総額の法則〜銀行株編〜(7月13日)
・時価総額の法則〜証券業編〜(7月14日)
・時価総額の法則〜電力株編〜(7月21日)
・時価総額の法則〜最終回〜(8月3日)


★マーク=おすすめ記事となっております♪

画面がうまく表示されない場合は、ウインドウを最大化してご覧くださいm_ _m

2005年08月30日

選挙の争点は?

突然ですが、今回の選挙、あなたは各政党の政策のどこを見て投票しますか?

1000人にアンケートを取ったところ、1位は意外にも郵政民営化ではなく、年金問題だそうです。

「ねんきぃ〜ん!?」

出勤前の朝、テレビで知った私は思わずそう叫んでしまいました^^;

これってどういうことなんでしょう?

私のまわりの20、30代で年金の心配をしている人はあまり見かけません。口に出さないだけという可能性もありますが、それよりもほぼあきらめているという感覚に近い気がします。
また、60代の方にとっては一応自分の取り分は約束されていそうなので、さほど重要視していないのではないかと・・・。

残るは、40、50代です。こういう言い方は失礼かもしれませんが、会社での出世もたいして見込めなくなり、定年が10年くらいに迫ってきたという感じの方にとっては確かに年金の問題は重要なのかもしれません。

あるいは世代間によらず、議員年金のことを不満に思っている人が多いということでしょうか?

後者の理由が大多数を占めるというのなら、まあ心情的にわからないではないですけど、もし前者の理由、つまり自分の年金の心配をしているというのであれば、非常に情けないですね。

まさに負け組の典型的な考え方ですよ。
金持ち父さんシリーズを読んだことのある方ならわかると思いますが、「E」に属する考え方ですね(EはEmployeeの略)。

ノミ(虫)を箱の中で飼っていると、その箱の高さしかジャンプできなくなるという話があります。
会社から給料をもらって、ローンで車を買う、それを返すために働き今度は家を買う。そしてまた働く・・・その繰り返しの生活が染み付いてしまうと、なかなかそこから抜け出すのは難しいんでしょうね。
私自身、頭ではわかっているつもりでも、気付くと「E」的な発想をしてしまうことがあるので気を付けないと・・^^;

あっ、それから最近やたらとテレビとかに出てきて、
「争点は、郵政民営化問題だけではない。」
などとのたまう人も多いですね。

まあ言ってることは間違ってないんですけど、解散当初、郵政一色だった風潮に対する差別化を図ることで自分自身を賢く見せようとしてるだけの人も多いように感じます。

以上雑感でした^^;
posted by ヤス&NANA at 20:19| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月27日

先週のパフォーマンス

当ブログでは、毎週末に、FFモデルを使ったシステム売買の仮想パフォーマンスを載せております。 
また同時に、10週間前に紹介した「10万円以下で買える財務状態の良好な15銘柄」をずっとホールドし続けた場合の仮想損益も集計しています。

システム売買(テクニカル)とファンダメンタル、どちらが勝つのかという感じでお楽しみください。
毎週損益9.JPG


話は違いますが、選挙すげー盛り上がってますねー^^

私の地元で偏差値40を切ることで有名なアホ大学の学生も
「お前、選挙どないする?」
みたいな会話を交わしておりました^^;

いや、それだけ関心が高いということです。

「初めて選挙行くわ。」
ってゆうてる奴もいるし・・・。

特に比較的若い人、少なくとも私のまわりで郵政民営化に反対の人はいないんですよ。
それだけにマスコミの取り上げ方と温度差を感じることが多いですね。


  当ブログにもぜひ1票!
  → 人気ブログランキング or カブログランキング

posted by ヤス&NANA at 18:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月25日

今日のシグナル

FFモデルによるシステム売買の新規シグナルを報告します。

  8263 売り

売値は明日の始値とします。

まだまだこれからと思ってたところですが、コンピューターはあっさり利確するみたいです。

最近FFモデル調子いいような気が・・・
posted by ヤス&NANA at 22:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 機械的売買 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

銘柄分析7後編

前編の続きです。

スタジオアリス(2305)のように、PER、PCFRともパッとしないけどROEは高いという成長株の評価は正直言って難しいですね。
会社の清算価値を機械的に計算してしまう方法で評価する資産バリュー株の方が初心者向きだと思われます。

ただし、今期の成長が、会社が発表している予想を上回りそうかどうか判断するだけであれば、会社が発表している「月次売上高」を調べることである程度目安が付けられます。
       2305月次.JPG

これを見ると、前期に比べ売上がだいたい30%増加していることがわかります。

「おお、いい感じだ。こりゃあ株価もさぞかし右肩上がりなんだろうな・・」
そう思いながらチェックしてみると、

 2305c.JPG

・・ほとんど横ばいです( ̄_ ̄;)
あれっ? なぜ?

過去5年分の中間決算書を見てみましょう。

   23055年分.JPG

まず目が行くのは、ここ5年の上半期分は赤字であるという点です。
株価が伸び悩んでいるのはこれのせい?

しかし、これはこの会社の特質なので問題ナシです。どうやら、七五三の時期(11月)に売上が集中するみたいでして、その時期に大きくリカバーするというのが毎年の恒例となっているようです。

しかしそれにしても、今期の営業利益や純利益の赤字額は、ちょっと大きすぎじゃないんでしょうかね?
今期これまでの売上が30%も増加しているのに、営業赤字は3倍以上になっているという点です。

この赤字額が前年程度であれば、文句なしに「買い」でしょう。
3倍になってる赤字を下半期でプラスに転じさせ、なおかつ会社予想を上回ってくるのかどうかということになれば微妙と答えるしかありません。

推測するヒントとしては、例年、下半期の売上は全体の売上の70%であるということでしょうか。これから今期下半期の予想売上高は、
7,344×(70/30)=17,511百万円
となります。

この売上に対し、どれくらいの営業利益が発生するかを推定するには、前年度の営業利益率(23.2%)を使います。
今期下半期予想営業利益=
(下半期予想売上)×(前期営業利益率)=4,063百万円

となりました。

よって、
通期予想営業利益=
上半期営業利益+下半期予想営業利益=3,193百万円
 
となり、これは四季報に掲載されている数値=3,100百万と同程度ということがわかります。

つまり、事業は概ね予定通りで、上半期の赤字はさほど気にする必要なしと言えるでしょう。

後は、この見積りが株価に反映されているのかどうかということですね^^
もし、赤字が嫌われて株価が伸び悩んでいると見なすのであれば、買っても良いところでしょう。

*上記のような見積りは、「予想数値」に「予想数値」を掛けて出てきたものです。
つまりあまり精度のいいものとは言えないのですが、成長性を予測するという1つの方法として、「ヒントになった」と思われるなら幸いです^^


  応援よろしく^^
  → 人気ブログランキング or カブログランキング
posted by ヤス&NANA at 19:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 銘柄分析 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月24日

銘柄分析7前編

久しぶりの銘柄分析。
今日はスタジオアリス(2305)を取り上げてみます。

子供写真館最大手とのことですが、正直、事業内容を完全には把握できてません^^;

株価
8月24日の終値は2155円。

PER
今期(05年1月〜12月)の1株当りの予想純利益は93.1円ですから、
予想PER=2155÷93.1=23.1
個人的には15倍程度を目安にしているので、ちょっと大きいかもしれません。ただ、業種別PERのサービス業の平均値を基準に考えると十分な値と言えます^^

PCFR
前期の1株当りの営業キャッシュフローは135.1円ですから、
PCFR=2155÷135.1=16.0
まあまあ許せるところでしょう。

と、ここまで見ると、さして強調すべき点は見当たらないのですが、この会社の成長性には注目する価値があると思います。

ROE
前期のROEは17.5%、今期の予想ROEは23.0%と非常に高い値であり、高い成長力を感じさせます^^

株主資本比率
56.0%で、合格ラインには入っています。

有利子負債
85百万円とかなり少なめ。全く問題ないでしょう。

清算価値
前期の流動資産は6,968百万円、負債合計は5,455百万円ですので、
清算価値=流動資産−負債=1,513百万円
となります。

これまで銘柄分析で取り上げてきたいわゆる「資産バリュー」と違い、この値は現在の時価総額(約37,000百万)と比較してもかなり小さいことがわかります。

ここで定義している清算価値が、会社の価値を決定する絶対的な「ものさし」だとするなら、スタジオアリスの価値は現在の価格(時価総額)に比べ、非常に小さいということになってしまいますね。
言い換えると、現在の株価は割高ということになります。

しかし、前述したようにこの会社の目玉はなんと言ってもその成長力です。ここで言ってる清算価値に将来性は全く含まれていないので、スタジオアリスのような企業を評価する場合には不適切でしょう。

それならどうすればいいか?

その話は次回に・・m_ _m


いつも応援ありがとうございます。
お陰様で当ブログのランキング(カブログ)は「新値追い」の様相です^^
ぜひとも皆様のお力で、上場以来最高値(105ポイント)を更新させていただけますよう♪

  →  カブログランキング
posted by ヤス&NANA at 19:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 銘柄分析 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月22日

今日のシグナル

FFモデルによるシステム売買の新規シグナルを報告します。

  7762 買い

買値は明日の始値とします。

こないだ損切りした銘柄をすぐ買い直す、コンピュータらしいですね^^;


これはFFモデルの有効性検証の一環です。決して推奨銘柄ではないのでお間違えのないよう^^


いつも応援ありがとうございます。
お陰様で当ブログのランキング(カブログ)は「新値追い」の様相です^^
ぜひとも皆様のお力で、上場以来最高値(105ポイント)を更新させていただけますよう♪

  →  カブログランキング
posted by ヤス&NANA at 21:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 機械的売買 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月20日

先週のパフォーマンス

当ブログでは、毎週末に、FFモデルを使ったシステム売買の仮想パフォーマンスを載せております。 
また同時に、9間前に紹介した「10万円以下で買える財務状態の良好な15銘柄」をずっとホールドし続けた場合の仮想損益も集計しています。

システム売買(テクニカル)とファンダメンタル、どちらが勝つのかという感じでお楽しみください。

毎週損益8.JPG

FFモデルも少しずつ盛り返してきました。
これからも気長に見守ってください^^


あっ、あと当ブログには100以上の記事がありますが、中にはリンク先のページが表示されないものがあるかもしれません。
そのようなことがないようチェックをしておりますが、記事数が多いため注意の行き届かない場所もあります。

もし、表示できないページなどありましたら、お知らせ頂けると幸いです。

  応援もよろしく^^
  → 人気ブログランキング or カブログランキング
posted by ヤス&NANA at 22:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月18日

今日のシグナル

FFモデルによるシステム売買の新規シグナルを報告します。

  5941 買い

買値は明日の始値とします。

これはFFモデルの有効性検証の一環です。決して推奨銘柄ではないのでお間違えのないよう^^


  よろしければ応援クリックお願いします^^
  → 人気ブログランキング or カブログランキング
posted by ヤス&NANA at 22:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 機械的売買 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

超有名HPが更新停止

株を勉強し始めたころからお世話になってる「J_Coffeeの株式投資」さんHP更新を停止されるのとこと。

正直、これはかなりショックでした。
超有名なこのサイト、足を運んだことのない方もひょっとしたらおられるかもしれませんが、とにかくすごいです!

私が最も影響を受けた点は、その圧倒的な量ですね。質の部分も言うまでもないことですが、5年間も継続して積み上げられた膨大な研究内容には敬服します。

ブログ作りのお手本として、すげー参考にさせてもらってきましたし、また「辞典」として、わからないことがあればここへ行って調べるという利用もさせていただきました^^ HPは保存されるとのことですので、これからも利用させてもらうことでしょう。お疲れ様でした。


さて、盆休みから明けたのを機に、当ブログの現状と今後の予定を整理しときます。

1.休み前に調べていた日経225先物用のトレーディングシステムは、まだ実用段階には至っておりません。また、資金面など問題で妻と交渉中です^^;

2.FFモデルを使ったシステムトレードは、一応継続して検証を重ねていくつもりです。

3.バリュー投資に目を向けると、メインの銘柄分析の更新が進んでおりませんので、この辺にも力を入れていく所存であります。

4.ただ個人的理由により、更新回数が以前より減少するかもしれません。いつも当ブログに足を運んでくださっている方には誠に申し訳ないのですが、それでも週2、3回のペースは守っていきたいと考えておりますので、これからもよろしくお付き合いください。
posted by ヤス&NANA at 18:36| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月17日

今日のシグナル

休んでた時期(15日)にシグナルが出てました^^;
FFモデルによるシステム売買の新規シグナルを報告します。

  7762 売り

売値は939円(16日始値)で、損切りでした。


 当ブログで「解析」してほしいものなどご要望がありましたら、お気軽に♪

 応援もよろしくお願いします^^
 → 人気ブログランキング or カブログランキング
posted by ヤス&NANA at 21:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 機械的売買 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

週刊東洋経済を読む

盆休み、旅行で飛行機を利用した際、その待ち時間と機内での時間を「週刊東洋経済」を読んで過ごしました。 株のことを考えないと言ったけど、「経済」のことを考えるのはクセのようになってきてます^^;

この雑誌、私のお気に入りなんですけど、意外に思われる方もおられるかもしれませんね。

基本的に、チャラチャラした本は嫌いですし、システムトレードの本も値段の割りには得られるものが少ない気がします。
その点、この雑誌は570円という価格に比べて、かなり割安だと思うんですよね^^

買ったのは最新刊ではなく、1週前に発売されたやつです。興味を持った内容を少し紹介しておくと、

1.非人気商品をコツコツ売り上げることによって、人気商品の売上に匹敵するという「ロングテール理論」を実現させたアマゾンやGoogleの事例。

2.株主、経営者、それぞれが自分の主張を繰り返すのではなく、「会社は誰のものか」という問題設定からの脱却(卒業)を説いたコラム。

3.商品先物業者グローバリーに営業停止3ヶ月という制裁を下されたという記事。

特に3の記事では、グローバリーという会社が、いかに顧客を食い物にしてきたかという実態が明らかにされています。低所得者、高齢者、先物のことを知らない弱者を食い物にする体質は、何もグローバリーに限ったことではないという意味合いを文中に含ませておりますが、これには大きく頷くことが私にもあります。

1ヶ月半くらい前でしょうか、我が家にも商品先物の勧誘電話がありました。
以前にも2回に分けて記事にしたので覚えておられる方もいらっしゃるかと思います。
詳細は、「リスクを恐れすぎるのは・・」「しょぼい先物勧誘資料」をお読みください。

この会社の勧誘、はっきり言って違法です!
商取法違反ですぜ! 警戒されるのを恐れているのか「先物」という言葉は出さないし、「元本保証」なんてウソを言うし、もちろん「追い証」などのリスク説明一切なし!

だんだん腹立ってきました^^;

ねえ、●●●フューチャーズさん、グローバリーの次はあなたの番ですよ(o ̄ー ̄o)


話がだいぶ逸れてしまいましたが、「週刊東洋経済」は知識だけでなく、自分の頭で考えるクセを付けさせてくれるいい雑誌だと思います。
旅行や出張などの移動中の時間を有意義なものにしてくれるでしょう^^
posted by ヤス&NANA at 16:50| Comment(0) | TrackBack(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月13日

先週のパフォーマンス

当ブログでは、毎週末に、FFモデルを使ったシステム売買の仮想パフォーマンスを載せております。 
また同時に、8週間前に紹介した「10万円以下で買える財務状態の良好な15銘柄」をずっとホールドし続けた場合の仮想損益も集計しています。

システム売買(テクニカル)とファンダメンタル、どちらが勝つのかという感じでお楽しみください。

毎週損益7.JPG


今日から盆休みに入りました^^
しばらくは、相場のことを忘れてのんびりしたいですね。


posted by ヤス&NANA at 10:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月12日

新システムの評価(2)

これまでのマイブームは、
バリュー投資→システム売買→時価総額の法則→バリュー→時価総額→システム
と推移しています^^;

今日も昨日の続きで、日経225先物用に開発した短期トレーディングシステムを評価したいと思います。

システムが頑健かどうかということは、システムトレードにとって一番重要なことだと思うのですが、過去3年間のデータだけでは、本当にこのシステム(仮名NFS1)が良いと信じるには少し疑問が残ります。

もし、これを使って実際にトレードをするとした場合、私にとって心配な点を下に挙げておきます。

1.過去3年間の総トレード数が55(平均ホールド期間3日)と少ない。
2.相場が下落傾向に転じた場合のパフォーマンスがかなり落ちるのではないか。

他にもあるのですが、とりあえず2の問題について。
この問題は、もっと過去のデータを増やして、相場が悪いときのパフォーマンスを調べればいいのですが、ちょっとそのデータが見当たらなかったので、今回は次のような方法を試してみました。

過去3年間のデータを日にちの新しいものから古い方へ逆に並べる。このデータは、チャートにするとちょうど昨日お見せしたやつと左右反転したものになります(下図)。
   N225FR.JPG

つまり人工的に悪い相場のデータを作り出したというわけですね。
この人工的なデータに対し、NFS1のパフォーマンスはどうなるか?

結果は、28勝7敗 勝率80%、トータル損益3,335,260円という感じでした。
やはり総トレード数が少なくなりますね。これは仕方ないところでしょう。

勝率や損益は期待を上回っており、いい感じだと思います^^
もちろん、これは仮想のデータについてのパフォーマンスであり、意味はないと言えばそれまでなのですが、NFS1の頑健性の高さを少しだけ支持する結果ではないかと思います。


  応援よろしくお願いします^^
  → 人気ブログランキング or カブログランキング
posted by ヤス&NANA at 19:40| Comment(2) | TrackBack(0) | 機械的売買 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月11日

新システムの評価(1)

昨日紹介したシステムの話の続きです。

日経225先物用に開発したトレーディングシステム(一応仮の名前をNFS1としときます)の過去3年間の勝率は83.7%!と驚異的な数字でした。バックテストの詳細はこちらの記事をご覧ください。

「すげー・・・」
と思ったあなた!

だまされてはいけません^^
ここ3年の日経平均の躍進を考えてみてください!
下の図は3年間の日経225先物(←日経平均とほぼ同じ)の値動きです。

 N225F.JPG

これくらい上昇している株価であれば、たとえランダムに売り買いしたとしても利益が出そうだと思いませんか?
もし、常に値上がりしている株をランダムに売り買いしたら、勝率100%になるのが当然ですので、今回のNSF1の83.7%という勝率も、ランダム売買の勝率と比較する必要があるということです。

例えば、NSF1の手仕舞いルール(このシステムでは売りのみ)はそのままで、買いのタイミングをランダムに設定するとどうなるでしょう?

確率1/10で買うとした場合、1000回のシミュレーション結果は、驚くことに平均勝率73.9%に達しました^^;

ただし、トータルの損益はNFS1の10%以下に落ち込んでいますので、NFS1の買いルールは有効であろうと考えられます。

またさらに買いのタイミングをランダムに設定し、買ってから3日後の始値で自動的に売るという手仕舞いルールでシミュレーションするとどうなるか? ちなみに、3日というのはNFS1の平均ホールド期間を基準に設定しました。

これだと、勝率は55%、トータルの損益はNFS1の10%以下でした。

ということで以上をまとめると次のようになります。

1.過去3年間、ほとんどデタラメに日経225先物を売り買いしても勝率55%くらいはいける。

2.統計的に見て、過去3年で勝率60%以下のシステムは、将来的には全く役に立たない可能性が高い

3.NFS1の高勝率は、日経平均の順調な値上がりに助けられている部分が大きいが、それでもその勝率は十分意味のあるもの(統計的に有意)である。

NFS1を使ってシステムトレードを行う場合、今後も日経平均が値上がりし続けるという保証は全くないわけですから、もし日経平均が下がってしまう場合にもきちんと対応できないといけません。

次回は、その辺のところを調べてみたいと思います。


  皆様の応援クリックが何よりの励みです^^
  → 人気ブログランキング or カブログランキング

posted by ヤス&NANA at 17:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 機械的売買 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月10日

日経225先物でシステムトレード

「システムトレード系のブログの多くが、なぜか日経225先物ってやつをやってる・・」

そう思ったのは1ヶ月くらい前でした。
当時、あまり興味がなかったのは、どうせ手数料負けしちゃうんじゃねーの?と勝手に思っていたからなんですね^^;

ところが調べてみると、なんのことはない、10円でも値上がりすればちゃんと利益がでるようになっているではありませんか!

レバレッジ効果ってやつですね^^
10円の値上がりは、1000倍されて1万円と換算されます。
逆に10円下がれば1万円の損。

手数料が1枚につき、だいたい往復で4000円前後ですから、短期トレードのターゲットとしては申し分ないと言えるでしょう。ちなみにデイトレードだと手数料は半額になるようです。

この銘柄であれば、出来高も高いし、寄指を入れて買えない(売れない)という事態も非常に少ないのではないでしょうか?
実はこれが私にとって一番重要な問題なんですよね^^;

今考えているシステムは、寄指でのサインを出すやつなんです(たまに寄成もあるけど)。
だから当然、指値より高く始まれば、買えないし買わなくてよいということになります。
これは問題ナシ。

問題は、例えば指値と同値で始まった場合、実際に買えるか買えないかはその時の状況次第ってことになってきてしまうということです。
これがこのシステムを実際に動かしてみてわかった理論と実践のギャップでした。

もし買いから入るとして、買えない場合はまだいいのですが、買った後、売れない(指値と始値が等しくとも)ということになるとちょっと嫌ですね。

これからお見せするバックテスト(過去データに対するシステムのパフォーマンス)は、あくまで理想的に取引ができたと仮定したときの結果です。
ですから、実際には前述したような問題で約定しないという可能性もわずかながら残されているということに注意してください。

使用したのは過去3年間の日経先物225。
システムは2ヶ月くらい前に作った短期トレード用のやつをちょっといじったもの(所要時間1時間)。これは買いから入ることしか想定していなかったので、今回も買いエントリーのみで毎回1枚ずつ買うこととしました。

有効データ数 685日
総トレード数 55
勝率 87.3%(48勝7敗)
損益 +6,852,100 円 (手数料1890円)

1トレードでの最大利益 506,220 円
1トレードでの最大損失 313,780 円

平均トレード期間 3.07日
最長トレード期間 12日

最大ドローダウン 407,560 円

期間ごとのパフォーマンス
  1〜85日
    8勝2敗 +1,112,200円
  86〜185日
    7勝3敗 +862,200円
  186日〜285日
    7勝1敗 +1,196,760円
  286〜385日
    6勝0敗 +1,057,320円
  386〜485日
    7勝1敗 +839,760円
  486〜585日
    7勝0敗 +963,540円
  586〜685日
    6勝0敗 +847,320円

さて、次回はこのパフォーマンスを統計的に評価してみたいと思っています。


いつも当ブログを応援してくださってありがとうございます。
本記事をもちましてめでたく
100記事を達成いたしました!

ご祝儀代わりに、下のランキングサイトをクリックしていただけたら、励みになります^^

ポチっと押すだけです(所要時間3秒) →人気ブログランキング
   ポチっと押して、「投票」を再度ポチ(所要時間5秒)→カブログランキング
posted by ヤス&NANA at 19:57| Comment(2) | TrackBack(0) | 機械的売買 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月09日

今日のシグナル

FFモデルによるシステム売買の新規シグナルを報告します。

  9648 買い

買値は明日の始値とします。

これはFFモデルの有効性検証の一環です。決して推奨銘柄ではないのでお間違えのないよう^^


新トレーディングシステム準備中!ですので、もうしばらくお待ちください。

また、当ブログで「解析」してほしいものなどご要望がありましたら、お気軽に♪


お陰様で100記事達成まで、あと1となりました!
コツコツ記事書いておりますので、応援クリックお願いします^^

→ 人気ブログランキング or カブログランキング

posted by ヤス&NANA at 21:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 機械的売買 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月08日

郵政民営化否決を受けて

相変わらずの下げが続いていますね。

私の拙い相場観から言うと、たぶんこの下げもそろそろ終焉ではないかと・・。

どうしても心情的に逆張りタイプになってしまう私としては、この時期、すげー落ちてる株に目がいきます。
クリップコーポレーション(4705)なんて、すごいですよ。

昼休みにチラ見したときには、1200円前半の株価で、前日比にして約−10%の急落でした。

たぶん第1四半期の決算内容で純利益が前年比−27.2%と減益になっているのが原因だと思いますが、ちょっと下げすぎのような気がします。
「スポーツ事業、新規地区進出のための先行費用」ということであれば、売上も伸びていることだし、そこまで投げることないのに・・。

「下げているのには、初心者にはわからない他の理由があるのでは?」

とか思うこともよくあるんですけど、たいがい杞憂に終わることの方が多いんですよね。

事実、クリップコーポレーションも大引けにかけてかなり反発しました。
下図は5日間の株価変動です。
  4705c.JPG


ところで最近、日経先物でシステムトレードをやろうかと思案中です。試しに既存の短期トレードシステムをちょっといじって日経先物に適用してみたら、良い感触^^

さらに昨日の時点で、今日の寄付き買いを指示してきました!

「政局問題など時期が時期だけに、いくらなんでもそれはねーだろ。」
なんて思いながら、今日の値動きに注目していたのですが、ご存知のように午後2時「郵政民営化否決」のニュースが流れた直後、なぜか急上昇・・。

 5040469c.JPG

こういう事例、つまり自分の判断よりシステムの指示の方が勝るということがあると、一気にそのシステムを信用する気になってきますね^^;
いくら過去データの成績が良くても、あくまでそれは過去のもので、未来に通用するかどうかということには不安がつきものです。
そういう意味でも今日の“上げ”は、疑り深い私の信用を勝ち取った記念すべき日となりました^^
このシステムのバックテストの結果は、次回に発表したいと思っております。

ところで、今日の日経平均(先物も含めて)、なんで「否決発表」後に上げたんでしょう? てっきり売りが進むと予想してたんですが・・。

後付けではない説明ってあるのでしょうか?

あったら教えてください^^;


いよいよ100記事達成まで、あと2となりました!
コツコツ記事書いておりますので、応援よろしくお願いします^^

→ 人気ブログランキング or カブログランキング


気になる情報

先物取引ゲームでコンテスト開催

    ↑先物バーチャルトレードで豪華商品!!らしいです。
     先物の勉強もしようかな・・^^
posted by ヤス&NANA at 19:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月07日

先週のパフォーマンス

当ブログでは、毎週末に、FFモデルを使ったシステム売買の仮想パフォーマンスを載せております。 
また同時に、6週間前に紹介した「10万円以下で買える財務状態の良好な15銘柄」をずっとホールドし続けた場合の仮想損益も集計しています。

システム売買(テクニカル)とファンダメンタル、どちらが勝つのかという感じでお楽しみください。

毎週損益6.JPG


うーん^^; 下げがきついですね。

現在、FFモデルに代わるシステムを準備中!ですので気長に見守ってください。


   100記事達成まであと3!となりました。


   これからも応援よろしく^^
   ポチっと押すだけです(所要時間3秒) →人気ブログランキング
   ポチっと押して、「投票」を再度ポチ(所要時間5秒)→カブログランキング
posted by ヤス&NANA at 16:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月06日

短期トレーディングシステムの実践

実はこの1週間、短期トレード用のシステムの検証をやっています。

使ったのは、2ヶ月前に作ってほこりをかぶってたやつ

一応、過去データについて勝率68%と、まずまずのパフォーマンスを上げておりましたが、机上の空論になる危険があるということで、実際に取引してみるまでわからないということでした。

そこで、実際に動かしてみたんです。

で、この1週間の結果は3連勝^^

やってみてわかったことは、次の2点。

1.証券会社の売買ルール上、このシステムが使える銘柄はJQ以外に限定される
(他の証券会社についてはよく知らないのですが、私が使っている松井証券ではJQ銘柄に「寄付き指値」が出せないのです。)

2.1日の出来高が少ない銘柄だと、理論的には買える(売れる)はずだが、実際には買えない(売れない)という理論と実践のギャップが生じる。


2の問題は、結構痛いところです。手数料を無料にするため、取引量を最小限に抑えているのですが、それだと金額もたいしたことなくなるし、なにより、そんな小さな取引量でも買えない(売れない)という事態になるということは、もっと取引量を増やすと、「理論と実践のギャップ」がより拡大されることが予想されます。

ということで、3連勝を素直には喜べないのですが、まあ実践を通して多くのことを学べたので良しとしましょう^^

このシステムは不完全であるということは確かですが、このシステムで使われている指標自体にはかなり手応えを感じておりますので、今後はこのシステムをより洗練されたものにしていけたらと思っております。


いよいよ100記事達成まで、あと4となりました!
応援よろしくお願いします^^

→ 人気ブログランキング or カブログランキング

気になる情報

先物取引ゲームでコンテスト開催

    ↑先物バーチャルトレードで豪華商品!!らしいです。
   準優勝の「タヒチ、ペア5泊6日」っていいなあ♪
posted by ヤス&NANA at 20:51| Comment(0) | TrackBack(1) | 機械的売買 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月05日

日経平均

いやー昨日と今日で結構下げましたね。

乗り遅れ気味の私としては、ここらで買い付けておきたいという気持ちもあります。

10万円以下で買える株2で紹介したタナベ経営(9644)なんてどうでしょうか?

第1四半期の決算を昨日発表しており、純利益が前年比−92.1%!となっておりますが、原因は特別損失によるものらしく、営業利益、経常利益ともに微増ということでしたら、さほど問題はないと思います。

ちなみに今日の株価は、−3.9%の下げで、久々の下落という感じでした。この下げが、決算内容を悲観したものか単なる「調整」なのかよくわかりませんが、もっと下がってきてくれるなら喜んで買いたいところです。

ここの株価は、これまでまさに“ダラダラ”上げてきており、なかなか押し目をとれない感じだったですから・・。

しかし気になるのは政局不安です。
映画ゴッドファーザーpartIIIで、

「金融は銃だ。政治はその引き金の引き時を教える。」

というドン・ルケージの言葉を思い出します。

当時は単に、言葉の響きが
「カッコええ・・」
なんて思っていましたが、ちょうど今その言葉を実感しているところです^^;


いよいよ100記事達成まで、あと5となりました!
応援よろしくお願いします^^

→ 人気ブログランキング or カブログランキング


気になったニュース
米大統領、進化論に異議 「別の考えも教えよ」

おいおい^^; 政治的背景はわかるけど、やりすぎでしょ。
posted by ヤス&NANA at 20:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。